人気ブログランキング |

気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 216 ) タグの人気記事

ホントは今頃は、、船上だったのに。。


コロナの影響は_限りなく。。
.....................オリンピックもどうなる事か..まできましたね。


あの すったもんだした国立競技場も

オリンピック終了後は取り壊すという話まで出ているって。。凄い話だと呆れていました。

年間維持費が確か20億とか!莫大に掛かるのに
使い勝手が悪く利用でき難いという事が理由らしいのです。
(サッカーやラグビー利用にはトラック邪魔とか 維持費高額なので利用料高額。
 それより何よりこれだけの収容人数確保できるイベント少なしが主理由)

だからって
取り壊すって、、こんな酷い話はありません。
1964年の東京オリンピックの国立競技場。あの有名な柔道の武道館。
どれも、、
オリンピック終了後も私達に馴染みある会場で有効に使われてきました。
息子の大学の入学式は武道館でした(私は行かなかったけど。。)

どうして?
新国立競技場も・・オリンピック終了後も使える施設を念頭に創らなかったのでしょう?
あんな巨額の費用を投入しての建設なのに
何も考えずにオリンピックだけを考えて造るなんて。。
私なんて 
こんな形で国を動かしている人達に国を任す事はできない!
どんな酷い政策に対してよりも!_より直截的に思いました。
......... こんな先の読みをしない形でいろんな事を進めて行く。。という姿勢

維持費云々で壊さざるを得ないとまで思われるモノを何の為に造ったの?
被災地復興を謳った2020東京オリンピック。
復興にお金を掛けるべきで
質素な施設でも海外から来る人達もそれはよく理解してくれたと思うのに。

こんなオリンピック後の使い道云々に憂慮する位ならば
**********
既存の競技場を改修して使うべきだったのです。
**********


_____私は最初の案に賛成していたから言う立場ではないものの
あの、、ソウルで観た彼女の建造物に度肝を抜かれたあの印象は・・今も強烈
いっそ..あんな風に突き抜けていたら。。の気持ちは今でも健在。


さて
話は戻って もしも、、
新国立競技場の建設前に「オリンピック後は取り壊す、、かも知れません」と言っていたら
世論はまったく違った形になっていたと思います。
後出しじゃんけんのように、もう出来上がってからのこんな話..卑怯極まりない。
この新国立競技場の設計者の隈研吾氏に対しても大変失礼な議論です。
心血注いで創ったものが壊される云々まで取り沙汰される、、って。


オリンピックでさえもここまで中止・延期論が出ている位なのですもの
いろいろな行事が中止されるのは止むを得ない事由なり です。




3連休の今日
やっと私は久し振りに休む事ができました。昨日まで朝からずっと仕事でした。

でも実は............


去年の___
あの令和への10日間のゴールデンウイークに飛鳥の旅をして
そこで『鍵盤男子』のファンになった話は何回もしましたから、もう耳にタコでしょうが
今回のこの3連休を利用して3泊4日の飛鳥旅に行く予定でした。
ちょうど学年末テストも終わったこの時期
この旅にまた、あの鍵盤男子が乗船の予定だったからです♪

飛鳥の旅以降も
飛鳥船内での食事会とか、結構行事多いもので
娘、食事会に出席した時に 「鍵盤男子をもう1度」_リクエストしたらしく
 
そうしたら!早速の今回の企画♪
「わぁぁ。。飛鳥は私を大事に思ってくれているのかしら?」娘勝手にほざく。

特に今回の旅は_
飛鳥20年ぶりかの大改装で1月から3月までドッグ入りして
今回は大改装後の新しくなった飛鳥が経験できる。。というおまけ付き!すぐに予約しましたよ。
一般へのお知らせ前に一番乗りの予約

そうしたら、、今回のコロナ。
ましてやダイヤモンドプリンセス号_船旅が大々的にクローズアップされ、
密封された空間、寄港できず漂える船
中止だろうなぁと
諦めていたのですが飛鳥は意外と強気で。。2月末まで予定通りの実施と連絡あり。
でもでも
ついに、月末も月末に中止決定の連絡あり。。__脱力。
多分、キャンセルが多かったのでしょうね残念。 みんな船に異常反応するのだろうな。

ただ、今回の旅キャンセルで経験できた事あり。
感心したし、気の毒だったのが航空会社。
私は多分一番早い段階の去年の8月(正式受付は9月)に飛鳥の旅申し込んでいました。
だから羽田までの早期特典の航空券も申し込み。
但しこの早割切符は安価であるだけにキャンセルできない。
キャンセルできないものは仕方なし。東京遊びにだけ行こうかなと思っていたけど
ANNもJALも 
このコロナ影響考慮して無条件での変更キャンセルを受け付けてくれたのでした。

