気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

ひょんな事から結婚へ~?


寒くなって来ましたね。


もう早々とお歳暮も済ませてクリスマス準備も。。という奇特な方がいらっしゃる一方
(羨ましい限りです。。。............by 劣等生)



私・・・・・・・・・・


まだ、夏物冬物の入れ替えもしていなくて
毎日、、今日は何着ようか?で大変です。_はよやれや なのですが
これが、、、できない!

もう夏物の上から羽織りもの_にも限界が。。でも、できない!



10月の中頃に さすがにもうしなければ とタンスを覗きながらある感慨が。。



夏物って期間短かくないですか? 短か過ぎはしませんか?

_________あんなに大変な思いしてやったのに

着ていない服だらけで新しく購入した服も着ていなくて
着ないままの新品がもう何年分も溜まっていて。。
それは夏物の靴もそうで。。..........あれこれ考えると入れ替えする気が失せて


そのま~んまです。





冬準備と言えば


お山で暮らす娘の冬準備がより大変で
お山であるがゆえに夏は良かったようで
避暑地のような朝晩のヒンヤリにこの夏エアコンなしで乗り切った娘。
(勿論扇風機も持たない娘)

今度は、そうはいかない厳しい山の冬



これまでの娘の冬は___

     エアコンとあの電気喰いのデロンギ


山の冬は知らない私も

大好きな山岳小説での山での遭難。凍死はもう何度も経験済。


デロンギ?問題外です。
更には、どんな高性能の分であっても
電気みたいなやおい分で山の冬は乗り切れない!と石油ストーブを推す!
石油ストーブの強烈な暖かさと
シュンシュン沸くヤカンでの空気温めとお肌潤い効果を強調。。

