気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タオルがバロメーター



最近のショックは_____体重です。


お久し振りのブログで近況報告続いていましたが
旅話や娘の話が主体で、、

実は私の一番うれしいご報告を忘れていました~。。痩せたのですよ!





でも、、、これ__この 痩せたのですよ!この1か月で過去話になりました。。ううう




痩せた原因は・・・・

多分リフォームをきっかけであちこちを掃除するようになり、それだけでなく
素人リフォーマーであちこちを力仕事で住みやすく努力
こんな
なんやかやが知らず知らずに身体をスリムにして行ったようで

だから夜は疲れてすぐ睡眠。 結果、夜中のあの

     白ご飯恋しや


もなくなって、健康的な生活が送れていた結果なのだろうな。。と今、反省しています。




フィットネスクラブの風呂。 

私のバロメーターはタオルを腰に巻いた時の結び目。です。
腰に巻くのはミストサウナの時で最近は利用していなかったのですが

昨日は朝風呂に行って。。そして、「あれ?、、きつい」


最近徐々にゆるやかなカーブを描いての体重増加はあったものの
何だかすぐ元に戻るように思えていたのですが
この久し振りのミストサウナでの結び目食い込みに、、わあ何とかしないと。。と思いつつ



昨夜は仕事帰りに近所のラーメン屋さんへ



このお店は全国ラーメンランキング1位にも選ばれた有名店でその創業祭が昨夜までだったのです。

これは寄らずにはいられない。。夫と夕食はあそこね。と各々の時間で行く事にして
夫も仕事帰りに寄って、、
時間差での(後で確認。ちょうど入れ違いだったみたいです)おデート。



他人が見たら「あの夫婦、、大丈夫か?」だっただろうな~ふふ



そんな事より、
夜遅かったのにこってりラーメン食べちゃったぜ。。なのにすぐ寝ちゃったぜ。。です.........涙








そして、
タオルのもう1つのバロメーターが__これは私にとってのですが

  
   タオルでの頭の巻き方



みなさん、
髪をシャンプーなさった後はそれぞれ髪をタオルで巻いて浴槽に。。なのですが
その巻き方がホントみなさんそれぞれ違っていて

あのウオッチングがとっても楽しいのですよ~。。

みなさん個性的な巻き方なさっていて同じ巻き方ってほとんどなくて
その方の雰囲気にぴったり合ったそんな巻き方していらっしゃいます。



                 オシャレな方は.................やはり、とっても素敵でね。





















[PR]
# by kimanba | 2017-10-06 07:30 | Trackback | Comments(8)

韓国の旅⑥食



旅での楽しみは・・です。





(25年位前だったと思うのですが)初めて行った韓国
あの時は
家族4人と義母との5人旅で、義母がスポンサーでしたから贅沢旅をさせて貰いました。


釜山のホテルは韓ドラの宮廷のようなそんな外観と内装とで
___異国情緒しっかり味合えて思い出深き旅でした。
特に釜山の街中を散歩した時に、
どの家庭も道から丸見えで

・・・日本の昭和30年代の暮らしがそのま~んまあって
  私が一番懐かしく思う幼稚園から小学校3年生までの暮らしがあって
  懐かしさに胸が締め付けられるような感覚で
  知らず知らず涙ぐんでいた__そんな思い出がありました韓国


私達夫婦はあの時以来の韓国でした。
そんなに長い間行っていなかった韓国にもかかわらず
海外での食の話題が出るといつも、

どこで何を食べても美味しかったのは韓国とイタリア


_____________そう言って来た位、

辛い分が特に好きというわけでもないのに 
口が合うと言うか味との相性が良かったようで
韓国の味・・味に深みがあって
旨いなあ。。味が良いなあ。。とどこででも思えました。