私は有難かったけど、、凄い損失だろうなと
航空会社の損失の凄まじさに。。言葉もなし
どの企業も今回のコロナでの損失莫大で倒産するトコロも多いのニュースに暗澹たる想い。

。。。。。。。。。。。

こんな事を書くとあちこちから叱られそうだけれど
コロナって......
ここまで大事(おおごと)にする必要があったのだろうか?というのが
実は私の正直な気持ちなのですよ。










by kimanba | 2020-03-21 20:39 | Comments(2)

テーマは下町商店街


夫とは昼食後_古本屋街の神保町で別れて

夫は・・・
一抱えの古本大事に抱えて帰って行きました。嬉しき出逢い出来て何より。
(また送ろうとする夫にストップ!
 ホテルに古本のスペース空けたスーツケース預けていたから品川までは持って行きなさいと厳命)

私は夫と別れ、、路地裏の古本屋とかを見ながら
そのまま街を散歩しながら水道橋駅までぶらぶら


「さて、、どうしようかな?」


____いつも結構テーマ決めて街歩きするのですが

ぶらぶらしながら考えた今回のテーマは


商店街


以前から気になっていた...安売りの商店街_これを今回は訪ねてみたいなぁルルルン



最初に行ったのは高円寺の商店街
次は_西荻窪の商店街

そして、、、
一度は行ってみたかった十条! 十条銀座
........う~ん。。安い! 
特に、商店街のアーケードを抜けたトコロにある八百屋さんの安さにはびっくり!
旅先である事を忘れて
買いたくなった!位の安さでしたよ。。ああ、、あそこに住みたし。

そして、、、赤羽に~♪

ここは、NHKの《ドキュメント72時間》の舞台になったトコロ
わぁぁぁぁ。。
洗練された街並みの一歩路地裏に入ったトコロに、、
昼間なのにディープな世界が繰り広げられ。。面白かったです。
.............私、、こういう世界、、結構好きです。

あのドキュメント72時間の舞台になったおでん屋さん 昼間なのに長蛇の列


.........................................


そこから、、、、東十条商店街
(ここは結構期待していたのに寂れていて。。残念でした)
次の駅が王子
ちょっとここも見てみたいなぁと降りて


そして、さて次はどうしようかな?


娘との約束の時間までまだあったので
今度は商店街ではなく  これを見たくなって行ったのが亀戸天神


これが大正解。

ちょうど梅まつりが始まった日だったかな?
だからちょっと早くもあったのだろうけど暖冬の影響か梅は見頃真っ最中。
梅が、、
とにかく白梅紅梅たくさんの梅 しだれ梅もありました。
特に紅梅が見事で、いろいろな種類の梅があって
それぞれに名付けの札もあって、まるで桜の通り抜けのように様々な種類の梅が鑑賞できました。

帰りには 
あの有名な葛餅の船橋屋のあんみつを買って_
普通のあんみつと梅のあんみつ。梅のあんみつめずらしいなぁ。
葛餅も入って餡子に梅紫蘇が混ぜてある美しい桃色の餡子。



そして、、仕事終えた娘とはミッドタウン日比谷で待ち合わせでした。つづく





タグ:
by kimanba | 2020-03-06 18:53 | Comments(0)

東京を楽しんで来ました~♪


妹の思惑通り____


慌ただしい集合ではない出席者は・・準備万端での、、
和やかな。。
まるで旧交を温めるような会になりました。


美味しいものを食べさせたい!__この妹の気持ちを子供達がしっかり守って、、
美味しいもの三昧の賑やかな会食でした。

準備をすべて取り仕切った甥っ子をしっかり!褒めました♪
とっても素晴らしい会だったよ。。kimanba妹喜んでいるよ~。


妹が何を望んでいたのか?_それをしっかり踏襲した会になっていました。




そして..........
妹がずっと言っていた分を感無量で見せて貰いました。

妹には男の子の孫4人です。
彼等が・・
ちびっちょなんだけど、しっかりお揃いの喪服に身を包んだ姿
ちびっ子だからこその凛々しさに、、感無量。胸がジィーン。。

(妹が用意したものでした。「ちびっ子がピシッと揃って並んだ分を見て欲しい」)
妹の思惑通り、、とってもカッコ良くて
「これを見せたかったのよ♪」声が聞こえるようでした。
....................................(身内贔屓極まれりですがどの子もイケメン!♪)


