気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

混同してしまう私の脳




よく調べないまま動き出す_をしてしまい勝ちです と書きましたが



今回の東欧の旅は全部娘にお任せで

仕事のスケジュールがありますから 
いつからいつまでか?だけに注意していただけでした。045.gif





だから 

どういう旅のスケジュールか? も何も知らないまま


私が行きたかった東欧を5カ国も周るツアーとだけの知識でした。

_________「5カ国なんて凄いなぁ~♪わくわく。」016.gif





旅行前..夫との会話で


「5カ国って。。じゃあアウシュビッツにも行くのかな?」




「そりゃ~ポーランドも行くんだから当然入っているでしょ。 何だか世界遺産だらけの旅みたいよ。。」




「いいな~。。僕も見てみたいな」




「じゃあ、、行く?。。今ならまだ大丈夫だと思うよ。
 部屋いらないのだから
 航空チケットだけの問題だから一人位増えても大丈夫だと思うよ」


            
     _____________なんて呑気に会話していました。




無責任なもので 私にとっての東欧と言ったら 


・・・・・私の感覚では一番にポーランドが浮かぶのですもの。。003.gif





ところが実際の今回の旅行は


フランクフルト乗り継ぎでベルリンから始まったツアーは

ドイツ・チェコ・スロバキア・オーストリア・ハンガリー の5カ国だったのです。




古い時代に学んだ私の知識は


チェコスロバキア であって チェコスロバキアと2つの国にはどうしても分けられず

....................... 自分が習った地理がしっかり!頭に貼り付いているもので037.gif




ドイツから始まる事だけは知っていましたから、、ウィーンとプラハが入っている事は知っていましたから




勝手に5カ国____________

ドイツ・ポーランド・チェコスロバキア・オーストリア・ハンガリー 、、になっていました。恥ずかしい。。




     ちゃっかりポーランドが入っていました。003.gif


(だからバルト海に面した国に行きます!と堂々と言ってたこのいい加減さ恥ずかしさ。。
 辛うじてドイツが面している、、ちゃ面していますが。。のバルト海。037.gif






旅行中何度も娘に

「え~と。。5カ国ってどこ?だっけ」015.gif015.gif




娘は_______

「はいはいおばあさん。ここ・そこ・あそこ ですよ。」037.gif



  。。。。。。。。。。。。。。。。。なかなか頭に入らない。。。







世界遺産
がたくさんでした。


中世の面影がそのまま残っている場所へタイムトラベル


景観が素晴らしく素朴なヨーロッパに触れる旅でした。




スイスドイツ南部の景色の一部にもとてもよく似ていて
ヨーロッパは地続きなのだなを実感する旅でもありました。


正直チェコ・スロバキア・ハンガリーの景色は私の記憶の中では混同してしまう事もしばしば、、でした。012.gif





眼下にエルベ川が広がり。。



ゲーテ「ヨーロッパのバルコニー」と讃えた景色広がる

              ............................................ ドレスデン




君主の行列
約2万5000枚、102mのマイセン磁器のタイルを使い全君主を描いた壁画(?門?)が
陽に晒されたまま自由に見られる事に驚きつつ

町全体がそのまま博物館。。







チェスキークルムロフ

山の中(?)に突然現われる町ー山を登って行った先に突然眼下に広がる中世の町


ひっそりと存在する集落で、、
まるで陸(山中)のモンサンミシェルのような感覚になる町でした。

私の中ではブラチスラバがよく似た町だと思え


あちらもこちらもどちらも全部お伽の国を旅行したようなそんな旅でした。





スロバキアの首都なのに
ブラチスラバなんて・・かと思ったくらいの小さな町で


     都会的な場所もあったのでしょうが
     私が見たブラチスラバは長閑な中世そのままの町でした。
          
     中心のフラヴネー広場を囲むように大使館(お伽の国のような建物)が仲良く並んでいて
     どの国もこんな感じだったら戦争は起きないな と思えるのどかさでした。





そうそう山にも行きました。058.gif

ザクセンスイス国立公園
__切り立った崖。。風化して出来た岩の芸術。

そんな山々を田園風景と共に地平線まで見渡せる。。不思議な光景でした。





赤茶の屋根が青空に映えるプラハ__プラハは街自体がバロックアールデコ



一番印象に残っているのは 
「聖ヴィート大聖堂」(プラハ城内)



