人気ブログランキング |

気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

母への手紙


夫は・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私の生まれながらの能力 という考えに反対の意見を持っています。





今日はその事を書くつもりですが その前に





私が夫に 子供は悲しいほど親が好き よねぇ~という話をした時




夫は・・・・


どこかの自治体が募集した 母親への一番短い手紙 の中の



若い日あなたに死ねと言った あの日の私を殺したい




この手紙が忘れられない~と言いました。








死ね という直接的な言葉は使わなかったにしても、、







親との関係で・・・・・・・・・・・・・・・



心に大きな悔いを残している



鉛を飲み込んだような想い出がある





そんな場合もあるだろうなぁ、、と・・・



案外 心当たりをみんな持っていたりするかもなぁと・・・





ちょっと載せてみました、、、、、
タグ:
by kimanba | 2011-02-17 00:40 | Comments(26)
Commented by shinn-lily at 2011-02-17 08:18
そうですね。
親の思いを少しは理解できるようになったのは、子供をもってからですものね。
それだって
毎日の生活の中での気持のすれ違いに苦しい思いをすることはあります。お互いが思いやってのことなので、突き放せないところがなおさら、苦しい。
ところが親が子供に「死ね」と思うことはありませんよね。
子を思う親の気持、すごいものがありあますね。
これだから、親は強いのでしょうね、特に女親は。
Commented by kimanba at 2011-02-17 08:38
これを書いた人は・・
もうお母さんが亡くなっているように思いました。
どう言い訳をしようとも相手はもういない。
例え生前に親孝行をしたとしても
『昔の言葉が苦しめる』のでしょうか。
、、、ひょいと脈絡もなく浮かんでくる情景・言葉ってありますよね。
親がまだ生きている人は・・・
現在は 多分幸せな部分もあり大変な部分もありでしょうね。
こんな思いもある。。。です。

そう!ホントに子供に対しては!!!そうですよね。(ビックリマーク最大限)
子供を殺された事件が一番苦しいです。
私ならば絶対復讐する!と怒りに震えます。。
Commented by yukinko0908 at 2011-02-17 10:57
生まれながらの~のご夫婦の意見の相違。。。
是非、伺いたいです~^^
私はたぶんkimanbaさん派だと思いますが。。。

親に「死ね」などと口にする子は今は多いですよ><
親だけでなく、友達同士でも軽く言ってるみたいですし怖いです。

昔は世の中が、「死ね」の言葉だけは禁句だったんじゃないでしょうか?
今は昔のうるせーとかババーとか^^;(言わない子は今も昔も言わないのでしょうが。。。)と同じ用語になってます><

私は、親にそういうこと言ったことはないですね。
本当に、今思っても親は楽だったなと。。。
なのに、なんでうちの子はこうなる???です^^;

それと、能力は生まれながら~に続き。。。
性格も生まれながら~の部分が大きいと思ってます。
身内の子が、二卵性の双子なんですが、それを見てると更にその思いを強くします。
同じ環境に生まれ育っても、能力、性格、どちらも全く違うんです@@

確かに、環境でどうにでもなるのだったら、教育熱心な少子化の今の時代、天才ばかり育つことになってしまいますしね。
そうはならないし、やっぱり生まれながら~なんだと思います。

でもでも、ご主人の反対意見も聞いてみたいな♪
Commented by keymyall at 2011-02-17 12:17
mimizuさんの所から伺いました。
内容が、、、、、、ついコメントをしたくなりました。
私は、親からの愛情を感じずに生きてきました。
子供の頃には「いなくてもいい。お前じゃなかったら良かったのに」と言われた事もあり、居場所のない家庭の中で育ったので、色々な思いを持っております。
二人の娘を持っていますが、可愛くてたまらないほどの愛情があるのですが、なんで、母は、私の事を、、、、と悩み問いかける日々です。
いろんな家庭、家族がありますね ^^)
今は、幸せな家族の中で、ぬくぬくと日々暮らしております。
初コメなのに、こんなので、ゴメンナサイ m(__)m
Commented by clearmine at 2011-02-17 15:52
我が家では、私と長男が喧嘩になった際、
この言葉を浴びせられました、ごくごく最近!!
いつか、あの時は言い過ぎた・・・とでも言う大人に
なるかなぁ。
Commented by mimosahappy at 2011-02-17 16:32
特に!ほぼ間違いなく男の子はママが大好き。
それはウチの息子達も、もちろん、パパも(笑)