私・・・妹に言ってやりましたよ。
「こんなカッコイイお別れの会は初めてだよ。
 二番煎じだけど、私もこれでやるからね。私も49日がお別れの会」





朝からの法要だったから土曜日は品川に宿を予約していました。
夫は仕事の都合で月曜日には帰るので
娘のトコロには宿泊したとしても日曜日1泊だけになるから..と
日曜日も品川の宿予約

...................................... ここが、私の私らしいトコロで

              ここが、夫には信じられないトコロらしくて



土曜日に宿泊した隣りのホテルに日曜日予約に・・夫激しく驚く~あはは

「だって、、
 どうせならばいろいろなホテルを経験したいじゃない。。」










 

タグ:
by kimanba | 2020-02-16 19:19 | Comments(0)

ここまでの豪胆さ



どうゆうわけだか?
コメントいただいたのでお返事しようと思ったのですがコメント欄に入れず
それで、
ひとまず「こういう訳で」をここに書く事にしました。入れ次第書きますので。


さて
、、、、という訳でだけでは寂しい今日の本文なのでちょっとだけ記事も



前の記事で 今回の旅がお安かったのは..に関連して
juju3291aさんからのコメントに >1か月後の旅が凄くお安くなって



それで思い出した今回のツアーで大好きだった女性の事をちょっと。。クスクスクス


彼女
私達が行ったのは11月のツアーだったのですが
12月もまた別のツアーにの参加するという事なので


「...... こんなに間を空けないって、凄いですね。」と言ったら


「だって、、7月に旅行した分とまるで一緒のツアー内容で
 ずっと、ずっと、ずっとお安くなっているんですもの。。
 悔しいから、、行く事にしたんですよ!♪」



わああああああ


娘も___「わぁ。。母さんみたいな人がいる。」


そっ!、、よ~ぉくワカル! その心理よくよく理解できますよ私。
ただ私は・・商品でやっただけ。
私が購入した金額よりずい分お安くなっていたから
悔しいからもう1台買ったの過去はあっても、
同じ行程をもう1度の旅ってした事なかったから
___この彼女の豪胆さには脱帽。



やる事のスケールが違う人で

私は___
以前から憧れていた地の北海道に夫婦喧嘩をして家出。
かの地を一人旅。。位の事

彼女は__
やはり憧れの地の北海道に住みたくて
家族の了解のもと、1年半住んだ150.png。。。という過去も持つ猛者


家族3人で参加の彼女
ご主人もひょうひょうとしたなかなか面白い人で、
お嬢さんは淡々とした人で。。の
みなさんそれぞれ全然違ったキャラの素敵なご家族。
娘は、、お嬢さんの淡々ぶりが心地良いと
(娘に似ていて頃合いがちょうど良かったみたいで)



あれやこれ楽しい旅になりました。110.png


詳しくはまた
今日はテスト中休みがある学校の試験対策で朝の10:00~仕事ですから。












タグ:
by kimanba | 2019-12-11 07:44 | Comments(0)

貼りつかない頭と傘


今回のポルトガル旅行のツアー代金がお安かった訳

___ 雨期だったからでした。


わぁぁ。。ちょっと大変かも176.png での出発でしたが

数年前グアムに行った時も、
夏なのに?のお安さだったけど
あれも雨期シーズンだったからだったなぁ。と思い出し

ただあの時は、雨は降ったは降ったけど
夜中に大雨とか
レストランでの食事中に大雨スコールとかで
実際のトコロ
日々雨には無縁で毎日過ごせたなぁ潜っていたなぁの記憶から
今回も何とかなるかも?

ところが、ヨーロッパの雨期はそんな甘くはなく
早速1日目の途中から霧雨のような雨が。
海外旅行での雨って、、、恐らく初めての経験

でも、、でもでも
これは負け惜しみではなく
石畳を濡らす雨
赤や黄色に色づいた紅葉した秋の景色の中
中世の建物と木々を濡らす雨
風情があって、、
なかなかのシチュエーションだったのですよ。

雨の旅ってロマンチックで素敵かも



こうして、
1日目がちょろっと雨で
2日目は1日中雨で「どうなるこの旅」
ところが
3日目以降は、、、
時にちょっとだけ降る事が2日程ありましたが
それはバスの中だったりで
ヨーロッパで一番美しい村の時は
雨上がりだったゆえに、洗われたように鮮明になった景色の中
明るい太陽が差し込んでクッキリした映像を観ているようでした。

