気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

短編の醍醐味


夫と一緒になって一番良かった事は・・・・
     多分自分なら 絶対選ばない分野の本や映画や絵画や音楽  を
     食べてみる機会を・・与えてくれる事でした・・・と書きました。
     思い掛けぬ面白いモノに出合ったりしました016.gif




そして一方では、、夫 チョコマカチョコマカ037.gifあちこちの書店チェックをするから



私の好みを知った上で・・・・・

「この本・・君が好きそうだから、、、」 と渡してくれた・・私の好きな 短篇集・・




この夫が渡してくれた本・・・多分短篇好きな方が興味を持ってくれるかと                 
                 イヤイヤある年代の人達が非常に懐かしがってくれるかと
                                           ・・ご紹介です016.gif



  

  清水義範・・・「永遠のジャック&ベティ」 (講談社文庫)

         

私達の英語の教科書に登場していた あの懐かしの・・・
ジャックとベティが・・・ 50才で再会という設定 で・・・

あの例の悪名高き003.gif 

昔の英語教科書の訳で喋る
                       のが・・可笑しくて、、堪りません003.gif




「あなたはジャック・ジョーンズですか」

「はい。私はジャック・ジョーンズです」



「オー、何という懐かしい出会いでしょう」

「私はいくらかの昔の思い出を思い出します」



「一杯のコーヒーか、または一杯のお茶を飲みましょう」


「あなたは上着を着ていません」

「今日は上着を着ているためには暑すぎます」



    ・・・・・・という具合に会話が続くのです。。
                       


そうそう、、、私達はこうやって奇妙な和訳をしていました~
懐かしくて・・・とても面白かった♪です038.gif


           この短篇集・・ショッパナの 「悪名訳」 喋りのジャック&ベティ 以外は・・
           あとは・・お奨めという程ではないのですが011.gif
           ただ変わった趣向での書き方ではあります
           ・・その点では読んでよかったかな。
               








そして一方 TV でも♪


深夜ワクという事で見逃す方もいらっしゃるかと
短編小説が好きな方に・・・・・・・・・お知らせ

     
                     
結構面白そうな企画(こういう趣向の分は好きです)があるのでご紹介です。。016.gif




「BUNGO-日本文学シネマ-」
  
  明治~昭和なかけて活躍した作家の短編小説がドラマとなって

  TBS深夜枠2月15日~6作品放送されるそうです
      (1回目は・・深夜1時44分~30分)
      

                     

  作品・・・・・芥川龍之介  『魔術』

         梶井基次郎  『檸檬』

         森鴎外     『高瀬舟』

         谷崎潤一郎  『富美子の足』

         太宰治     『黄金風景』 
                  
                   『グッド・バイ』
          

          


「黄金風景」太宰治      2月15日(月) 25:44~26:14 向井理/優香
「魔術」芥川龍之介      2月16日(火) 25:09~25:39 塚本高史
「檸檬」梶井基次郎      2月17日(水) 25:14~25:44 佐藤隆太
「富美子の足」谷崎潤一郎  2月22日(月) 25:44~26:14 加藤ローサ
「高瀬舟」森鴎外       2月23日(火) 25:09~25:39 成宮寛貴
「グッド・バイ」太宰治     2月24日(水) 25:04~25:34 山崎まさよし/水川あさみ

[PR]
by kimanba | 2010-02-11 17:07 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kimanba.exblog.jp/tb/9928856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by clearmine at 2010-02-11 23:40
ほんとに、そんな一つ一つの単語に忠実に訳をつけたりしていましたね。
懐かしいぃ。

純文学というのでしょうか? 案外名前は知っていても内容は
うらおぼえなのが多いので、こんな風にTVドラマになると、身近に
感じられていいですね。
Commented by kimanba at 2010-02-11 23:59
私は・・This is a pen. で育った世代です。

そうですか、 clearmineさんもこんな訳での教育を受けましたか?
そうすると、、、
日本の英語教育はかなりしぶとく~笑
決して日常生活では使わない訳をしていたのですねぇ。。
だったらこの短編はホントに懐かしいと思いますよ。
不思議と・・妙に切ない気持ちになったりもして、、
あんなどうしょうもない英語の時間が・・
多分あの頃の自分を思い出すのか読んで楽しかった~です。
もう内容も忘れましたが嬉しかったのだけは覚えています~♪

TVそうでしょう~。。私も楽しみにしています。
Commented by dorothy_pc06 at 2010-02-12 07:49
ケッサクですぅ!!
授業中に当てられ、しどろもどろでぼそぼそ訳した、
意味わからん感がよみがえります。
今日はこんななつかしい文章で会話してみたい♪
って欲望に駆られます。
Commented by kimanba at 2010-02-12 09:46
そうそう~笑
信じられない訳を・・みんな真剣にやってましたよねぇ~
だけど、、だからか、、ちょっと悪もいただろうけど
何だかみんな根っこが真面目だったように思います。。。
そんなこんなを含めて!
どうも私は・・『昔好き♪』 のジャンルに入るみたいです。

そうそう この形式の会話をしたいですよね。
この喋り方ができなかったら・・ちょっと恥ずかしかったりして、、、
夫婦喧嘩も この喋り方でやったら~
怒りが遠回りでいいかも!・・ですよねっ。
Commented by akkochan-sukisuki at 2010-02-13 07:16
ウチはベン&ルーシィーだった!思い出したわ(笑)
あの頃ついたヘンな和訳癖、
今でも治らん(笑)
主語の次は。。。動詞・・・・
アタマで組み立て英語、どないしてくれるねん!!!

「わたしは、腹が立ちます、仕草が、TVを観ているときの、ソファに座っているあなたの。。。。」
ああ~~~~ムカツク!!
Commented by kimanba at 2010-02-13 07:39
スゴイですねぇ~よくベン&ルーシィーなんて思い出せましたねぇ~
その点に感心しました~・・・そして!
ベン&ルーシィー、、か~と・・
やっぱりakkochanさんも若い! その点にも感心~笑 しました。。。

そうそう♪ ホントに不思議な日本語だったけど
みんな神妙に真面目に訳していましたよね。
私はせっかちだから、、主語・述語の順は
自分の行動的にはピッタリだったのですが、、
どうも英語からは嫌われたようで・・劣等生でした~泣

最後の愛するOTTOさんへのメッセージが意味深(?)で・・
ふんふん仕草がねぇ、、どんなんだろ?笑えました~♪
Commented by yukinko0908 at 2010-02-13 08:17
ご夫婦で本や映画や音楽を共用できるって素敵ですね♪
うちではありえないので><とても憧れます♡

そうそう。。。昔の英語の訳ってすごく会話として不自然でしたね。。。
最近はだいぶ改良されてるはずですよね?

子供が中学高校になってからは、親の私も教科書などには目もくれてませんが、今度覗いてみようかな?(今の私に訳せるかしら~?爆)
Commented by kimanba at 2010-02-13 08:30
はい♪・・この点はとても良かった事だと思います。。
だけど!!!(この!の多さに込められた想いを汲み取ってね~)
この点のために、、、
他のいろ~~~~んな事に目を瞑ったのですよ~笑

最近は会話重視ですよね。 使える英語!いいなぁ~です。
だから一方では
書く事を後回しにしている影響から
英語が早めに苦手になる人間も作っています。
しっかり単語を覚えさせるという習慣を最初につけさせないからです。
最終的には書く事が・・試験の中心になるから、、
なかなか難しい矛盾を孕んでいるのですよ~。。
名前
URL
削除用パスワード