長男、今はかなりオトナになりましたが、まだまだ血気盛んな(?)中3の頃、私の言ってはいけないひと言にキレて、私、腕をつかんで引きずり倒されました!
「ぎゃ==っ!!パパ助けて==!」・・でもパパも助けてくれません・・(冷たー・・「そりゃママが悪いやろ」と。)
腕にあざ。
翌日たまたま学校の個人懇談で先生にあざを見せて「ゆうべ、こんなことされましたよ~!」と。
そしたら先生が「今日朝来るなり言ってましたわー母さんに手ぇ出してもーた、って。大事な大事な母ちゃんに何しとんねん!て怒っときましたから(笑)」と。。

だいたい、そこまでイカせてしまうのはこちらが悪いから、なことが多いです^^;
今は・・もしかしたら、ウチで一番コドモなのが私、・・という位置づけになってる気がします・・^^;
Commented by mayumi-roma at 2011-02-17 21:35
「死ね」という言葉は、
実は私も高校生の頃に母に言ったことがあります(汗)
悪かったな~

当然、息子も多感な時期に、「死ね」と私に言ったことがありますが、私は、「お前が死ねよ」と返しました(なんという親!)

怖ろしい言葉ではありますが、親子間ではもはや定番となっているものではないかと・・
本気なようで本気で言っているわけではないし。
こんな言葉を言えるのは、ある意味、幸せでないかと・・
すみません。
私、とんでもないこと言ってますね~
決して、この言葉を肯定しているわけではありませんよ~
Commented by ank-nefertiti at 2011-02-17 22:17
うーむ・・・
「死ね」と言ったことも言われたこともないですが・・・
ただ、母にはかなりひどいことをいった記憶が・・・あります>大汗
なんて言ったか・・・
「私はお母さんのようになりたくない」
酷いですよね、ホントに。。。
母って良妻賢母の見本みたいな人だったんですよ。
で、高校生の頃、そんな母を見ているのがとても嫌になりまして・・・
今でもその時の悲しそうな母の顔は覚えています。
いつか謝ろう!って思うけれど、まだ謝っていません。
忘れてはいないだろうなぁ・・・母・・・

「死ね」という言葉は息子が父親に向かって、こっそり言ったことがあります。
ボソッと・・・
私は怒りませんでした。
だって夫のいうことがあまりに理不尽、自分勝手だったからです。
ええ、こういう時、妻は夫に冷たいんですよね。
日ごろ優しい息子がボソッという位に、あなたそれを言ってはいけない!という位理不尽なことを言ったのです。
私は息子に注意もしなかったけれど、1日夫と口をききませんでした。
夫は私の態度が理解できなかったみたいです。
で、私は心の中でつぶやいた「アホ・・・」>苦笑
Commented by mimizu-1001 at 2011-02-17 22:32
mimosahappyさんから、笑えるコメントが続いてますね。
と、短い言葉には短いコメントで応えてみよう。
だって、親が生きてる僕にはまだわかんないもの。
親が死んだ後に、自分の吐いた言葉がどう返ってくるか。
でも、きっと、後悔はしないと思います。
僕は親に対してできる限りのことをしてるもの。
何年か先に、本当にそうだったか?と自問する日は来ると思いますが。
Commented by kimanba at 2011-02-17 22:44
★yukinkoさん
確かに仰る通り、、現在は言葉の重みが違いますね。
そんなに深刻に考えずに済むような
そんな使い方がされているみたいですね。
深く考えずに、、は・・ある意味こわい事ではありますが
深刻に受け取られて
言った本人がびっくりなんて事もあるのでしょうね。
それに、、、yukinkoさんの後ろ↓のコメントを読んだのですが
mayumi-romaさんの対処法に納得しましたわ~笑


