気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

今日からしばしバタバタです


「スリが多い!気をつけて。こわい街でもあります。」


スペイン............................................ 添乗員さんにさんざん注意されてはいましたが


一部そういう方はいらっしゃるのでしょうが、
スペインの人達はとにかくみなさん押しなべて親切だった~の印象だけで帰国できたのも幸せでした。




「ここ素敵~」に出くわしてなかなか先に進まない自転車行。。

その時の目的地はピカソ美術館だったのですがなかなか進めない。。
そして、次には場所がよく判らずになかなか先に進めない。



道を訊きました。


教えてくださった方、
教えた後もちゃんとその通りを進むのか?見ていてくださったようで
角を1つ手前で曲がってしまった私達を追いかけて
自転車の私達を走って追いかけてくださって、正しい道順をもう1度ゆっくり説明。
それでも__また違った方向に行ってしまったらいけないと思われたのか?
今度は自分の車でまた追いかけてきてくださって誘導。。こんな事ってありますか?

_______________もうもう激しく驚きました!!



別の場所でも道を訊いた時も
やはり同じように_私達が正しい道を行くのか?を立ち止まって見ていてくださっていて
角で振り返ると大きく頷いてくださったご夫妻・・・・・わあ。。どの方々も一緒の温かさ




最初に道を訊いたピカソ美術館・・ガイドブックには大きく書いてあるし

そもそも美術館なのだから絶対!判るって思うのが普通ですよね。




。。。。。。。。。。。。でも、、ありゃ判らん!
細い路地を入ったトコロにあるのですもの。。ありゃ判らん。


建物自体はとてつもなくドデカイのですが、路地をくねくね歩いたトコロに突然出現。
だから美術館の前の道は多分幅1メートル位しかなかった筈です。そんな美術館ある?







と _____ ここで 
タッタカターで書きますね旅話。と書いた割りにはまだまだ書きたい事だらけで
何だか長くなってしまいそうな予感なのですがしばしの中断となりそうです。



娘と息子がめずらしくお盆に帰省します。

娘が11日~16日 息子が12日~15日 近場のホテル予約して準備万端です♪





実は去年・・・・・・・5月末頃だったか6月入ってだったか?

リフォームが済んだ(まだ厳密には途中だったのですが外観はまあ誤魔化せるレベル)

そんな我が家に息子が
「へえ~変わったんだ。仕事ずっと忙しくて休めなかったからちょっと帰ろかな~」と帰省


それを聞いた娘が
「私もリフォーム済みの家を見たいな」と時間差で帰省



そして二人ともが口々に
「正月以外の帰省っていいね。
 実はお盆は母さん福岡での供養があるから遠慮していた」
と言うのですもの。


ああ。。そうだったよね。悪かったよね。まとまった休みはお盆に取れるものだもの。
それじゃ来年はお盆のご先祖さまに時期ずらしてごめんなさいするから
(実は数年前にも旅行でずらした事あり)


________________来年のお盆は帰省しなさい。




それで
16日・・・娘が帰る日ですが、バババと塾の授業入れて
17日~20日に遅ればせのお盆九州へのスケジュールを立てたのです。






だから
コメント欄で_湘南の海への魅力的なお誘いを受け~♪

そうだ!そうだ! 子供の頃の懐しい海;;;想い出して是非行きたいと思いました。
あの海でシュノーケリングできたら............考えただけで泣きそうで。



とってもうれしかったのですが
今年の夏は、もう予定が立て込んでしまっていてどうしても行けず、
でも行きたいという気持ちの時の私は何も見えず_もまたあり
来年は是非!となったのです。

...............................................来年の先祖供養も、、どうなるんだろ?



こうやってなし崩しになるのだけは避けなければと思いつつ
海への気持ちが今は満々(みちみち)です。











[PR]
by kimanba | 2017-08-11 05:55 | Comments(11)
Commented by uransuzu at 2017-08-11 08:27
お忙しいときに、バルセロナ旅行記をせがんで、申し訳なかったです。
おかげで、もうすでに半分バルセロナに行ったような気分〜♪
治安に関しては、どこの国でも危険な所や時間はあるので、心して楽しんできますね。
ありがとうございました。
kimanbaさんも、久しぶりのご家族お揃いのお休みをゆっくりとお過ごしください。
Commented by NT at 2017-08-11 12:45 x
 その国の印象って出会った人で決まりますよね。バルセロナは風景良し・食べ物最高の上
kimanbaさんが出会った人達が飛びっきり親切だったんだから、もうそれは超ド級にいう事
なし!ですよね。解ります解りますとも~♪