私が一番楽しみだった
ユーラシア大陸最西端のユカ岬
やはり直前まで雨だったのに到着寸前に太陽が。。

見渡す限りの大海原の大西洋
ぐるーっと水平線をなぞる。。千葉の犬吠埼とはまた違う感慨が。
崖に立つ_何もない景色の中での最西端が実感できる視界でした。

もう1つの楽しみの発見のモニュメントの時も太陽が174.png





さて、毎度毎度の事ながら
語学に弱い私は.....海外は好きなのですが、言葉が。。

それでも
「こんにちは」と「ありがとう」だけは覚えなくては_です。
 あとは「ごめんなさい」と「美味しい」
 .......この4つの言葉を知っていれば 海外でも何とかなる。。

ところがポルトガル語
なかなか難しくて(私にとっては!ではありますが)
覚えられない。。。134.png
自分のバカ頭につくづく呆れた。どうしてもカタカナが頭に入らない。

こんにちは・・これはスペイン語と一緒のオラ~だったから さすがに言えたけど
ありがとう・・オブリガーダ
       これが、、
       どういう訳だかいつもオルガリータとかアルガリータになる。。



娘は・・「ピザじゃないんだから。。」
カタカナが貼り付かない私の頭を身体を折って笑う


ポルトガルで持ち歩いた手帖にちゃんと書いていたのに!
オラじゃあまりに短いからと 昼の挨拶のボアタルデ
ありがとうの感謝をもっと強くとてもを付けるムイトオブリガーダ
こんな言葉も丁寧に書いていたのに。。

私の頭に貼り付いたのは・・オラだけ
こんな状態だからごめんなさいや美味しかったなんて言える筈もなく



レストラン後にする度
美味しかったの言葉代わりにありがとうと言っているつもりなのに
毎回でとんでも言葉を口にする私にお店の男の人達は
男の言い方、女の言い方、、オブリガード、オブリガーダと
私を特訓してくれるのだけれど、、3,4か所でやってくれたけど、、
私のバカ頭はいつも新鮮に「へぇ~。。」

..................覚えられない。




さて、もう期末テストの時期になりました。今から仕事です101.png








タグ:
by kimanba | 2019-12-07 08:43 | Comments(4)

宿命の旋律


大変だった14時間超のマドリードへの飛行の後

すぐに乗り換えて
ポルトガルの国境近くのスペインのサンティアゴ空港
その日はそのサンティアゴに1泊して
(夜遅くに到着だった事が残念な位快適なホテルで
 その後もどのホテルも素敵でした~お安いツアーだったからびっくり!)


次の日からがポルトガルの旅の始まりでした。



そして相変わらず、
マドリードでの乗り換え時間ほんの1時間の自由時間に・・
ちゃっかり
食べ物だけでなく洋服のお買い物も済ませる私達母娘~ふふ

免税店ではないのに嬉しきお値段のMax Mara
素敵なワンピースGetの娘
これは、、
最初に私が目を付けた一目惚れデザイン分 ス・テ・キ
調子に乗った娘はコートも買おうとしたから私がstopかける
「コートは嵩張って荷物になるから帰りにしなさい」
...........................................
旅では出逢いが1チャンス、、
知っていたのに。。私、なぜか待った!した
もっと良き出逢いがありそうな気もしての、、stop

ところが 帰りまでに次のチャンス訪れず 
娘、、残念
ただ 
彼女は私と違って驚く程諦め早いから責められずホッ
(私ならずっと言ってたなぁ あはは)



さて、旅1日目は・・・・・

遥か巡礼して来た人々が、
やっとの想いで小高い丘に辿り着き
そこから見えるサンティアゴのそびえ立つ大聖堂
その姿に歓喜したという《歓喜の丘》からが旅の始まりでした。

眼下に畑が広がり、トコロドコロに林や民家があるものの
今でも多分当時の景色と同じような広々とした景観の先にある大聖堂
これ、、日本だったらとても考えられない景色だろうなぁと
その点に感慨無量。
日本って、、数年で景色が変わる国ですものね。


そうやって、、上の方からだんだんと
有名な名所旧跡を辿りながら泊まりながらの効率的な道行でした。

ポルト、ギマランイス、コインブラ、トマール、ファティマ、ナザレ
オビドス、シントラ、 最後がリスボン

私はロカ岬と発見のモニュメント、市場が楽しみで。。

あの細長く
スペインに張り付いているようなポルトガルを上から順々に降りて行く旅でした。


失言
張り付いて_なんて表現はポルトガルに失礼な表現でした。

日本にも深い影響を与えた国であり
教科書で
最初に意識したのはポルトガルでした。
日本の国土の4分の1 人口も1000万人ちょいの小国ポルトガルですが
過っては、世界を圧巻していた国なのですもの
あんな小さな国が広い領土を世界中に持ち
優れた文化も持ちあらゆる面で世界をリードしていた
世界に君臨していたのですものね。


現在は...豊かな国とは言えないという世界の評価ですが
街は綺麗で、、
大航海時代の誇りを忘れないポルトガルの国民性_
私はこういう言葉に弱い。


この歴史も大きく関与しているのか?

ポルトガルの民族歌謡ファド
ファドとは運命とか宿命とかの意味だそうです。
人生の歓びや悲しみ郷愁などを題材にしたポルトガル人の心の歌だそうですが
ギターの旋律も低くくぐもったような声(歌う人それぞれながら透き通った清らかさもあり)
何とも言えぬ深き哀しみに満ちていて心に染み込んでくる。。
心揺さぶられるそんなギターの弾き語り


.................... 日本人に友好的でどの人も優しかった~♪







by kimanba | 2019-12-04 07:33 | Comments(0)

ポルトガルへ


2年前、スペインへ行った時
(あれは_娘が計画した旅でした)

あの頃のツアーのほとんどはスペイン・ポルトガル抱き合わせだったのに
スペインだけの旅提示。
あのちょっと前に、
kanafrさんのポルトガルへの旅ブログを読んでポルトガル♪大注目
___ポルトガルって、、いいなぁ。。と思っていただけに少し残念で


「スペインにも行きたい!けど、どうせならポルトガルも入れたいな」

すると娘
「スペインだけでもとても広いのよ。移動が大変。
 もう若くないのだからそんなに欲張らず1つずつにしなさい。」


確かに、、、、、スペイン広かった~!
移動は飛行機使ったりしたのに大変でした。ポルトガルまで入れていたら大変だったなぁ。
今回は_お待たせしましたのポルトガル


でも、、、
大変だけどスペイン・ポルトガルの抱き合わせ旅が多い訳が解った旅でもありました。
ヨーロッパへの旅で一番遠い(飛行時間が長い!)のは・・ポルトガルだったのです。

前回のスペインへはオランダ航空だったからアムステルダム乗り継ぎで実感なかったけど
今回は__スペインのイベリア航空だったからマドリードまでの直行便
直行便なのに、、実に14時間20分


.............................こんな長い飛行時間。。。初体験
しかも、、、エコノミーで

妹との旅では少し贅沢しますが、娘との旅では娘が出せる旅行費用での旅
老体に鞭打って、、かと思いきや
まだまだ若さを実感(?あはは)の旅でもありました。
意外と平気でそれにびっくり。



イベリア航空______
まずびっくりしたのは、座席の狭さと前の座席との空間の狭さ
成田空港までのANAの国内線の方が広かった~。。という狭さ
しかも
真ん中の4人座席の左2席が娘と私の席
娘は端を私にと言ったけど、隣りがスペイン人の大きな男性
さすがに娘とその男性を隣同士にはしたくなかった私は彼の隣りに。
彼はラブラブの奥さんとの旅で奥さんの方に凭れ掛かって隣りでイチャイチャ
ところが、、、、眠ると
私の方に凭れ掛かってくる。。ただでさえ狭いのに大男を肩に乗せ
そして、もっと最悪だったのが後ろ。
1歳ちょっとの男の子が私の後ろで...泣くわ蹴るわ。。一晩中

ずっと座席を蹴る。。。。


わぁぁぁ最悪!の条件だったのに
全然眠れなかったのに、不思議と、、、元気で
映画を4本も観て
「長いなぁ。。」と退屈はしたけどそれほど疲れもせず無事到着。
こんな酷い目に遭った事はなかった飛行機体験だったけど
意外とイベリア航空への悪印象はなく、赤い毛布とか結構好きだなのイベリア航空♪


こんな往きだったからか?神様からのご褒美
帰りの飛行機は、ひょんな事から
他の方々には申し訳ない形で最初にビジネスカウンターで手続きする事になり
エコノミー席ではあったのですが
飛行機の後ろの方は余裕タップリだという事を今回初めて知りました。
窓際の2人席になっただっただけでなく、
真ん中も3人席だから空間も広くて_快適快適で爆睡
映画観る事もなくぐっすり眠って途中の夜食にも気づかず、、で
やはり前回の北欧旅同様
朝食もぐもぐしながら「もうすぐ成田空港です」のアナウンスを聴く事ができました。