だから今回も
食が楽しみ、食は大いに楽しみでした。わくわく

2日目の朝食なんて 粋な設定になっていたツアー  
ホテルではなくソウル一番の人気店でのソルロンタンへご案内の文字

朝から食事を外でなんて設定はめずらしくその朝食が特に楽しみでした。
ソルロンタンのお店が舞台の韓ドラも観た事あったから「あの店かな?」とか

それに、何より何より
「そうそう!街の食堂でその国の人と混っての食事が一番。。」

昔、家族で行った韓国旅の時も、
釜山では…私達一家
朝一番、ホテルを抜け出してタクシーで海岸にある市場に行きました。
水揚げされたばかりの食材を選んで2Fで調理して貰って食べるという
一度やってみたかったシステムでのそんな憧れの食事体験♪
大好きな蟹・海老食べるつもりでしたが
とにかくびっくりする位の大きさの水カレイ。。あれを見てしまっては、
あれしか選べぬ___そんなド迫力。~やはりやはりの美味。

帰って来てからも(せっかくの朝食券勿体ないと)
ちゃっかりホテルのビュッフェにも行って、
果物等のデザートや珈琲等の飲み物でくつろぎながらツアー集合までを過ごして大満足。


ツアーは
なかなか行けないトコロに連れて行って貰ったり
効率よくいろいろなトコロをいろいろな交通手段で周って貰えて
詳しい説明もやっていただいて、いつも感謝しています。お世話になっています♪
ただやはり
ツアー代金の差ってあるのだなと今回思った点が。。
食事のお肉の質で......今回の旅とあの昔の旅との違いが如実に表れていたなと
焼き肉の時にちょっとびっくり あれっ?ふふ



今回の食・・一番美味しくうれしかったのはツアー最初の夕食でした。 


行く前から韓国の食で絶対食べると決めていたケジャン


      
カンジャンケジャンは___
新鮮な生のコッケ(ワタリガニ)を
タマネギやニンニクなどの野菜を刻みいれた醤油ベースのタレに漬けて
熟成させた"カニの醤油漬け"



ヤンニョムケジャンは__
唐辛子やニンニク、しょうが、砂糖などを混ぜた真っ赤なソースに漬けたもの。



蟹を生で醤油に漬けた分は
トロリンとした蟹みその甘さと蟹の身の生のトロリンとで
何とも言えない美味しさで日本ではなかなか食べられない_さすが韓国の味


何としてでも食べなくちゃ。


力を入れて行かなければ~!だったのに
そう張り切っていたのになんとうれしい事でしょか



最初の夕食
プルコギだったのですが そのお店の何皿かの前菜小皿の中にケジャンが。。。!!


嘘~、、




ケジャン結構高額なのに 

いくらでもどうぞという位置に属する小皿に入って早速のお目見え。。とは
そこに鎮座ましまして..おわせられる。。



夫が___

「君好きだから。。」と.....私に譲っているのをご覧になったのか?お店の御主人




「好きなんだね。いくらでも好きなだけ食べなさい..」



すぐにお代わりの皿に、またまたたくさん盛って持って来てくださって。。


嘘~、、




何度もしつこいけれど、____あれ、、高価なのですよ。

それも食べ終わると「お代わりは?」とまた訊いてくださって



うれしかったけど、そんなに甘えるわけにはいかない。。と


(小さな食堂でした。ギリギリの採算でやっていらっしゃるような印象で
 ツアーの食堂に選ばれたから頑張って今後も指定して貰えるように努力している。
 .......勝手な物語作ってしまいましたが、そんな印象の健気なお店でした)



ご厚意に甘えて
お代わりで持って来て下さった分までは遠慮なくいただきましたが 
もう、、これ以上は甘えるわけにはいかない。





あれならいっくらでも食べられる。。

のですもの。。大好きだから。。 

放っといたらお店を破産させてしまいそうでブレーキ。 
お店のやさしさも嬉しくて、
それが更に美味しくさせてくれて~の美味しさでした。

前回 ふふふのお水売りのおばあさんの話書きましたが
旅では
どこででもとっても良い方々に会えて「みんなやさしい~」と言ってきた通り
ここのご主人が最初に出会った韓国のやさしい人でした。



屋台は楽しくにぎやかで。。もう、街のあちこちにあってあのエネルギーには圧倒されます。








[PR]
# by kimanba | 2017-10-03 05:32 | Trackback | Comments(2)

並びました




昨日の朝 いつものようにPC開いて訪問者の数字を見て

あら。ひょっとしたら面白い数字に出逢えるかも?