消した時の臭いがイヤな娘は躊躇。。

「今度は広いのだから消したらすぐ寝室行けばいいでしょ」


私は何としても暖かく過ごして貰いたいばかりの気持ちだから石油ストーブが一番。
こんなやり取りしていたトコロで

娘がかの地で出来た新しい友人宅に遊びに行って急転直下


「可愛いストーブに一目惚れした。
 ペパーミントグリーンのアラジンストーブ。あれ欲しい」



「そう!アラジンストーブはいいのよ~。うちもアラジンストーブだし」




そう言うと 違うと言う娘。

あのね。うちのはアラジンストーブの反射の分。
部屋を広く使いたいのと給油が楽だからこれにしたの。


とにかく、
インテリア主体の選択にしても暖かくなる事は間違いなくやっとホッとした母

ところが次なる課題が石油。エレベーターなしの5Fまでの運搬
玄関まで運んでくれるトコロはどこにもないらしくて



__________石油運んでくれる男の人を見つけなさい。


何を言ってもダメだった娘がやっと本気で男の人を見つける気になったらしめたもの。


動機なんてどうでもいいさ~。。











[PR]
by kimanba | 2017-11-09 08:17 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kimanba.exblog.jp/tb/237966754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chaco-o at 2017-11-10 08:11
おはようございます😃
娘さまは山暮らしなんですね!
そう、山はちょっとやそっとの暖房器具なんかじゃ、耐えて行けません!
我が家、最低気温−5度などになるので、ジワジワ暖めて行くなんてムリですから、ガスです!一気に暖めます!そこにエアコンも!
娘様のお気に入りのアラジン。
私も子供時代から使用していまして、今もあります。時々出して使うのですが(煮物を作る際)、灯油が切れたら、そこで使用終了です笑
アラジンはインテリアにいいから、人気は不動ですね!さぁ、素敵な男性をゲットして、灯油を運んでもらいましょ!^_^
Commented by kanafr at 2017-11-11 02:57
アラジンは、日本にいた頃、我が家でも大活躍の暖房でした。
フランスに住むようになって一軒家だった時は、電気暖房と暖炉でした。電気暖房は、建築の際、その方が工事が簡単なんだそうです。
今はセントラルヒーティングですし、ストーブの上でお湯がちんちん湧いていたり、コトコト煮物をしたりの風景を見たことがない№2は、冬に一時帰国した時、おばの家で「危ない!危ない!」と大騒ぎでした(苦笑)
kimanbaさんの記事で、夏冬物の入れ替えとあって「ああ日本はこうだった」とあらためて思いました。
夏でも革を着たり長そでのセーターを着たりする時もあり、また冬でも部屋の中が暑い時は、薄手のTシャツなので、入れ替えは、こっちに来てからは、全くしなくなりました。
冬に絶対着ないのは、麻の生地の物位かなあ。
私の友人は、肌さわりが好きとかで、冬でも着ていますけどね。
持っている服の数は少ないんですけど、入れ替えなくても過ごせる、とにかく面倒くさがり屋の私には、ピッタリの国だなあと、つくづく思っています(苦笑)
Commented by kimanba at 2017-11-14 07:39
☆chacoさん
おはようございます♪_はい、遅い返事になってしまったのは
実はそのお山に行っていたのですよ~ニコニコ
アラジンの見学ツアーに妹と行っていました。
そうそうです!ジワジワなんてやわでは無理でしょうね山の冬。
デロンギなんてジワジワの最たるものですよね。そして
chacoさんは年季の入ったアラジニストだったのですね。
私もアラジンではあるのですが反射板の分なもので
娘が解説しながらスイッチ1つで出来る分とは大違いの手間を楽しんでいましたよ。
着火マンでの着火。その後に絞りで炎が青になる過程_
楽しくてたまらないそうで、お山での楽しみが出来て良かった良かった。
灯油運んでくれるトコロを見つけたそうでロマンスはお預けでした~笑
Commented by kimanba at 2017-11-14 07:54
☆kanafrさん
kanafrさんもアラジンだったのですね。やはりの不動の人気ですね。
息子さんのストーブへの反応が可愛らしくて
国による文化の違いへの対応は子供ほど面白いな~を実感ですニコニコ
セントラルヒーティングなんて憧れます♪
家の中がいつでも暖かいって豊かさだなとも思います。
そういう環境が季節ではなくて肌感覚でのファッションに繋がっているような
割合どの分野でも何かに捉われない自由自在なパリの方々..そんな感じです。
入れ替えなしで過ごせる_いいなあとこれも憧れ
どれもこれもが羨ましいパリですわ。
ただ私の場合はまずは断捨離しなければそれでなくても狭い我が家ですから
ルービックキューブにも限界が~!です。ふふ
Commented by NT at 2017-12-27 16:25 x
うちも今年から灯油を配達してもらう事にしたのですが厳寒の土地なのに配達は1階迄しか
してくれない業者ばかりで困ってしまいましたわ。ようやく2階まで灯油タンクのホースを
伸ばしてポリタンクに給油してくれるところを見つけて安堵したところです。
娘さんのお住まいの土地では5階まで配達してくれると↑で読んで、そちらに引っ越ししたく
なりましたよ(笑)
>エアコンとあの電気喰いのデロンギ
ホントに電気の暖房って電気代ばっかり嵩んで役立たず!でも、フッと思ったんですが
電気自動車って低燃費であんなにデッカイ物を安価な電気代だけで動かせるんですよね?
なのに何故、電気の暖房器具では部屋のひとつも満足に暖められないんだろう???
誰か教えて下さいな!!!
Commented by kimanba at 2017-12-30 00:32
娘の住んでいるトコロもまさにそうなのですよ1階までしか配達しない
ネットで調べてもどこもそうで
だからこの時この記事を書く事ができたのですよ。
「もうこうなったらあの重い灯油を運ぶというこの一大事業がひょっとして結婚の道?」
そうなったら灯油運びという悩みの種が喜びの実をつけてくれる事に繋がるかもの淡い期待
ところが諦めつつ注文したお店の方がエレベーターなしの5階まで運んでくださるという
もう信じられないご親切に娘大感激・・だからこれはめずらしい事のようです。
そ!そ!その通りだと思います電気の役立たずぶり
灯油ストーブは消しても部屋の暖かさは持続しますが電気ストーブは
呆気ない程に消したらお終い!キッパリしています。あんなに熱い風を送っていたのに
消したらキッパリのさよなら振り。。空気を温めるのではなく熱風を送るだけだからでしょうか?
私も教えて欲しいです。冷房と違って暖房の時の電気の役立たずぶり。
名前
URL
削除用パスワード