人気ブログランキング |

気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人関係 ( 2 ) タグの人気記事

夫の周りは強引な人間がいっぱい


長いご無沙汰での...久し振りのブログ更新です。


今年は
いろいろな事情(?)から思いがけず頻繁に海外行っていますが
時期外れではありましたが、今回もちょっと旅行していました。


娘が転職して1年8か月
最初の年の夏休み_友人と海外旅行するという話を
「ちょっと、、待った!」したのは私。
_____________
妙に古いトコロがある私は、転職いきなりでの海外旅行なんて
(日程の都合で夏休みと少しずれる分3日有休とっての旅行に引っ掛かり)

生意気だと思われない方がいいから見合わせなさい。



で、、
今年こそヨーロッパ~と思っていたのにの娘
今年は___
担当仕事の都合で夏休みをずらした時期にしか取れなくなり

しかも会社からはそのお詫びもあってか、
11月に2週間の夏休み(?)を貰った娘

去年 待った! を掛けた私は
ちょうど中間テストと期末テストとの狭間でもあった事から
責任取って_嬉しくお付き合いした次第でした。



その旅話は次回以降にする事にして今日は__
前回の扱いやすい話のちょいとした続きを



少し前
朝食中に夫の友人からTELあって、、
長い電話で、いつも通りの長い電話で。。


最近頻繁に頻繁に電話してくる学生時代の友達。
私も知っている人でもあり
なかなか面白い人物なのですが
だけどだけど
豪快で面白い分 キャラも濃く強引で自分中心の人ではあり
だから、
今日に始まった事ではなく
相手の都合も訊かずにいきなり本題に入って話し始める人。


彼が本を出版する事になって
昔の事情に詳しい夫にあれこれ、いろいろな事を聴く必要もあっての
最近の頻々の電話

で、、、、
どういう訳か最近は
...食事中に電話して来る事が度々で

「食事中だから後ほど。」とは絶対言わない夫。

私だってそれは言えなかったりするから、ましてや夫はそんな事は無理無理
もうそういう事には慣れっこではあったのですが
さすがに、こう頻々と続くと


ある日の朝食はグラタンで、1口食べたトコロにお電話お電話定期便。

熱々を食べさせたかった私は、、、ピキィ~ン

ちゃんと断る時には断れる男になれ と夫に切れる。


そして、、その数日後
今度は__食事中ではなかったけれど
ちょうど夫と出掛ける間際の玄関で靴履いている最中電話あって

夫、、私に言われたばかりだから
「ごめん。ちょうど今から出掛けるところなんだよね。後から....」

こう言っているのに
それから、
優に5分位は話し続ける彼。。

もうびっくりして私、彼の悪口
「信じられない位強引!
 本の出版があるからあなたの話で埋めるつもりなんじゃない?
 いいように使われて舐められている。。」



そう言ったら夫、楽しそうに110.png

「あいつも
 扱いやす~い。俺の言いなりだ~。。
 と思っているのかもなぁ」104.png102.png104.png102.png



(勿論、扱いやす~い。俺の言いなりだ~の部分は上を向いての遠吠えスタイルで!)
クスクス











by kimanba | 2019-11-28 09:06 | Comments(0)

新しいドアを開けたお祝い


共通テストの民間業者への委託・・延期になりました。びっくり


前回、
腹立ち紛れにあれこれ書きましたが

あれは
国が一旦決めた事をこんなに容易く覆した事など未だかってなかった事だから
もう何を言っても今更どうする事もできない決定への虚しさ
その恨み言をそれでも書かずにはいられなかったあの日
無力感から、それでも書くしかなかったつらつらでしたけど
あれ書いた次の日に延期が決定した事に驚きました。

こんなに簡単に国が撤回するとは思わなかったから意外でした。


(大臣を守る為とかなんやかや言われていますが、
 理由は何であれ、悪しき改革だったのだからこの大英断は◎)


準備していた高校とかには衝撃が走りそれはそれで混乱しているようですが
準備万端ドンと来い、だったのは__進学校とかの富裕層ではあり
今回の民間業者導入が実現していたら
ますます格差が広がった のは間違いなかったのだなぁを
再認識した次第です。


間違った道への強行突破..
無理を通したら碌な事にはならない。
どうせ懸案事項満載での無理な船出だったのだから
遭難前に取り止めたのは賢明な選択だったと思います。


失言の萩生田文科大臣はーー大臣としても一般人としても至らない点多しの人物
ではありますが、今回は
みんなを立ち止まらせて、もう一度考えるキッカケを作ったのですもの
結果
萩生田文科大臣は良き働きをした_事にはなりました。



民間業者への委託を一旦は延期したのだから
ここで提言です
その猶予期間に__国によるテストの実現
国が公平に独自で実施できる形式・方向を模索して欲しいとお願いしたい。

民間では、、
まず 
機会の平等性だけでなくテスト内容自体が毎回公平だとは言い難い。
受験機会が増える事は喜ばしい事だけど
複数回のテスト実施で、毎回のテストレベルを一定に保つ事は困難。
民間にそれだけの責任能力を望む事が可能だろうか?

一斉に同じ問題でのテスト

これだったからこそのセンター試験、
これならば、
あれこれ問題はあるにしろ公平であるの1点だけで
文句のつけようもなくいろいろな不満を封じる力もあったのです。



それに
民間業者の英語面接(英語での質疑応答)は、
面接官によっての厳しい人甘い人の差が激しい..これはみんな知っている事
現在、筆記部分も民間での採点者はアルバイト中心。
それに対しての懸念も私はあるし。。

共通テストは_
同じ環境での受験である事と問題・採点の公平性が一番必要な事






***********************


今回法事で行った博多での買い物中

GEORG JENSENジョージジェンセン
コペンハーゲン本店で購入したあのさや豆タイプのイヤリング_
あれを素敵だと褒めて貰って

.......
オシャレなお店のオシャレな店員さんに ありがとう♪


ところで、
もう1個のあの一目惚れのピアス
船の免税店で購入したGEORG JENSENのあのピアス


あれは、、、、友人にプレゼントしたのですよ。


友人にプレゼントするには_さすがの私もした事ない高額な分
(60%オフでも5万円近くした)でしたが
その上
かなり親しいという仲でもない友人ではあったのですが....
不思議な事に、
すんなり、惜しげもなく
本当に心から!喜んでプレゼントしていたのですよねぇ。

「新しいドアを開けたお祝いです♪」というメッセージを添えて



彼女は50歳になったばかり。
年齢よりずっと若く見えるとても若々しく綺麗な人で
他人も羨む、かなりの豊かな暮らしをしていた専業主婦でした。
それを捨てて 先々月熟年離婚したばかりです。
びっくり! とにかくびっくりした彼女の決断。


「ここで決断しなければ、、いつまでも決断できないと思ったから」


離婚を強行したがゆえに何一つ受け取る事なく
まだ学齢期の子供達抱えての選択.......



彼女に、何か綺麗なものをプレゼントしたいー
心からの思えたのです。

今から自分の人生を見つけたいという決意
自分や子供を大事にした結果の選択
何もかもを捨てて、思い切ってのジャンプ



何事にも遅すぎると言う事はない_
自分の人生を見据え大事にして生きている人は・・ 心から応援したい。


「新しいドアを開けたお祝いです♪」









タグ:
by kimanba | 2019-11-03 19:39 | Comments(6)