8時15分頃

222,222 とってもうれしい数字が並びました。ブログ訪問者数です。




さらに、
これまたちょうど(ちょっと奇跡的)
今日の訪問者も22で、ニコニコニコと並んだ様が楽しくて。。でした。


これ
ちょっと見てないと数字が一気に増えていたりするもので
21からは慎重に!思いがけず大変。並んだ瞬間見られて良かった♪



このブログ2009年の年末ギリギリに書き始めました。
今見直したら
最初の記事は12月26日になっていますが いやいや記憶からは年末も年末だった筈です。


初めて書いた時は、誰も知らない筈なのに3人位の人が来てくれて誰?
どうやってブログの存在が判ったのかが不思議で~。。でした。


初めは
ほんの数人の人に読んでいただいての時期が長くあって

あんな事もこんな事も
いろいろな事があったな__と感無量です。




そして途中_..........って、つい最近までの事ですが

1年3か月
にも渡る長々としたずる休み

これもしてしまいましたのに、
ここまでで、こんなにたくさんの方々に来ていただいて感謝です。

ありがとうございます






このブログ・・・・書き始めはちょうど年末の一番忙しい時でした。


テスト勉強中の人間が
勉強逃れの逃避に部屋の掃除始めたり本を読み出したりする
そんな心理でのブログ書き始めだったに違いない........by 困難からは逃避人間


始めたのが年末に間違いないのは、正月帰省中の娘が傍にいたからです。
年末の一番忙しい時なのに、
ちょっと休憩のそのTeaTime 話しながら何とはなしにPCでブログ開始の手続きしていました。


娘に___「きまんばって名前どうかな?」と書きながら言ってみました。


娘 ___「どんな意味?」



これは、
気ままに書きたいな という気持ちもありましたが
性格そのものが
勝手気ままで、その上山姥みたいな部分もあるからな~と この2つをくっつけた私の造語でした。



気ままな山姥でkimanba__

あら、なかなかいいんじゃない
と自画
自賛




半分迷いながらの手続きではあったのですがこのネームがすっかり気に入ってしまって
それで、後はとんとん拍子。勢いで始めたブログでした。


書き出しました。
どんどん楽しく書いて行けました。楽しかったです。 今後もよろしくお願いいたします。











[PR]
# by kimanba | 2017-10-02 07:31 | Trackback | Comments(5)

取引き下手




いよいよ
あの可愛らしくも精悍なMINI君が我が家の一員になりました。


夫の車慣らしも済み、先日の火曜日に私も車慣らししました。
雨でしたが、むしろマイナス要素の時の方がいいかと。


考えてみたら、
こんな≪車慣らし≫なんて事をしたのは初めて免許を取って初めて自分の車を持った時以来でした。

    

    21歳の思い出です。
    普通は誰か慣れた人に助手席乗って貰って慣れるなのでしょうが
    私は、どうせ一人で運転するしかないのだから最初から一人で慣れていこう。と
    それに車庫入れの感覚なんて納得できるまで何回も練習できるからその方が気が楽かな。と
    最初は不安で堪らなかったのですが、
    怖がっていたらいつまでも慣れないからと車を引き取りに行ったそのまま、
    あちこち、それこそ四方八方、東西南北__夜になるまで乗り続けて
    (わざと狭い露路に入ったりして)車の感覚を掴んだ掴めた......と思います。

 


