気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 174 ) タグの人気記事

我が家の和菓子物語


昨日_とっても美味しい和菓子をいただいて

もうこれだけ長く生きていると(ふふふのふ)
食べた事はなくても知ってはいる_こういう分も多いのですが
これは初、初めて知ったお菓子でした。

  武蔵野銘菓 献上品 爾比久良(にいくら)


栗好きの私‥

京都でもちょっと他では作っていないような
栗おはぎ__とか、これは是非食べてみなければ。。で
その名も≪くりや≫さんに走りましたですよ。
この店では他にも栗納豆(マロングラッセの和風版)とかいろいろ試しました。
そして
超有名店_岐阜の栗きんとんのすや
これの期間限定販売が阪神百貨店であるもので
それに合わせて大阪行った事もあった位での栗菓子好きです。
取り寄せで
干し柿の中に栗きんとん詰めたもの、、とかも食べたな

で、、、
この昨日初めて知ったこの爾比久良(にいくら)がとっても美味しくて
  栗1個を薄いこし餡で包んであって、それを
  卵黄と白いんげん豆で作ったホロホロと崩れるような餡(?)
  それでがっちり固めてある。。立方体だけど噛めばほろりと溶ける

めずらしくもあり美味しかったです。


最近の我が家は和菓子三昧です。

この時期修学旅行の学校があるものでそのお土産もなのですが
あの 
今回のフルムーンチケット使っての上京の主目的はお墓の移し替え
そのお土産に妹が用意したものが とらやの羊羹
母の影響なのか(?)ここぞの時にはいつも妹はとらやの羊羹
そして
思い掛けなかった事があの姪っ子
(並んでも手に入らず予約電話も繋がらない事で有名な)
あの!空也の最中を準備していてくれて感無量

お土産でいただいて美味しかったからみんなにも
..........の嬉しい心遣い


わあああ、、あの甘たれが。。
こんな心配りも出来るようになったのかと_感無量

そして、ちょっと変わったトコロのある姪っ子
やはりやはり
変わったトコロは変わっていなくて(あはは)なぜか?お土産は人数分用意
10個入りを1人1箱ずつ貰って
だから我が家は夫と私と2箱貰って、自分の親にも各1箱ずつ
でもお蔭で_
まずは娘宅で1箱を開けてみんなで美味しく食べて1箱持ち帰り
ちゃっかり娘は自分の分の1箱温存。娘は空也もなか大好き♪



そして、最後になりましたが、相変わらずの妹の太っ腹接待

お墓は船橋なのですが妹が準備した会食場所は幕張でした。
車でもかなりの距離ありましたが
ここへ是非!と思った妹のおもてなしの気持ち
それがしっかり伝わる美味しいなごやかな時間。素晴らしい時間になりました。

ホテル ザ・マンハッタン内にあるフレンチレストラン

お墓の移し替えによる2か所での法要だったのでホテル到着は14時
わあ、娘が思わず歓声を上げた夢のようなレストラン内
私達親族だけの貸し切りでの贅沢な会食になりました。

  .............オマール海老 フォアグラ、トリュフ

久し振りに贅沢させて貰った、、嬉しい時間でした♪









[PR]
by kimanba | 2018-11-08 09:19 | Trackback(33) | Comments(2)

軽井沢アウトレット40分滞在


昨夜は遅くまで娘の旅話にお付き合い

私達の楽しかった軽井沢話に触発されてではなく
娘の軽井沢行きは夏に予約していた分___

とっても楽しかったそうで、いいな~。。
私達も1泊できていたらもっと堪能できたのにと残念


フルムーン切符
最初に冗談のように書いた「あら、函館までも列車で行ける。。」
これも、
函館で1泊でもできれば実現できたフルムーンの素晴らしさ
私達の場合は
次の日に朝から予定が入っていたから
何しろ私達の旅行(?)日程の真ん中に法事が入っていた為に
(そもそもこの為の上京だったのに旅行にシフトして何を言ってるんだかの私)
日帰りするしかなかった軽井沢