遠くの建物の間からそびえ立つ巨大な突端部分が突然現われ

____________あれは、、何だ?!005.gif




...................................圧倒的な迫力でした。度肝を抜かれる大きさ!だったな058.gif










[PR]
by kimanba | 2014-08-23 08:29 | お出掛け | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kimanba.exblog.jp/tb/20128266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chaco-o at 2014-08-23 11:02
チェコスロバキア、むか~し「こんな長い国の名前が言えるんだよ!」と自慢げにしてたことがありました~(苦笑)
確か、連邦解消法に基づきチェコ共和国とスロバキア共和国に分離されたんでしたよねぇ。
国名がまんま二つに分かれるって、妙な気がしたもんです(苦笑)

Commented by kimanba at 2014-08-23 13:27
そう!私も小学校高学年の頃は地球儀に興味を持って
友達同士や家族で『各国の首都を言う』やっていました。
ポーランドはワイシャツでワルシャワや
ハンガリーは豚とペストでブタペスト_と覚えていました。
(だから私長い間ブダペストじゃなくブタペストと呼んでいましたクスクス)
チェコスロバキアはこの長さが良かったですよね。
この長い響きに国家の威厳を感じたものでした~.....遠い目
Commented by shinn-lily at 2014-08-24 14:24
通関して飛行機の席に座ると、やっと旅モードになりますね。
それまでは、気持ちはわさわさ、
だから旅はいいのですよね。
どこも、ああ、あそこと懐かしく読みました、ポーランド以外は^^
Commented by kimanba at 2014-08-25 06:46
そうなのですよね。旅行前はお休みする前のあれこれで大変。。
わわわわでやっと辿り着くという感じです。
ガイドブックで下調べして行こうと思っていても
今回も結局大阪の街で前日購入しただけでした
(しかも大阪を遊ぶのに忙しく結局読めず~笑)
lilyさんの東欧ブログは前もってまたちゃんと読んで
「そうか、、こんなトコロへ行くのだな♪」だったのですが
行く前に読んだのと帰ってから読んだのとは全然違いますね。
「ああ~ここ!ここ」経験するってこういう事なのだなとしみじみ。
あはは、、ポーランド。
Commented by kanafr at 2014-08-29 08:26
今でこそそれぞれの国に分かれているヨーロッパも、かつてはA国だったのがB国になり、C国にもなるなんていう混沌としていましたものね。同じ様な建物があっちこっちにあると、戦争の旅にそういう文化が違う文化に融合して言ったんだなあと、妙に感心してしまいます。
そうそう私もチェコスロバキアという1つの国という概念から抜け出ていません。
こんなにたくさんの国に行かれたんですね。スースケースも新しくなったし、弾みがついて、これからはドンドン旅行されるのでは?
Commented by kimanba at 2014-08-30 02:16
《残す》ってとても偉大な事なのだと
______ヨーロッパを旅する度に思います。
近代的なビルではなく中世の建物をそのまま利用しての住まいや店舗
長い歴史に支えられ
kanafrさんが仰るように文化が融合して行った歴史をそのまま刻んだ町々
後世に伝える伝えられるものを維持して行くその精神が素晴らしいなと思います。
もっともっといろいろな国を見てみたいな、、と欲が出てきますね。
列車ですぐに外国なんて、、ましてやそれがヨーロッパの国々なんて
kanafrさんの環境が羨ましいです♪
名前
URL
削除用パスワード