そう!環境じゃないもの・・ありますよね。
もう遺伝子に刷り込まれているような
揺るがせない運命的なもの。。
娘は遺伝子の潔さが好きだと言います。
その要素が・・・「ある」か「ない」か
Commented by sogno_sonyo at 2011-02-17 22:51
こ・・今回こそ!出遅れないうちにコメントせねば~ ^^;;
だってぇ もうここはkimanbaフォーラムというか 
皆さんが自分のご意見をきちんとお話されるし
それにお答えするkimanbaさんの文も読み込んでいたら
いっぱいいっぱいになってしまいましたよ ~笑
でもそれだけ皆さんの心にヒットする話題なんですよね。

誰でも親に申し分けないという悔いはあるのでしょうね。
死ね なんて言葉を使わなかったとしても
親の希望通りの行動だけですむはずはありませんもの。
親の理想を裏切ったり 良かれと思ってしてくれた事に反抗したり
記憶の中から消してしまいたい自分はたくさんあります。
でもまたそれを許してくれるのも親なんでしょうね。
Commented by kimanba at 2011-02-17 23:07
★keymyallさん
来ていただいて!ありがとうございます~♪
そして書いていただいた内容に胸がいっぱいになりました。
keymyallさんの過っての想いへの感慨などと
軽々しく言っているのではありません。
いろいろな方が様々な思いを書いてくださった事に対して
先日『こういう風に書いていただいて、、
私に対してだけでなく
ここへ来てくださっているみなさんに対しても
深い信頼がなければできない事ですから
そういう気持ちを持ってくださっている!その事が
とても嬉しくありがたいと思いました』と書いたのですが
その思いがkeymyallさんに対して今日はしみじみ感じました。

無責任なようですが
お母様も苦しかったのかもとも思えるのですよ。
いろいろな面で余裕がないと、、、
ついつい、、気持ちがささくれ立ってしまったりもしますよね。
だから お子さんに愛情が注げる現在のkeymyallさんは
とても幸せな境遇なのだと!そう思えます♪
Commented by kimanba at 2011-02-17 23:21
★clearmineさん
みなさんの証言で「死ね」の言葉は
そんなに大層に考えなくてもよい言葉だと解ってきましたよね。
何だか心も軽くなったような感じです。。
それに clearmineさんトコのお子達は・・・
楽しい子育ての成果で、、みんな明るい。。
そして お母さんに全面的な信頼を持っていると思うのですよ。
つまり、、うちのお母さんは少々の事には傷つかない、、とか
だから甘えて感情をぶつけたりするのでしょうねぇ~。
「私だって人の子よ。」・・・を見せてやりましょうか?

この手紙(言葉)を大書きして、、
トイレの壁にでも張っておいたらどうでしょう?
Commented by kimanba at 2011-02-17 23:31
★mimosahappyさん
↓のコメントでmimizuさんも書いているように
あはは、、もう大笑いですよ。
来てもらった人達を楽しませていただいたようです!
ありがとうございました♪

mimosahappyさんも思ったことをやりながら、、
(しっかり垂れ流しながら、、は私の事ですが)言いながら、、♪
しっかり家族を自分の周りに鈴なりにさせているのですね。
眼に浮かびます、、専制王国~かな?。。
でもそれが一番で ご家族のみなさんも安心しているのでしょうね。
息子さん・・いいとこあるじゃないですか!
先生に話した言い方がとても好きです♪
良き若者で、、正しく育っている!という感じですよね。
これも?これが?家庭の絆の証なのでしょう。。
Commented by kimanba at 2011-02-17 23:49
★mayumi-romaさん
物騒な言葉を入れた今日のテーマ・・
ちょっとどういう方向に行くのかな?の今日のテーマを
いつものmayumi-romaさんらしい
鮮やかな切り口で処理していただいて楽しく読みました!

いろいろな人達にコメントを入れていただく事で
いろいろな視点に気づかせていただくのですが
mayumi-romaさんは
あまり枠を気にしない大胆さでもって
ふふふ、、こんなもんですよ~。。と料理されるでしょ?
でも気づかせない繊細さもあって
それと大胆さとで料理していただいて、、
私は美味しく味合わせてもらっています。。

強い絆があるからこそ!の人間関係ですよね。
言葉は大切だけれども、、言葉だけではない!
Commented by kimanba at 2011-02-18 00:10
★ank-nefertitiさん
うちもそうです。そうでした。。
ank-nefertitiさんのお母様お元気でいらっしゃるのですね。
これが不思議なのですが
もう言い訳も、、リベンジも、、何にもできなくなってから
あれこれ自分のした親不孝ばかりを思い出すのですよ。
私は結構親孝行だったと思いますが
自分がやった親孝行は思い出さない。。

息子さんとご主人とank-nefertitiさんの3人のやりとり
まるで自分もそこに居合わせたように
ほとんど目撃したように鮮やかに描かれています。。。
よく解りましたよ!
母親と息子に流れる互いへの温かい気持ち。。
疎外感ありのご主人だけれども
ベースは『相手への思い入れの強さ』なのですから
(気持ちが強いと酷い言葉を放ったり追い詰めてしまったりしますよね)
底に流れるのはやはり3人の愛情なのでしょうかね♪
>心の中でつぶやいた「アホ・・・」
偉いわぁ~、、私は知らずに(?)お口が動いちゃう~アホ。。
Commented by kimanba at 2011-02-18 00:18
★mimizuさん
大丈夫ですよ。。口は悪いけど、、、
mimizuさんは親孝行です!よくやっていらっしゃいます。。
だから、、あの口が不思議で仕方ないです。
口は信じられないくらい悪くて
お父様にやっていらっしゃる事は
そこまでする?・・というくらいの尽くし方。。不思議だわ。

今回!ステキな方がmimizuさんのところから来てくださいました。
ありがとうございます♪
mimizuさんは奥様やお嬢さんを始め
lilyさんを筆頭に周囲の人達がステキだからなぁ~。。不思議だわ。
Commented by kimanba at 2011-02-18 00:38
★sonyoさん
驚きますよねっ!・・私も驚きつつ
いろいろな意見を書いていただきました。
だから、、、
より厚みがある内容にまで
みなさんが肉付けしてくださったと思っています。

それぞれのテーマを考える上で
そうなのか~と・・面白い見方を教えてもらったり
そうなんだなぁ、、と・・共感して思いを分かち合う。。
そにょさんの言葉の中にも
うんうん頷く言葉がいっぱいです。
>記憶の中から消してしまいたい自分
(これ親子に限らず いろんな関係でたくさんいますそんな自分~泣)
>それを許してくれるのも親なんでしょうね
もうこの言葉にすがって、、
そうそう そうだそうだ!、、
今日の私はうなずきだらけのペコちゃんですよ~♪
Commented by こすもす at 2011-02-18 01:23 x
この手紙は日本一短い母への手紙を公募したときに秀作の項目に
入っている32歳の方の手紙です。
この手紙の公募作品を集めた本を持っているのですが
親への想いに笑わせられたり、泣かされたり・・・。
こんな言葉を言ってしまう子供の根柢には母が好きだからつい
甘えているのだと思ってしまいます。
我が家は娘ですが陰でうるさいなバーカ!なんて言ってる声に
大きな声で何たること!バーカ!と言い返す親ですが
あれmayumiさんと似てるかな
あとで子供におとなげない親!と言われたので
子供げない子供!と言い返しました。
あきれた!と言ったのは娘でした。
怒らなければいけないことはすごく叱りましたが
そのあとはもうねえ。
言葉は矢にもなり憤ることもある母の私ですが
家庭内で飛び交う言葉は一過性で親は子供がその時本当に
言ったきつい本音だとしても親は忘れてます。
子供は可愛いものですね。いつまでも悔いるのですから。