成田到着したら、、行くトコロはいつも決まっています。
浅草の尾張屋で天麩羅そば♪
食後は
そのすぐ近くの梅園での粟ぜんざい(今回は粟ぜんざいとあんみつ半分こずつ)
「これ、これ、これよねぇ~」のお蕎麦と甘味


到着後の話ついでに出発前の話も____
前回の北欧旅の出発時間が早くそれで、、妹が予約してくれたホテル
これが素晴らしかったのですよ。
成田ビューホテル
しっかり者の妹の奢りでした。嬉しかった~。。



屋内の風呂だけでなく露天風呂が2つと釜風呂もある・・お風呂が素晴らしく、
お部屋も広くて綺麗で
更には朝食ビュッフェが種類も多く内容豊富でしかも美味
妹は車を帰国まで置けるからという点で選んだホテルだったのですが
2人共__「ここはレベル高い」と大のお気に入りに
それで
今回の出発はお昼で前泊は必要なかったけど
「あそこは素晴らしいからこれは母さんの奢りで」と予約


やはり、、千葉_台風の被害は大きかったようでこのホテルも
露天風呂が使えなくなっているという残念なお知らせががフロントでありましたが
2つの露天風呂の1つが使えなかっただけで
もう1つには入れたし釜風呂も健在で一安心

夕食は_和食を楽しんだ後最上階のバーラウンジ
成田空港の夜景眺めながら離発着する飛行機が目の当たりの絶好のロケーション

「おばちゃん、、良いホテル教えてくれたね」
旅の前夜から楽しませて貰った旅の始まりでした174.png174.png
















タグ:
by kimanba | 2019-12-01 09:18 | Comments(2)

ポテチ味


中間テストがやっと終わっても__すぐに模擬テストが控えていた高校生

やっとそのテスト対策も終わり、先週末テストだった高校生
先日の水曜日はテスト明けのーーちょっと気が緩んだ授業

そうそう ......

前半の授業だった女子中の生徒...インフルエンザになってしまって
「もう?」びっくり
お母さんの話では、今年のインフルエンザは早い流行みたいで
罹患者も多くなる予想のようです。
みなさん、お気を付け下さい。


で、後半の彼等の授業 
その日は_____
(病気ではない都合でひとりが休んでいたので、あまり先に進めないねの日でもあり)


終わったばかりの全国模試の問題用紙見ながら
あれやこれ言い合う2人と私。

.............気が緩んだ流れから、、か
突拍子に思い掛けない事言い出して。。


「先生、、僕とこいつと、顔はどちらが好みですか?」


あはは、、
「うん。。うちの塾は顔で選んでいるのではないか?と言われる位
 美男美女の集まりだからねぇ。甲乙つけがたいとはこんな時の言葉よね。
 難しいなぁ二人共、、
 どっちもそれぞれタイプが違ういい顔しているからねぇ。。
 彼は醤油顔だし、、」  と言った途端



「え~?!、、こいつは醤油じゃなくて塩ですよ。
 醤油は僕です!」


隣りの彼も
「そうそう!、、僕は典型的な塩顔だと言われます。」


...........................え?え、え、え~?

評価の基準って、、変わったの?
醤油顔と自分で主張した彼は、、日本人離れした目鼻立ちハッキリの生徒


「う~んんん。。君は醤油じゃないと思うよ。醤油にバターが入ってる。」



「そうか、、僕は・・バター醤油味か。。」


もうひとりが、、「ポテチみたいで旨そうだな」



後は
あはは、ふふふ、と3人で笑ってチョンチョンだったのですが


154.png154.png154.png154.pngソース顔はどこ行った~?







そして イケメン繋がりでの今日の旅の思い出は

イケメンのモデルの王子さんもいらっしゃっるデンマーク王室・・・
デンマークは世界最古の王室で、日本に続く世界2位の古い君主国家です。
(雑誌のk表紙も飾るとにかく素敵な王子さま。
 バーバリーやディオールのファッションショーにも出演とか)

このデンマーク王室の宮殿のオープンさにびっくり
驚くべき事に塀も無ければ門もなく
多くの人が訪れる広場の周りに無防備(?)に配された4つの宮殿
女王陛下のアマリエンボー宮殿をはじめととして
騎馬像を取り囲むように建っているの4つの宮殿
各宮殿の屋根に国旗が上がっている場合、
王室の方が宮殿にいらっしゃるという意味なんだとか。


北欧は_____
フィンランドの大使館の無防備さにも驚きましたが
スウェーデンの宮殿もここ程ではなかったけれど
市民も観光客も
結構自由に宮殿観て回る事ができたしなぁと再度思い出しつつ
全体に、どこもびっくりする程開放的