あの時以来の≪車慣らし≫

それだけ、今回の車には私気合いが入っていました。
車をどんどん積極的に乗るための環境万端整えました。


ただ、今回は夫に隣りに座って貰っての≪車慣らし≫でした。
夫と、、
車に纏わるあれこれを話ながらのドライブでしたが その時
ずっと昔から
それこそ義母の代から我が家の車一切を面倒見て貰っていた人の話になって
車の整備会社をやっている人で、20年近い付き合いでしたが



「私ね。。あの人あんまり好きではなかったのよね。」



結構あれこれ口やかましい私ですが

夫の仕事に関しては
知ったら言いたくなったりもするものでそこはグッと我慢。 
夫なりの自分の裁量ってあるだろうからと一切関知せず。やってきました。


結婚した時は仕事車をそのまま使っていたからトヨタのバンで
結婚後に初めて購入したのが三菱ランサーで
このバンから長生きしてくれた三菱ランサーまでの20年に渡るお付き合いでした。


ランサー購入したお店からは
「新車特典がいろいろあるから整備はうちで」と言われたのに、それを振り切ってのお付き合い。


それを振り切っての価値あるだけの
それだけ良くしてくださったのならば別に私に不満はないのですが

どうも、、、
夫の人の好さ(イヤ人がいいと言うより金銭に無頓着)につけこんで。。の気持ち


前回

  そんな事考えてもいなかったのに
  相手にフト魔を差させる言動ってあると思います。
  眠っていた悪気を呼び覚ましてしまうような、そんなほんのちょっとしたキッカケ



あの場合もこれだったように思えてしまう関係
この気持ちが私は彼に対してはどうしても拭えず__だったのですよ。
車の保険も代理店をしているからと、そこでやって。。高額な保険料を払っていました。

会った時の印象、、これも大きくて

小狡い顔...これをすぐ思ってしまった顔でした。


ランサーの次にワーゲンのポロにしたのは実は私、、外車にしたら彼の手から離れる


...................そういう思惑もあったのです。何とか手を切りたかった。


夫は_おおらかだと思います。それが良さだとも思いますが
あまりに金銭に無頓着で、
そこに人がつけ入ったりするのだろうな。
良い人だから大事に、と思ってくださる方もいらっしゃるけど
仕事上では相手も商売してしまったりね。...夫は舐められる、、、これがね~..





この前ダイハツでムーブを購入した時も
面倒だから他で下取り査定なんかして貰わずダイハツにそのまま引き取って貰ったのですが

車___フィアットのオープンカー
とっても綺麗だったのですよ。外観は新車同然。
しっかり動いて優秀車だと判断されるに違いない車だったのに__夫


「これ!危ない車だから廃車にした方がいいと思います。
 ときどきギアが入り辛い事があって、僕危ないから乗ってなかった。。」
なんてね。


そんな事言うのですもの、、安全基準の高い夫だからの言葉だけど、



ちゃあんと中古車専門店では
売る車はそれこそ徹底的に調べてそういう部分もちゃんと整備して売るに決まっているのに

ホント、良心的な売主。


「それでは廃車費用をサービスします」
でタダでの下取りだったのですよダイハツ。

あれ、ギア換えて高値で取引されたかも~。。なんて今になって思っていたり。




取引に絶対同行したくない人間って、、いますね。





その夫...
昨日から今日にかけての1泊での同窓会です。

近場の観光地にみなが集合しての豪華な同窓会。夫は自分ばかりの贅沢に気が引けたのか
「君も一緒に来てあそこの名物料理を昼食べてはどうかな?」と誘う。

旅館での集合が15:00だそうで、
私の仕事が近い方の教室で16:30からだから「久しぶりに、あれ食べたいな」と行ってきましたよ。


それも、車で。。。夫もびっくりの選択。
帰りは一人でのドライブしてきました。





...........駐車場にも(我が家は一番端)壁ギリギリに!それこそ芸術的に止めて


「わあ。。これ、絶対夫に見せて自慢したい!」と、今日も車でどっかへと思っていたけど

あんな止め方は二度と出来ないと思うから夫に見せるまでは車動かさない~笑














[PR]
# by kimanba | 2017-09-30 09:49 | Trackback | Comments(0)