 ところでスペインのスリは正真正銘のプロ集団です。
随分前ですが私もバルセロナのエル・コルテ・イングレスでワゴン・セール商品を見ている時に
鞄の中身根こぞぎ持って行かれました(苦笑)↑デパートのサービス係の人も慣れたもので
「明日来てみて。彼らにとって必要ない物はゴミ箱に捨てて行くから回収出来る物があるかも」
と。で翌日出向いたらホントに戻った物もいくらかありましたわ。まぁお金は鞄に入れて
なかったんで被害は大したことなかったですが、でも作りたての度入りサングラスは戻って
来なくて悔しかったっす。スグに作り直しに行きましたけどね~事情を話したら値引きして
くれました(笑)
 観光客のリュックから中身を抜き取ろうとする現場を目撃したことも数回ありますし
注意しようとしたら別のカモの方へ行ってしまいましたけど・・・
なので注意するに越したことはないかな。

 そういえばマラガのピカソ・ミュージアムの前の道も狭いなぁ。何回も前を通ってたけど
それがピカソ・ミュージアムと気付いたのは、しばらくしてイベントの垂れ幕が吊るされたから
ですもん。気付いてからも入った事ないバチ当りもんでありますが(笑)

 バチ当りついでに私は先祖供養もしないです。生きてるもん優先!
「命短し~楽しめよ子孫♪」と我が先祖は言うはず。自分にそっくりな性格の先祖が絶対居た
と思うんで、あの世でも子孫の事を見守ったりしないで楽しんでるはずですもん。
バチが当たると言われる度に「バチを当てる様な狭量な人は我が先祖は居りませんのよ~」
と言い返して人間関係を壊してます(苦笑)
Commented by kimanba at 2017-08-11 23:47
☆uransuzuさん
とんでもないです。自分が書きたくて勝手に書いているのですもの。
むしろこれから行かれるってお話で《教えたがり~の》の血が騒ぎ
お蔭でとんとんとんと書いて行けてこちらこそ感謝です♪
それで、ちょうど今娘にuransuzuさんの話をしたところなのですよ。
だってuransuzuさんとお嬢さんとのご旅行があまりに我が家と似ているのですもの。
で!娘_転職にも勿論「わかるなぁ」でしたがそれと共に娘は手袋好きでもあって
「わあそんな凄い方と知り合いなの?」とまあひとしきり盛り上がり
六本木ヒルズだけでなく東かがわ市にも行く勢いで顧客が1人増えそうですよニコニコ
Commented by kimanba at 2017-08-12 00:25
☆NTさん
この道を訊いた時の対応には心底驚きました。しかも2度も。
私も道を訊かれる事ありますが
その人が正しく行かれるかどうかまで見ているなんて事はしていないです。
日本人は(いや私はでした)忙しいを言い訳にしてと我が身を反省です。
スペインの人達は言葉は速いスピードの巻き舌だけれども 
根っこはゆったりのんびりしていらっしゃるように感じました。ゆっくり見ていてくださって

NTさんご自身がスリに遭われたなんて
もう隈なくあれもこれもの経験者だったなんて~とまたまた驚いています。
大変だったでしょうに無責任な言い方してしまいますが
貴重な思い出になって、、NTさんの歴史がより豊かになっていらっしゃる~♪
ツアーでリュックの人達はみなさん前につまり胸にリュックでしたふふ

ご先祖さまに関しては仰る通りです!私の妹ってそういうトコロを調べる事に興味あって
以前同じ事を言っていました。
「先祖は子孫が可愛いのだから子孫の繁栄を願いこそすれ
 バチあたりが なんて決してなさらない。いつも温かく見守ってくださっている。」
Commented by kimanba at 2017-08-12 06:55
NTさんNTさん追加です。
マラガのピカソミュージアムって書かれていて、昨夜はバタバタとコメントお返事書いて
今あらためて気になっていたピカソミュージアム調べて「ああ~ここ」
マラガと書いてあったので解らなかったのですが_これはミハスですか?
ミハスでの自由時間にピカソミュージアムに行ったのですが、小さいトコロでよく似ていて
今ツアー資料見たらミハスからコスタデルソル行って
マラガの空港からバルセロナに行っているのですよ。あら~マラガってある。。
地図に強いです。なんて言いながら地理を調べもせずにで申し訳ない
Commented by NT at 2017-08-13 17:50 x
マラガっていうのは日本でいうとマラガ県という地域で、ピカソ・ミュージアムがあるのは
マラガ県マラガ市みたいな所です。ミハスはマラガ県の中の村(町)の1つにあたるかな。
ミハスには白い家を見に行かれたのかしらん?
白い家でいうとNTのお薦めはFrigiliana(フリヒリアーナ)っすね。スペインでテレビ見てたら
番組でFrigilianaを紹介していて「いいところよ~」と連呼していたので観光に興味ない私に
しては珍しく行ってみた所です。白い家もですけど村全体に敷詰められた石畳がアーティカルで
綺麗ですよ♪ Frigilianaに興味があれば↓ご覧下さいな。
https://www.youtube.com/watch?v=ZGZcip8Nquc
↓ついでにピカソ・ミュージアムのすぐ近くにあるNTの愛するマラガの市場&ボデガです~
https://www.youtube.com/watch?v=LcTn2f8FJdU