ちょっと気になって_今、調べたら
デンマークって世界で2位の安全な国だそうです。.....日本は6位


私達が宮殿観光していた時は
アマリエンボー宮殿には旗が上がっていて、、
窓も目の前、すぐそこにあるのですよ。
ちょっと覗いてみようかなと思える程の至近距離。
「女王陛下から見られているかも?」でしたよ。



そして、ニューハウン

デンマークや北欧と言えば目にする、あの色とりどりの建物と帆船
コペンハーゲンを象徴する風景が
カラフルな建物がぎっしりと建ち並ぶ「ニューハウン」
私はあれは・・海を臨む建物だと思い込んでいました。
帆船とかがある広い海の傍の風景だと
何となく、
確かめもせずに思っていました。船があって。港の周囲の建物だと

実際に行って、
あの建物の前は川で,,,それも狭い川で、、びっくり!
思いがけず小さくて、、
だから思わずガイドさんに

「、、、えぇ~と、
 これがあのガイドブックやデンマーク紹介に必ず目にするあの風景ですか?」


北海道に初めて行った時の
あの札幌の時計台を見た時と同じ気持ちになりましたよ。










タグ:
by kimanba | 2019-11-09 19:59 | Comments(2)

すぐ、、友達



「僕の奥さんはこの人です。」


これは日曜日のスーパーの食品売り場での言葉___

バケットを生ハムとレタスで食べたい_とレタスを選びに行った夫に合流した時の事

夫の隣りにいらっしゃったご婦人が
「あらまあ、、失礼しました。
 あのお隣の方とのやりとりが、あまりに仲の良いご夫婦だと思ったもので。。」


すぐに誰とも仲良くなる夫が
レタスのトコロで「どんなレタスがいいのかな」とつぶやいて

「重みですよ。」とその時隣りで選んでいらっしゃったご婦人が答えてくださって
流れで
その方から外側の葉っぱは捨てなさいとかのレタス談義を受けたそうなのですよ。

その時それを隣り見ていらっしゃったご婦人から
「奥さまと仲がおよろしいですね~。。」と夫が声を掛けられた
ちょうどその時私が傍に行った...の図でした。


その後は
そのご婦人勘違いを笑いながら詫びられて
次は彼女のご主人の事をあれこれ話されて。。
....................スーパーの野菜売り場でしばしの立ち話~クスクス



さて、仲良しのフレーズから

あの英語共通テストの民間業者導入の経緯は誰がどう関わったのか?
一切が公表されませんが
その時の担当文科大臣が・・下村大臣である事だけはハッキリしました。
あの安倍首相の奥さまとの深い関わりが問題視された森友学園問題
あの時の文科大臣です。
さらに言えば、
安倍首相のお友達問題で国会を紛糾させた加計学園
あの加計学園と深く関わり客員教授でもあったのが
今回の萩生田文科大臣なのですよね。。_利権の臭いぷんぷん 感無量




コメントでNTさんが
船に列車を積み込んでデンマークに渡られたという話があって


私達は
海上に浮かぶ長い長い橋を列車で渡ってデンマークへ行ったのですが
海上をずっと列車で、、、ちょっと幻想的な風景でした。

列車で面白かった事が座席が固定されて動かせないという事です。
右側が上り方向左側が下り方向を向いて固定
(日本の新幹線は凄いなぁとあらためて思いましたよ)
公平にという事なのだろうけど

...これ、、困りました。

窓側ならば大丈夫なのですが通路側に座ったら「わお」
丸見えです。

列車の座席って基本くつろぐ空間ですよね。
私なんて靴脱いであぐらをかくし~あはは
ところが、
この列車では左側の人達全員にそれを見られているのですよね。
お見合い状態(?)での列車の中__でした。
知らない人ならともかく、ツアーの人達で、、もう。。
...私、、開き直ってあぐらかきましたけどね。



どこででも何でもが美味しかった今回の旅でしたが
どの旅でも日本食が恋しくなる事なんてない_私の旅ですが
ストックホルム駅での自由時間・・・・「美味しそう~」
いつもの駅構内探索中に、何気なく覗いた韓国料理のお店
そこの「美味しそう~」でした。
早速購入。列車内で風景見ながら食べました。
味噌味でのシーフードと野菜タップリのちょっと辛い丼..
これが美味しくて異国の地での駅弁も楽しくて「美味しい~♪」



家に帰ってからも、あの味思い出しては作っています。

____韓国海苔巻きも好きで 
最近の我が家の食卓はちょっとした韓国ブーム♪














by kimanba | 2019-11-06 08:24 | Comments(2)

びっくり!_嬉しきびっくり


法事のお寺で従妹夫婦と落ち合って、そこで

「今回の台風は酷かったから庭の小屋が壊れた。。」と聞き


ああああ。。やっぱり!ね。
あの空き家、、泊まらずに正解だったなぁと胸なでおろす。。私


実は、、、、怖い_と前回ブログに書いて
博多に行きはしたのですが、どうにも気が重く。。
あそこには泊まりたくないなぁとホテルにしたのですよ。


従妹夫婦とはいつもは、
お寺まで車乗せて貰って一緒に行くのだけれど
「ホテルにした。」とは言いにくく
何となく、あの空き家を見捨てたみたいで言いにくく

今回は日帰り__という事にしてお寺に直行したのでした。



さて、法事も無事終えて
あの空き家まで車で送って貰って、、思わず

「一緒に入ってくれない?」

そう言いたくなった位気が重かった..想像の惨状

従妹の家の庭にある小屋は掘っ立て小屋ではなく
れっきとしたヨドコウ物置。それが、、古くなってたとはいえ屋根が飛んだ台風。


夏のお盆帰省で
応急処置として再びの大雨に備えてレジャーシートを廊下に敷いてはいたけど
あれが、、どれだけの土砂に覆いつくされている事か。。の、、
怖ろしさと面倒臭ささ。__気が重い。。


ところが、
なぁ~んもなし!
なぁ~んも落ちてなくて、綺麗なままで 嬉しいより驚く。
前回のあの土砂は、屋根の一部に雨漏れ箇所があったからとしか考えられないのに
今回は相当な雨があって、、だった筈なのに
それから、そんなに日数経っていないのに濡れた後さえなく
綺麗なま~んまの空き家に、、、激しく驚きました。


わああ。。わああ。。___神様。。これは何のご褒美ですか?♪
ちゃっかり、
博多の中心部天神近くに宿をとって
一日福岡の街で遊んで行った罰当たり子孫は_神様に感謝




博多って・・やはりオシャレな街で。。

私の住む街も一応政令指定都市でもあり
大阪や東京・横浜やで気に入った服があった場合も荷物になるからと
店舗調べて貰うと
ほとんどのファッションのお店もあって、、ではあるのですが


こんな分には絶対!お目にかからない。かかれない。の分が、、
これまた
街のいたるトコロ、あちこちで見て...は、深き溜め息

うぅ~ん。。やっぱり!この全体の垢抜け度は何なんだ?!
それに、
私はメガネ好きでよく購入。よく行くお店あるのですが
博多にも同じお店があって
今回は___時間もあったからちょいと寄ったら
なるほど。。
同じお店でも我が街に置いてあるのは高額なものでも5万円台まで
ところが博多には6万円台がごろごろ、8万円台もあったかな?
そうかぁ....感無量なり。


そんなこんなで、あちこち寄り道しながら
久し振りに《川端通り商店街》にも行ってみる。
ここは、昔ながらのお店ばかりが軒を連ねた懐かしい気持にさせる通りです♪
ここでは温かい雰囲気のレトロなお店も観ながら

(オシャレで高級な分多しのファッションビル)博多リバレインへも
さて、、
疲れたからホテルで休憩してまた散策しよう。。と

もう長く地下鉄には乗っていない事に気づいて
(博多は街中だけだと100円でバスに乗れるから)
久し振りに地下鉄乗ろ~ぉ ウキウキ


博多リバレインの運河沿いの出入り口で素敵なご婦人発見♪
素敵な人を見かけたら、、
ナンパ体質の私はちょいと声を掛けてしまう~ふふ

「地下鉄の駅はどちらになりますか?」


ふたりで話しているトコロにご主人が。。


わあああ 奥さまも素敵だけれど(私が声を掛けた位の素敵な方♪)
このご主人の素敵だった事!
多分、このご夫妻は私達夫婦と同年輩か?少し上?

久し振りに、、
何も言わなくてもその人の背景が想像できるそんなご夫妻との遭遇でした。

「駅までご一緒しましょう~♪」と言ってくださって

私の現在住む街にもお若い頃に4年間単身赴任していらしたとか
企業戦士でいらっしゃったようなのですが
現役を退かれて故郷に帰って来られたとか、、話もはずむ。


羨ましくなる程ため息が出る程に素敵なご夫妻で
帰って来てからの私は・・・・・

「一目で!何も言わなくても判る。。
 あんなご夫妻が理想なのに。」と、夫を責める~下品な妻。。あはは










by kimanba | 2019-10-29 06:19 | Comments(2)