一筆啓上賞より・・・お母さん 雪の降る夜に私を生んでくださって
ありがとう。もうすぐ雪ですね。
Commented by kimanba at 2011-02-18 06:55
そうだったのですね~、、正確な情報をありがとうございました!
実は夫と二人でこの本の話をした時に
「どんな人が書いたのだろう?」と私が言いましたら
「僕は男のような気がする、、」と当の読んだ本人が言います
そしてあろうことか
「読みたかったら、、、買ってきてやるよ・・ちょっと探すの大変だから」
この押しつぶされそうな本のゴミ!の山は
ここ一番で何の役も果たさなかったのですよ~笑
私は女の人のような気がしていました。
みんな心当たりがあるんだなと夫との話で思ったのですよ。
男女の別はこすもすさんが明らかになさらなかったから
想像は謎のまま・・32歳の方でしたか。。。

相変わらずの可愛らしい(失礼な表現ですが)
こすもすさんとお嬢さん♪
個々の出来事で腹が立てば言ってしまう
根っこに揺るがぬ愛情があれば投げる言葉にも無防備ですよね!
そして、、、
私達母親の凄い点は・・子供に反省させたいと思う時もあっても
反面 そんな気持ちで長く苦しませたくない とも思うのですよね~
「何を水くさい~」 因果なものです。

最後の手紙・・こすもすさんらしいです。しみじみ暖かい。。
Commented by こすもす at 2011-02-18 07:53 x
おはようございます。
上記疑問ですが男性の方ですよん♪
Commented by kimanba at 2011-02-18 07:57
そうですか!・・・夫が正しかったか~。。
あなた とか わたし とか、、
こんな書き方をする男の人っていいなぁ~しかも32歳の若さですか。。
ありがとうございました。
私も・・このゴミの山を掘り起こさせて読んでみます!
掘り起こさせます!・・買うなんて勿体無い。。
Commented at 2011-02-18 08:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimanba at 2011-02-18 08:55
ありがとうございます!
語っていただく・・は 
自分にそんな資格があるのか?とは思いながらも
ありがたい事だと思います。

幸いな事に 仕事柄いろいろな人とお話する機会がありますが
いろいろ胸の内を語ってくださる事も多いのですが
外からはわからない・・・
つまり日頃のお付き合いでは
出す方と出さない方とがいらっしゃるから
表面では見えない【いろいろなモノ】を
案外みなさん抱えて生きていらっしゃるのだな~とは思っています。

何の救いにもならないかも知れませんが
「私だけではないのかも~?」も心の隅に置いてもらったら、、
とも考えています。。
案外みんな大変なものをそれぞれに抱えているのですよ。

Commented by uransuzu at 2011-02-18 15:22
こんにちは~
皆さまのコメント&kimanbaさまの誠実なお返事を読んでおりましたら・・・なかなか入れなくなりました・・・
(私・・・長縄飛び・・・苦手でしたから・・・あ・無関係?)
私も・・・いまだに忘れられない・・・悲しい言葉を子どもから投げかけられたこと・・・あります。
そして・・・多分・・・私もあった・・・と思います。
私の愉快な友人が・・・反抗期の息子さんに言ったことばです・・・
「あなたが、反抗期なら・・・お母さんは、更年期よ。あなたが、グレてやるというのなら・・・お母さんは、ボケてやるわ。」
ははははは・・・可笑しいでしょ。
Commented by kimanba at 2011-02-19 00:04
uransuzuさ~ん、、お入んなさ~い♪
解りますよ!
一瞬躊躇すると、、次はタイミングがなかなか合わなくてねっ
無理はしないで~ uransuzuさん
私もそんなときあるし 多分ここに来てもらっている方たちも
結構繊細な方々だから、、(類は類~?笑)
シャイな気持ちの在り様は
日々顔を出したり出さなかったりの時またぎ
でも確かにみなさんのコメントは
こんなところまで書いてもらって~と深くて濃い内容でした。
私も・・みなさんに申し訳ないから
内輪話・・・書こうかしら、、と思っています。。

はははは、、可笑しいというより
韻を踏んだ反復表現というのかしら?対句というのかしら?
見事な言葉遊びの能力に、、拍手拍手!ですよ~♪
愉快で才能あふれるお友達ですね。
何だか、、 uransuzuさんが言いそうな。。。
名前
URL
削除用パスワード