それと普通のお肉屋さんで売っているハモン・セラーノのブロック(薄切りじゃなく)は
私の必須持帰り品!です
Commented by kimanba at 2017-08-13 21:35
やはりミハスのあれはNTさん仰るトコロのピカソミュージアムとは違っていたのですね。
小さい美術館とも言えないトコロでしたが、作品も小さい分ばかりが展示されていましたが
だからこそ落ち着いた雰囲気で結構私好きだったのですよ。
我が家のリビングにある絵と同じ構図の分が石に刻まれていて。。わあ好きだなぁと
同じ分がびっくりするようなお安い価格で1コだけ販売されていて思わず購入して持ち帰ったのですよ。
そうです。ミハスは白い家の町でした。NTさんはスペイン隅々まで詳しいですね~,
スペイン行く前にこんな情報あんな情報知って行きたかったなぁと残念でたまりません!
Commented by kanafr at 2017-08-14 08:27
スペインに行った在仏友人や添乗員の友人から、バルセロナでスリに合ったとか、ナイフでカバンを切られたとかいう話はよく聞いていますから、kimanbaさんはすごくラッキーなご旅行だったと思いますよ。
添乗員の方が口うるさく言うのは、添乗員の友人曰くこういう注意はすごく難しいそうです。
実際に私が仕事をしていた時も、接客したお客様から「添乗員は、メトロは危ないと言ったが駅の通路や改札口も危ないと言わなかったからスリに合った。日本に帰ったら訴えてやる」という人もいましたし「危ない、危ないとばかり言うせいで少しも旅を楽しめなかった。日本に帰ったら文句言わなきゃ」という人もいました。
旅の事故は自己責任という観念が全くない日本人が多いんですよ、実際に。
危険と言えば、どこでも危険です。
フランスも、つい最近エッフェル塔でナイフを振り回した男性が逮捕されましたし、パリ郊外のルバロワでは兵隊の群れに車が突っ込みましたしね。パリのテロの脅威は決してなくなっていません。

とにかく、kimanbaさんとお嬢様のスペイン旅行が、ラッキーなご旅行でよかったです。
Commented at 2017-08-14 19:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimanba at 2017-08-15 06:04
☆kanafrさん
お友達の添乗員さんのお話はそうだろうなぁの数々で
言ったら言ったで、言わなかったら言わなかったで
みんな責任転嫁大好きだからホント大変なお仕事だなぁとあらためて感じています。
これまでの旅で、どこの国に行こうとも運が良かったのでしょうねみなさん親切で
だから治安に関して油断はあるだろうなと思いながらも
その国、街を自分の足や目で感じたいという気持ちを持ち続ける事ができました。
言葉もできないくせに、何とかなりそうという気持ちで外に出る_事ができました。
ラッキーだった事に感謝しつつどの国も好きだと思い続けられる事に感謝しつつ
でも、、ホントみなさん親切な方ばかりで
ちょうどスペインご旅行中のスイス人のご夫妻との話も書きたくなっています♪
Commented by kimanba at 2017-08-15 06:23
☆2017-08-14 19:46のコメントさん
お心遣いありがとうございます♪_私もお返事書きたくて書いていますからニコニコ
そうだったのですね。。と 
実は私はこれまでもそうだったのですが旅のお話する時も記憶オンリーで書いて行く
だから、正式な名前とかも地理も調べないまま書いて行く
だからこそ早く書けるというメリットもあるのですが、
横文字カタカタが頭に入らないものでこのピカソミュージアムもガイドブックではなく
私があやしい~笑
ただ今回はめずらしく調べたトコロは調べたのですよ。
チョコレートのお店とか(あんな長い名前覚えていられない)市場の名前とか
市場は市場としか呼んでいなかったからへえぇこんな名前だったのね。
それとか↑のコメントのお返事の時にガサゴソ ツアーの日程表とか
_____より旅を楽しませていただいてありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード