気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

世の移り変わり。。



日曜日の午後_TVの旅番組は京都でした。


昔からの仲良し阿川佐和子さんと壇ふみさんとの楽しい2人旅_

                 私も京都また行く時の参考にしようとわくわくわく。





瓢亭__出て来ました。有名なお店ですもの当然です。感じの良い女将さんでした♪



それを観ながら夫・・能天気に


「あれ~?、、そう言えば瓢亭って長く行っていないな。。」039.gif




そう!.....もうちょうど20年行っていません。









私は、、、20年も昔のその日の事を思い出していました。



・・・・・・・1994年5月4日朝 京都の『瓢亭』

        

       私の手帖は・・簡単日記代わり。いつでもアリバイ証明ができます037.gif
      





その日

『瓢亭』名物朝粥 を食べていた私達一家の隣に
案内されてやって来たのが鳩山由紀夫さん一家3人。。でした。




人数にもよるでしょうが、、、


『瓢亭』
の朝食は_
襖開け放した2部屋位のぶち抜き部屋で3家族くらいでの食事になります。。が



その時も、、、、その部屋

私達一家4人の他には
当時NHKBS放送に時々出演していた経済学者の一家2~4人何人かの記憶は曖昧)



_____ 060.gif残り1つの区画に鳩山一家が座られました060.gif




そしてその後は 当たり前の朝食風景になる筈でした。。。

         

        私、、平然と食事を続けていましたが
        内心は〈鳩山一家と食事なんてラッキー!ウレシイ~♪〉だったのですよ。。058.gif

     


しばら~くの時間が経ちました~、、、仲居さんが来ました。。。。



「・・・・・奥にお部屋、、用意でけましたよって。。。。

 すんまへんどしたなぁ こないなとこで。。








瓢亭の仲居さんは威厳があって、、
客に対してもピシリと物を言うようなそんな雰囲気がありました。




仕事に誇りを持っている
・・そんな感じで、、

私.........................結構そんな人好きなのですよ。。016.gif



彼女が見せた違う顔にちょっとショック~


そして..やはり 

明らかに存在するんだよなぁ~の残念な気持ちが
幸夫人の真っ赤な服と共に針でつついた痕みたいに残りました。


こんな出来事も もしこれが豪華な料亭だったら、、許せたかも..です。


瓢亭は・・
鄙びた雰囲気で、、奥深き品があって、、



だからこそ、、世俗にまみれたような こんな事はしないなんて
私が勝手に幻想を抱いていたのですよね。。だから残念でした。。





その後

掲げるスローガンが友愛!鳩山由紀夫首相が誕生しました。




TVの番組がさかんにご夫妻を持ち上げました。。

鳩山夫妻がいかに庶民的で友好的であるか~でした



田園調布
住まいだけど、、、、、

   お気に入りは・・焼き鳥屋さんだから=庶民的ですよ~

   そこに来るお客さんとも
   すぐ仲良くなって、、気取らない ざっくばらん とても良い人 etc


  笑顔 笑顔 笑顔 笑顔で
   
   鳩山家は家柄良いけど、、、
   私達夫婦は特別ではありません~よ
   こ~んなに気さくなんですよ~特別視しないでねぇ感タップリでした。






20年前の鳩山一家は・・当たり前のように移って行かれました。003.gif

首相になられた頃ならば
陽気に喋って・・そこにいた私達みんなと仲良くなさったのでしょうね037.gif





残された私達2家族は・・015.gif015.gif015.gif015.gif こないなとこで食事を続けました。。037.gif


                

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・それ以来 瓢亭には行っていません003.gif










[PR]
by kimanba | 2014-07-22 09:00 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kimanba.exblog.jp/tb/20022147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by whitelacenonyo at 2014-07-22 09:50
で,こちらで。
私はマスコミ報道とこういった、料理屋やレストランの情報は参考にはしますが
信用はしません。(キッパリ)

客を差別するなんて一流とは言えませんね。
一流の店とは働く人にもちゃんと教育をする。
一流と思われている鳩山家も、
部屋を喜んで変わるなんて、、、ちょうどいいチャンスじゃないですか、
一般の人と話しを交わしながら、食事が出来るチャンスですのに。
Commented by chaco-o at 2014-07-22 10:19
あー・・・それって、すごく残念ですよねぇ。
鳩山一家が有名人一家で、そのお店にとり常連客であっても、
他のお客様の前で、それを表してしまったことはお店の最大のミスですね。他のお客さんにわからによう、それとなく、っていうのがプロでしょう。
鳩山さん、首相になられて色々知ったわけですけれども・・・・
私は、どうも理解できません。
奥様を奥様になさった経緯も、首相になっての発言も、奥様の宇宙人発言も、何もかも。
私など下々には理解できない世界なのでしょうかねぇ??
子ども手当(鳩山さんのお母様からの)には、吹きました(苦笑)
Commented by kimanba at 2014-07-23 08:16
★whitelacenonyoさん
こちらにもコメントありがとうございました~♪
さすがwhitelacenonyoさんです。冷静に判断なさいます。。
私も事件や事故とかでのマスコミ報道はそのまま受け取ったりはしません。
煽った報道が多いですもの自分が感じた事考えた事でろ過していると思います。
ただ、、レストラン情報となると喰いしん坊なものですから何でも信用~笑
TVや雑誌で美味しいトコロと紹介されて琴線(?)に触れた分は
『赤い手帖』に書き記して「いつか行こ~♪」です。
whitelacenonyoさんの行かれた銀座のあのお店もしっかり!カキカキ
(入れて貰えるかは、、心配ですが~笑)

そうなのですよ。whitelacenonyoさんが書かれた通りです!
あの仲居さんには同じ部屋にいた私達は見えていなかったのでしょうね。
だからあんな言葉が出たのでしょうね。
それに、、誰であれ_権力にひざまずく姿って見たくない。です。
Commented by kimanba at 2014-07-23 08:32
★chacoさん
私なんて毎日が「こないなとこ」生活で「こないなとこ」で楽しく暮らしています~笑
ただ、、それでも
日頃のそんないつもの日常生活の中に「たまには贅沢しましょう」のメリハリ
ハレとケでしょうか?
そんな私達一家のささやかな『ハレ』を「こないなとこ」と片付けられました。
そしてそれを言ったのが肝心要のお店の人なのですものね。残念でした。
キリッとした素敵な仲居さんだったから特に残念でした。
ホントchacoさん仰るように〈それとなく〉だったのならばまた違ったでしょうね。
「ま 仕方ないか」だったでしょうね。

友愛を掲げた鳩山夫妻の焼き鳥屋さんでの映像を観ながら
あの瓢亭でのアレが彼等の飾らない本質なのだろうなと思っていました。
あはは、、chacoさんうまい!子ども手当て♪
Commented by kanafr at 2014-07-26 07:32
きっとその仲居さんにとって、自分の働いている瓢亭に誇りを持っていらっしゃるんだと思います。だからkimanabaさんが、最初にその仲居さんに感じられた雰囲気は、間違いではなく、そういう方じゃないかしら?
多分その仲居さんは、“僕達がなぜこんなところでみんなと一緒に食事をしなきゃいけないんだ!”とおっしゃったご夫婦に対して精一杯の皮肉で「すんませんどしたなあ、こないなところで...」っておっしゃったんだって思いますよ。
別室とその部屋だけしかないそんな小さい料亭ではないんですから、あえてそこに通し、そういう言葉をそこに座っている皆さんに聞こえるように言って“こんな我がままに言う政治家ご夫妻さんですよ”と知らしめたんだって思うんですよ。
京都の人って、そんな皮肉に気づかどうかで、その方の人間としての幅を見るとこありますし、ガツンというよりジワ~とした皮肉が上手ですもの。
鳩山さんは、そんな特別扱いを当然と思ったんでしょうけど、きっと陰で笑われていたって思いますね。
Commented by kimanba at 2014-07-27 07:45
kanafrさん..目からウロコという表現
私もしょっちゅう使っていますが、、
『目からウロコ』ってホントはこんな時に使うのだったのねと目からウロコでした。
↑禅問答のような書き方をしてしまいましたが
イヤ~。。。。。驚きました。20年間思い込んでいた事を初期設定に戻しました。
そうだったのか。。
京都という土地柄を忘れていました。そうに違いありません!
あの仲居さんはこういう形で特別待遇を告発(?)したのかも知れませんね。
そういう悪しき習慣への抵抗だったのだと考えると一枚も二枚も上の方でした。
私はそれに反して・・単純に「まあ!」と考えてしまったのは
私の中に瓢亭で食事するという事に憶した気持ちがあったのでしょうね。
いずれにしても20年間思い込んでいた事への新たな解釈に感謝です。

こんな面がkanafrさんの凄いトコロだな~と..またあらためて楽しくなっています♪
名前
URL
削除用パスワード