気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

ブリキのジョウロと南部鉄瓶


朝の珈琲063.gifがいつもよりもまろやかに感じます。気のせいだけではないように感じます。うれしいです058.gif


南部鉄瓶

私のようなビッタレが003.gif、、手を出す品ではない!と
______我が身を知る私012.gifはそこのトコロはわきまえていたのですが


昔から南部鉄瓶のあの雰囲気が好きで
数年前にシャープなデザイン南部鉄瓶の急須に一目ぼれ016.gif
この分は
(これは内部に加工がしてあって決して錆びない分)だった故に購入していたのですが




でも、、、、、、015.gif015.gif015.gif015.gif



南部鉄瓶
一番の南部鉄瓶らしさはと隣り合わせだからこそのもの。。じゃなかろうか?015.gif

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
ビッタレのくせにいっちょ前に考えてしまって037.gif(考える事は勝手で誰にも止められない。。)


加工されていない素材むき出しの鉄に触れた水がしゅんしゅんと沸く様に憧れて


使い始めるまでも手が掛かり
使い始めても手の掛かる...............そんな道具だからこそ
南部鉄瓶でのお湯が貴重なのではなかろうか?、、と

やっぱり沸かしてなんぼよね。。と思ってしまって。。015.gif

我が家に現在あるシャープな南部急須とは違った
ぼってりした南部鉄瓶が欲しくなって、、
『私の部屋』ショップの10%割引期間を利用して購入しました。


____________________何回かの下準備(沸かしてはほかすを3回繰り返し)の後


今 まろやかな緑茶飲んでいます。やっぱり柔らかいお湯になってると感じます。058.gif






さてさて、、話は全然変わって(でも私の中では繋がって)


あの夏の旅行中
ザクセンスイス国立公園
__麓のショップ私も娘もジョウロを手にとっていて、、



娘・・「これ、、買おうかな?」


「何言ってるの。
 軽いけど場所取るでしょ。今からの旅どうするの。日本にもあるわよ。」


と私言いながら。。。

そうなのそうなの。
こんな分って日本にはないのよね。だから私も見てたんだもの手に取ってたんだもの。



大分前に__

「我が家のジョウロ_年期が入っている分だから これから買いに行きま~す。」

なんでか?わざわざブログに書いた事あります。045.gif


あれからが大変でした。
すぐ買えると思っていたのに!ない。。008.gif



ジョウロあるにはあるのですが、、、、思っていたイメージと程遠い。


一番の理想は ブリキのジョウロ だったのですが

日当たりカンカンのベランダにおきっ放しで傷みも激しいから贅沢は言わない
量販店でのビニール製でもいいなと、、、、

お安く購入したいなとまずはホームセンターへ行ったはいいのですが。。。

..................... 015.gif015.gif015.gifあんな色ってありかしら?

ううう~ん。。
形は悪くないのですがどうしても色が。。妥協できず



............................... それからは結構捜したのですが、、ない!008.gif

もうそうなったらば、、
ここまで捜したのだからブリキの初心に帰ろう。。と


ところが
何の変哲もないブリキでは味気ないと思う人がいるようで
色をつけたり絵が描いてあったり、、.............思ったような分には出逢えず買わず仕舞いでした。


ところが年末
時間割不規則な冬休み、、授業と授業の空き時間
何の気もなく
たま~~に覗いている雑貨のお店で店長さんとの雑談でちょっとジョウロの話をしたら

「あら、、取り寄せしましょうか?」と言ってくださって038.gif

ぶ厚い本の中060.gif(夢のような本でした。素敵なものが詰まっている)060.gifから私の好みズドンの分を選ぶ事ができました。016.gif



ベランダガーデニングに過ぎないので
だから、、不釣合いの大きなブリキのジョウロなのですが___


南部鉄瓶もブリキのジョウロも眺めてうれしいニコニコニコです。043.gif







[PR]
by kimanba | 2015-01-08 23:11 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kimanba.exblog.jp/tb/20682538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by uransuzu at 2015-01-09 13:42
ごめん、「ビッタレ」って何?
「ビビる」から来てたら、臆病者・小心者という意味かしら?
でも、どう考えても、kimanbaさんには、ふさわしくない言葉ですよね。
前後の意味から考えると「怠け者」?

ブリキのジョ―ロ、そういえば最近見なくなりましたね~。
なんでも、安くて丈夫で使いやすいもの(壊れたらすぐ買いかえられるもの)に変わっていく社会風潮です。
でも、生活に根差した道具にこだわる、自分の好きな物を見つけて愛用していく、って生活を豊かにしますよね♪
Commented by kimanba at 2015-01-10 08:31
自分だけ解かって書いていたみたいで指摘して貰ってよかったです。
なるほど。。確かにビッタレってびびるに繋がりますものね
(調べたらそういう意味もあるようです)
私の住む地方では『穢れ(けがれ)ビッタレ』 という言葉があるのですが
私がまるでそれなもので結構気に入っている言葉で
潔癖性なのに片付けない。だらしない。という意味です。
だからビッタレだけでの使い方ならば〈だらしなく汚い〉という意味でしょうね~笑
ただ私は口に入れる物に関しての誰にも負けない潔癖症ですから
uransuzuさん安心して我が家でお茶飲んでください~笑

ホント捜してびっくりないのですよ。子供の頃の記憶___
家にあったのはブリキのジョウロでブリキのバケツで
そして祖母は火鉢でしゅんしゅん沸く鉄瓶で普通にお茶を淹れていて..
あの頃の景色に帰りたくなったのでしょうね。今・・心和んでいます♪
Commented by kinnnikumans at 2015-01-10 21:31
kimanba先生あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします<m(__)m>

わぁ・・・先生南部鉄瓶を!
やっぱりお茶が美味しいのですね(^^)
私も手入れが大変そうだなぁと思い
憧れた事もありましたが、
鉄瓶デビューはまだはやいなぁと思っています。
南部鉄の箸置きとか栓抜きはあるのですが(笑)
先生のおうちは炊き立ての白いご飯も美味しそうですし、
緑茶も美味しかったら最高のお茶漬けもできそうですね\(^o^)/
ジョウロ・・・今は使う事がないので
色々見る機会もなかったですが
色がイマイチなものが多いのですね。
娘さんの言葉に笑ってしまったのですが、
ほんとそうですよね。
どれだけこれだ!と思う物でも
大きいだけでなく形が歪だと、持ち運び大変ですよね(笑)
私もディズニーランドの海賊のところで
大きな鉄砲がどうしても欲しくなって
最初に買ってしまったのですが、その後、何をするにも
長くて固くて邪魔で、あぁしまった・・・と
思った事を思い出しました。
先生南部鉄瓶もジョウロもお気に入りの品物が
おうちに増えてニコニコな日々ですね\(^o^)/
Commented by kimanba at 2015-01-11 07:40
あけましておめでとうございますkinnnikumansさん♪
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そう!いっちょ前に手入れが大変な鉄瓶を。すぐ錆びちゃう鉄瓶をね~笑
でもこれは気のせいだけでなく確かにお湯が違うものになっています。
夫も驚いている位お湯が柔らかくなるってこういう事なのねと
夫も私も互いにあまりの違いに「不思議だ~」と、、。
そう!そう!私も箸置き好きで(集めるのが趣味です)結構たくさん持っているのですが
南部鉄っていいですよね。ありますあります。鍋敷きも1つ持っています。
ご飯大好きですから、漬物も大好き佃煮も大好きですからお茶漬けいいですね~。。
でもしません!したいけどしません!サラサラサラサラどれだけ入って行く事か。。
怖くてできません!~笑

あはは。。さすがkinnnikumansさん!
鉄砲に、、、「負けた~!」クスクスクス
こんな決断しちゃうkinnnikumansさんが。鉄砲が欲しいと思うkinnnikumansさんが。。
私は好きなのですよ~♪ 今年のkinnnikumansさんがまたまた楽しみです。
Commented by kanafr at 2015-01-16 10:20
南部鉄瓶でお茶....
ワォ、私にとって、憧れのスタイルです。
でもネ、なんせフランスですからねぇ。
お湯を飲む時は、やかんにミネラルウオーターを入れて沸かしていますが、それでも硬水だからやはり日本の水を使用したお茶とは味が違うんですよ。紅茶にはいいかもですけどね。
大きなジョウロはないんですが、以前観葉植物用の小さな霧吹きタイプの物を買ったんですけど、石灰が多いでしょ。だからすぐ詰まって使えなくなりました。
南部鉄瓶のお茶...まろやかなお茶でしょうねぇ。羨ましいわぁ。
Commented by kimanba at 2015-01-17 09:56
今思い出しても不思議なのですが
祖母の時代は南部鉄瓶だったかどうか?は分からないのですが
とにかく普通に鉄瓶でお湯を沸かしていたのですよ。
別に錆がどうのという意識もなく普通にお湯入れっ放しで鉄瓶ありました。
現在の私は_ストーブ消した後は必ず水っ気なくして、、と
細心の注意払って少し大変です...by ビッタレ
でもこれホント!またまた不思議な事にやっぱりお湯が違います。
味オンチの夫だって判る位明らかに《やわらかい水》になっています。不思議。
軟水である日本のお水でもこの違いなのですから
硬水のヨーロッパのお水ならばどうなるのだろう~?と
好奇心の強い私はわくわくわくわくしてしまいます。
kanafrさん・・・・・私実験して貰いたくてたまりません。迷惑な人間でスミマセン。
実験するのにいきなり鉄瓶ではダメだった時に勿体無いから
鉄鍋での実験はどうでしょうか?南部鉄鍋ならば5000円でありましたし
(後々使えますよね。鉄鍋)
一人用の吊るし鉄鍋木蓋の分ならば1000円位であるのではないかしら?
水が変わる___もしうまく行けば硬水が美味しい水になると思えて
わくわくわくわく...してしまいます!♪
名前
URL
削除用パスワード