韓国の旅⑤魔を差させる



旅での出逢い_ありがたい、うれしい事に



どこでもとっても良い方々に会えて「みんなやさしい~」と言ってきましたが

今回の旅では一度だけ「へええ~。。」と思った出来事が。



6月でしたが、
とにかくソウル暑かったのですよ。ほとんど真夏の暑さ




うちの夫は大体がいつも飲み物絶やさない人間で。


夫の右手には
大体が飲み物握られて、ほんのちょっとの時間でも何かを飲んでいます。


例えば、、
一緒に買い物に行ったりした時は言うに及ばず(お茶しながら私を待つ)

一緒にスポーツクラブ行っても、
フロント前のテーブルで私を待つ1、2分のわずかな時間でも自販機で飲み物購入。。

風呂上りで喉が渇いているにしても、風呂場の脱衣所には冷水器もあるし、
2人で行く時は車で行きますから家まで5分なのに

家には飲み物売るほどあるのに。。。(私なんて勿体ないと思ってしまうけど)



大好きなコーラをスポーツクラブ入っているビルの1F自販機で購入して
それを持参して飲んだりもしています。


「さすがに体に良い事をしているトコロにはコーラは置いていないからなあ。。
 僕が飲んでいると
 そんなものを!と、みんなびっくりした顔で見ているよ~。。」
と楽しそう。






そうそう、前置きが長くなりましたが

今回の旅では一度だけ「へええ~。。」と思った出来事が。話です。





南大門市場での事でした。

暑さに弱いうちのコアラパンダはバテバテで
飲み物ばっかりを買って買って。。いつも右手に飲み物左手にタオル


市場を取り巻く外側の歩道上にお水のペットボトルをズラリと並べている路上店発見。
 

     大きく・1000の文字...1000ウォンです。100円位。



面白かったのは お水がグラデーションで並べてあった事でした。
つまり、
少しずつ凍らせ度を違えて並べてあって
飲みたい頃合いの分を選べるようにしてあって。。

氷大好き人間の夫は暑い最中でもあった事からはしゃいで「これ、、いいなあ。。」



もちろん購入するに決まっていて、
もうそのペットボトルを見た時から夫の購入は予想できて
私が¥1000札渡しているのに




夫は何を思ったのか?


「この凍っている方の水は手が掛かっているから¥1000の筈ないですよね。
 ¥1500ですか?」
____と言い出している。


そのおばあさんは、、(多分びっくりなさったと思うが)曖昧に頷いていらっしゃる。





.....................................市場で値切る光景は何度も見ているけど、、、


値上げを要求している光景は初めて ましてや、それがうちの夫



私____ばからしさに呆れつつ

「そんな筈ないでしょ! 値段が違っていたらこっちからは¥1500と表示するでしょ。」


なのに夫

「それはおかしい。。だって、
 ただの水とそれを凍らせるのに手間がかかっている水が同値段なわけないよ。
 そうでしょう?」
____と、そのおばあさんに同意を求める。



おばあさんは・・・今度は大きく頷く。



そんなおばあさんの姿勢がもう私イヤになってしまって

「やっぱり止めますから」

夫が持っている凍った水のペットボトルを取り上げて元に戻して、
おばあさんに渡したお金を返して貰おうとすると



おばあさん

体を横向きにしながらお金を隠しながら

お水を持って行って~!
 というジェスチャー





夫に、、、、、、、、

「あなたの態度はね。悪気を、、呼び覚ますのよね。作り出すのよね。
 そんな事考えてもいなかったのに
 フト....................魔を差させる、魔が差してしまう。。」















[PR]
# by kimanba | 2017-09-28 06:51 | Trackback | Comments(2)