気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 08日 ( 1 )

スペインを自転車で



今月スペインにご旅行なさる方がいらっしゃって


  「わあ、それじゃスペインの旅すぐ書きますね~」とは言ったものの



画像なしの我がブログ どんなお役に立つのやら??
_____________相変わらずの安請け合いお許しください。




画像も文章も
lilyさんのスペイン旅行がスペインの深い部分まで語ってあって一番参考になると思えます。





それで、いつもよりも端折っての旅話をタッタカターです。



一番印象深かったのはバルセロナの街の歩行者や自転車へのやさしさでした。


今回の旅はかなりのハードスケジュール

マドリードから始まって各地を途中飛行機で移動したりしてバルセロナで終了という
スペインの主要な名所旧跡を巡るという日程でした。




だから、
美術館や観光地での短い自由時間はありましたが
大抵ツアーの最後にある1日或いは半日のフリータイムが全然ないツアーでした。




ところが、、、、、、、、、、、私

最後の街のバルセロナで
ホテルにちょうど自転車が3台あるのを発見、


高額ではありましたが
(保証金100€ 1日2台で60€_保証金は返ってくるとは言え
 とにかく初めに渡さなくてはならない。でも旅の最後で手持ちのユーロ残り少なく
 カードもダメ!現金だけと言われ。日本円も却下、ホテルで両替もしていない。
 あんなにお金を探した事は初めてで お金の有難さ再認識。
 幸い娘自身も忘れていた事ながら 旅で必ず持ち歩くあるトコロのポケットに
 緊急事態用にと100€と100$札入れていた分発見..あの時の喜び忘れない)

無事それを借りる事ができたのです。




..............母はこんな時にも
       
        「持っているのを忘れたんじゃ緊急事態用の意味ないよね」悪態忘れない。


借りるまでのすったもんだはありながら、それで自転車乗れる事に。








朝食後ツアー出発前の1時間を海辺沿いの散策や早朝街中リサーチに費やして


集合時間にはちゃんとツアーバス乗り込んでツアーには参加


午後からの半日だけをツアーから離れて
娘と2人バルセロナの街を自転車で自由自在に走る~夢のようでした。



最初に書いた
  バルセロナは歩行者や自転車にやさしいと言うのは

  バルセロナでは車道よりも広く歩行者や自転車の占有レーンが設けてある点です。



普通・・

車道があって両脇に歩行者の道が幅も狭くある。。が日本を始めとする多くの国ですよね。




バルセロナでは街のど真ん中にもかかわらず

歩行者・自転車占有レーンが車道のど真ん中に広く広く取ってあるのですよ


その部分に木も植えて花も咲いていて

ベンチもところどころ置いてあって
すべり台やジャングル道も置いてあったりもして

ほとんどあれは細長い公園でした。
その細長い公園が道路の真ん中を何キロも突っ切っているという事に一番驚きました。

公園形式になっていない道路でも
あんな細い自転車なのに自動車道とほぼ同じ位の幅の自転車専用レーンがあるから
隣を車が走っていても全然危険じゃなくて


だから、、、、
自転車安心してゆうゆうと走行できる仕組みになっていました。




さらに、街のど真ん中のファッション地区でもどこででも

あちこちに
「ごめんなさい。バルセロナ一部盗みを働く輩もいるもので」なのか?


ところどころに
頑丈な手すりのようなものが設置してあって
ここに自転車はチェーンでつないでね______があったのです。



街全体が自転車の街中駐輪を認めている。街が応援?そんな感じでした。


(日本じゃ駐輪を厳しく取り締まっていますが自転車はまさしくエコ
 車の渋滞緩和にも繋がるのに!と思っていましたがバルセロナではそれを実践)





バルセロナって、もう街中あちこちに「わあ」と驚く建造物や銅像あって
街全体が美術館のようなのですもの       この先・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく











[PR]
by kimanba | 2017-08-08 03:35 | Comments(6)