あまりアチコチ行きたくはない夫がいれば尚更_ホテル確保は重要課題
ホテルに夫を放り込んで(?)あちこち行くのが私の旅だった~笑


そうそう娘は一人旅だったのですよ。
いつもの旅仲間の東京の友人が行けなくなってキャンセルできる時期だったけど
贅沢だけどツインに一人宿泊を選択した娘。行って良かった~♪そうです。
中軽井沢まで行って星野やさんの施設関係も堪能できたと話が続くつづく....
(星野リゾートが運営する商業施設ハルニレテラスが素敵だったとか。
 オシャレなお店ばかりで
 有名なお蕎麦屋さんの川上庵でしっかり信州も味合っての充実旅だった娘)


一方の私達夫婦は___
前回も書いたように軽井沢到着11:30で
ティータイムの万平ホテルを出たのが15:00
横目で「
あら素敵」の教会等を見ながらホテルからの坂道を駆け下りて
レンタサイクル時間をたっぷり残しながら返却して



そしてそして、いよいよです。

「アウトレットには絶対寄らなければ。。」の私に

「僕はカフェで待っているから長くなっても大丈夫」と夫


いやいや、
朝の事があるものだから私、めずらしく遠慮して


「30分!...もう欲しいものなんてないから30分ちょっと見るだけ」



30分じゃ何も出来ないだろうと言う夫に
それじゃ用心の為に40分にしとくね。

(私の初アウトレットがここ。一番思い出深いトコロがこの軽井沢のアウトレット
 だから懐かしさでちょっと覗いてみたかっただけ)

この気持ちに嘘はなく、ホントそんな気分だったのですよ。


それで、、、、
あの広大な、四方八方に広がったアウトレットへドボン



娘が昨日の電話で感心していました。
「あの母さんの戦果
 たった40分であれだけが買えたって、、凄い。。
 あの広さを体験した今は どうやって?の疑問だけが残る。」



ふふふ、、そうだろ娘、年季だよ




まずは最初に大好きなgenten(ゲンテン)行って
小さなショルダーバッグと男性用のショルダーバッグ2点購入

(バッグは男物の方が皮の質感が良かったり色が良かったりするから)

私はバッグだけでなくシャツとかセーターとか男物愛用する事多し
時計は断然男物。

そして、、
軽井沢、結構寒かったのですよ。
だから
秋物の薄いコートだけだった寒がりの夫に
もう軽井沢は後にするけど、この後の安心の為にも
ちょうど目に入った素敵なセーターご購入。


夫___________
小さい本を選んだつもりでも何冊にもなってしまう行く先々で買う本
それを入れる手軽な大きさの軽い素材のバッグに簡易サイフ

ここまで書いて...
我ながら感心!30分でこれは凄いな
あの軽井沢アウトレットのあの広さを知っている人は驚く筈です。超人的~あはは



夕方の16:00過ぎの新幹線にもう乗っていました。軽井沢滞在5時間弱





[PR]
by kimanba | 2018-11-05 09:00 | Trackback | Comments(6)

軽井沢美味しい時間



さて、フルムーン話に戻って....


すったもんだの末に、朝っぱらから
ええ歳こいた男女が駅ホームで抱き合(っているように見えただろうな はは)

家に帰ってしまおうとする夫を全力で抱きついて止めた私は
金沢に行こうかと思っていたのだけれど
あまり無理な日程は組むまいと_近場の軽井沢に行く事にしたのでした。


軽井沢駅に到着してまず最初にした事は
大好きなおぎのやの横川峠の釜めしの予約から。
私の中での駅弁№1がこれです♪

今は改札の中だけでなく改札出てすぐ横におぎのやさんの大きなお店あってびっくり
予約していなくても売れ残る事なかったなと思える位の繁栄ぶり

昔はおぎのやさん、JRでは横川駅にしか売り場がなくて
新幹線が開通した当時
横川駅通過してしまう事でやっと軽井沢駅でも販売。
ただその当時は、駅の外のコンコースに台を置いて販売していらっしゃった。。
___なつかしく思い出します。1度売り切れていた苦い思い出が今回の予約へ。


弁当予約で一安心して次はレンタル自転車

駅の階段降りてすぐのトコロにすぐ!夕方5:30までで¥1200
夫と二人分レンタルして漕ぎ出したら、、すぐ隣りのお店が
制限なしの1日中。夜まで乗って下さいで¥1000(¥950だったかな?)

