気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

韓国の旅② ソウルで曲芸?


自転車入れたスーツケースですが、(自転車重量は7.8㎏です)
エレベーターなしの娘宅とは違い、しっかりエレベーターの恩恵こうむって自宅出発問題なし。
タクシーでもリムジンバスでも運転手さんが積み込んでくださったからこれまた問題なし。
ただただコロコロ転がして行くだけでしたから
全然重くもなく、飛行機の重量制限もなんなくクリアして快調に無事仁川空港へ。





そしてソウルでは__________


自転車持って行く事に反対した夫が一番自転車恩恵にあずかって



あんな小さな自転車って韓国ではめずらしかったみたいで

ナンパ体質の夫なれど、こっちから声掛けなくても

どこへ行っても誰からもあちこちから声掛けられてだったのでした。


(夫が自転車に乗っている様はまるでサーカスの熊さん自転車ショーそのもの)

それもあってか
もう、あっちでもこっちでも声掛けられて
声は掛けない人も、とにかくみなさん興味津々
(夫の後ろを歩きながらそれを見るのが私も楽しくて)

みんながめずらしそうに見てくれて大注目されて、、夫・・・とっても嬉しそうでご満悦。

そして声を掛けるみなさん、結構みなさん同じ事を言いました。

まずは褒めてくださるのですが、
その後必ず、
こんな自転車はどこで買いましたか? の質問ともう1つ

ケンミンショーで放送された大阪人の特徴とかの「値段を訊く」
これって普通ならば結構引いてしまう質問なのですが、
ケンミンショーのインタビューに答えていらっしゃる大阪の方々
決して見てても嫌味ではないのですよね。むしろすがすがしい。
あはは、と笑いながらの大したこっちゃないという感じの訊き方。
家の値段とか給料とか、内輪の話なれど_知りたいから訊いてるのよの無邪気さ。
そういう事にこだわる事自体が恥かしいみたいな親しみの表われみたいな..不思議な世界



これがソウルでも同じようにあって、いくらだったか?を訊く方が結構多く
夫と「大阪みたいだね」

なるほど~
どこで何を食べても美味しくて、お値段も安くて、人情もあって、、わあ大阪とソウル似ている。。




宿泊したホテルは明洞と東大門市場の間にある便利なトコロでしたから
明洞のあの一番の繁華街まで自転車で15分もかからず行けたと思います。
明洞とは地下鉄1駅分ですがソウルは地下鉄1駅間がとっても短くて
地下道歩きながら出口間違えて1駅歩いてしまった位。

15分かどうか....と、正確な時間が判らないのは、よそ見とか途中で買い物したりとか
真っ直ぐに行く事できないのがソウルです。
あちこちに大小中の市場があるのですもの見て歩かずにはいられません。


ここまで書くと、
ツアーではなく自由旅のように思えますでしょう?
結構盛りだくさんのツアーでの旅だったのですよ。
ただ
ソウルを中心にした分でしたからホテルも4日間変わらず、
郊外とかにはバスで足をのばしてのツアー。
毎日バスに折りたたみ自転車乗せて、あちこちの観光地も自転車で巡りました。


夜_______ホテルに帰った後
毎晩夜の7時30分位から街に繰り出しました。街は活気真っ最中

それこそこれまた眠らない街ソウルの真骨頂です。


ファッションの中心の通りまでは自転車で3分位で行けました。

巨大ショッピングモールLOTTE FITINや軒並みの高層ファッションビルが立ち並んでいます。
ファッションビルなんて以前は24時間営業だったそうですが(娘から聞いていました)
それで今もか?訊いてみたら
いろいろ規制があって24時間ではなくなったそうですが、朝方まで営業している店も多い..とか

さらにさらに
そのファッションビルの通りは
通りにずらりとハンガーに掛かった服を売る露店がもう凄い!値段も安い。
人も溢れんばかり。 大掛かりです。
ファッションビルの店がそのまま外に出している例も多いみたいで
屋根のないファッションフロア


そして、食べ物売る露店もびっしりだから

もう何がなんやら。。毎日がお祭りなのね、、のソウル











[PR]
by kimanba | 2017-09-17 17:22 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kimanba.exblog.jp/tb/237761415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanafr at 2017-09-18 07:13
韓国によく行く友人や姪から、韓国は眠らない町だと聞いたのは数年前だったんですが、今も続いているんですね。
文章からも、韓国のワイワイ賑やか、楽しい物一杯感が伝わってきましたよ。韓国、こちらからじゃ遠いですが、日本からだったら近いですものねぇ、いいなあ。
こんなにあっちこっちに自転車で回っていらっしゃるのを読んで、韓国旅行はツアーじゃなかったのねと思ってしまいましたが、ツアーのご旅行という箇所で、もうビックリ!!!
もうkimanbaさんの旅!と言えば、自転車ですね^^
Commented by shinn-lily at 2017-09-18 11:30
さすが、kimanabaさん、ソウルを自転車で!すごい!
で、ちょっとしったかぶりをしますと、
ソウルは町の真ん中は平地ですので、思う存分自転車で回るのは面白いですね。
しかしながらディープなソウルを回ろうとすると、坂の連続となります。
つまり中心から山へ山へと開けていった町なのです。中心に住める人は限りがあったわけです。
ですからドラマで貧乏で明るくけなげな女の子が住んでいるところはみんな坂の上で、そこを財閥男子が上っていくわけです。(ドラマの見過ぎ、ええ170本)
おすすめは自転車をもってタクシーで坂の上に行き、帰りは自転車で降りてくるのがいいですね?
でももっとおすすめは地方都市を自転車でまわってみてください。
風をきって史跡や市場を回ってください。
全州はお勧めです。
韓国を語らせたら止まらないshinn-lilyですよ~ん。
Commented by kimanba at 2017-09-19 04:18
☆kanafrさん
はい!とっても活気があってうれしくなる街です。
バルセロナもそうでしたが一般の人達が普通に遅くまで街の夜に♪そこが日本との大きな違いのように思いました。
日本の場合は眠らない街には一般の人間はなかなか行かないでしょう?
だから夜がとっても健全なように感じられてついつい私も遅くまで一人でうろうろしました。
(夫は早寝ですから夢の中)
ふふ、ツアーです。ツアーは行った場所での短い自由時間ありますからそこで自転車の有効利用できました。
Commented by kimanba at 2017-09-19 04:50
☆lilyさん
このコメントのお蔭で娘の言った言葉で忘れていた分を思い出しました。
思い出せました~!ありがとうございます♪ 次に書きます。
lilyさんの韓国の旅はもういつも凄いなあと思って読ませていただいています。
毎回テーマがあって、それも多分普通の人間には思いつきもしないようなそんなテーマ・志で
それこそディープな韓国を旅していらっしゃいますものね。こんな旅もあるんだあと襟を正す_です。
そうそう!私も結構負けぬ位観てます観てます。坂の上で尚且つ屋上のペントハウスみたいなトコロがね
あれよく出て来ますよね。それとお金持ちの屋敷も結構同じ家が出て来ますよね。
使いまわししているに違いないと夫と笑い合う位お馴染みの貧富各々の家ですよね~ニコニコ
今回史跡は自転車で周りましたよ~。なるほどタクシーで坂の上行ってそこから自転車ですね
また行きたくなったではないですか~。。ソウル魅力的です♪
名前
URL
削除用パスワード