わあ。。地の利? 駅降りてすぐにお店があればこういう商売できるのね~笑
レンタル自転車多いトコロで先に行けば行く程どんどん料金お安くなって行く。。

................昔行った頃は1軒位しかなかったレンタサイクル。今は凄いな~



早速旧軽井沢銀座(旧軽銀座と言うみたいですね)
そこで夫…
(どこにでもあるのに)蜂蜜専門店へいそいそと。。熊さんなもので。。102.png

めずらしかった≪蕎麦の蜂蜜≫お買い上げ


次は私の大好きな浅野屋さんのパン
このお店
多分私、パン屋さんでは一番好きかも、この為だけに行った事も。
だからこの浅野屋さんが上野駅に出店した時は嬉しくて。。よく行きました。
現在はどこにでもあるみたいですね。娘は横浜のお店に行くとか。

ここの新発売と書いてあった
モッツアレラチーズとプチトマトのパンが美味しそうで
これを人数分3個とあとは1個ずつたくさん買って
熱々だったこのモッツレラの分、ちょっとお味見したくて
カウンターで夫と半分こ

ドロ~リんことチーズ流れ出る。。熱々~。。美味しい~。
もうあと3個追加で購入した程のすぐれもの。これ、お奨めです♪



その後自転車で散策しながら

雰囲気のとっても素敵なレストラン発見。何の知識もないまま鼻まかせで選んだお店
ここは_軽井沢でも有名なお店だったみたいで美味しかったです。

ベーカリー&レストラン 沢村

お奨めは何ですか?と尋ねたら、、ハンバーガーとの事

それでは、それを1つと
お隣のテーブルの方が食べていらっしゃった生サーモンのグリルに心惹かれながらも
夫が「ビーフシチューがある。。」の言葉でそれに。

__夫はビーフシチューとかタンシチューに反応する。
  私も魚好きだけどビーフシチュー、タンシチューは別格


ハンバーガーだから軽井沢ビールを。。と思ったけど普通のビールしかなく
それでは、、、と

ダブルミントのモヒートの文字に惹かれてモヒート

ラムをベースにライム、
グアムで飲んだモヒートが美味しかったもので
それ以来、モヒートファンに。

注文したものどれもこれも美味しくて、ここが有名店である事に納得。
パンの美味しさを始めとして
ハンバーガーの大きさとそのお肉のジューシーさ。肉の質とグリルの塩梅
付け合わせの皿から溢れんばかりのフライドポテトのからり具合
シチューのお肉のホロホロ具合。。どれも嬉しいランチ時間


その後お腹はいっぱいなのに
軽井沢ならば是非行かなければの万平ホテルでスイーツのお茶時間



ここまでで
軽井沢到着11:30から、、、~15:00の時を刻み
(ほとんどが食べている時間にもかかわらず、あちこちの別荘を見て回って
 「ここは隠れた紅葉の名所ね~」京都にも負けないトコロをいくつか発見)


結構短時間で軽井沢満喫


さあ、
ここから何をしたかは次回へ__________








[PR]
by kimanba | 2018-11-03 09:48 | Trackback | Comments(2)

500円の牛タン定食🎶


フルムーン話の途中ですが
2週続いての法事で先週は千葉、今週は福岡に行っていました。


福岡の家はここ数年
水道管破損の為に水が使えない状態での過ごし方
ブログに詳しく書いて来ました。....ので略

贅沢にも2ℓ入りの市販水を生活水に使いながらの
(大事に使いながらのサバイバル生活のような)滞在でした。

以前に書きましたが
私が福岡の家で何が好きだったか_と言えば


思い切った処分を断行して道場のようにしているスッキリした家


そこでまず行くのはバスルーム

浴槽に水をどんどん貯めながら、バケツで掬う
その水で
まずあらゆる廊下の拭き掃除をする事。
フローリングの部屋も拭き、畳の部屋も拭き、年に2度私が働き者になる日でした。
(もう1度は、あの私恒例の年末の涙の大掃除 あはは)


現在の暮らしでは
情けない程の檻(おり)を溜めた(恥ずかしながら)荷物だらけの生活
モノのないスッキリしたトコロを掃除するのは快感なのでした。


水道使えない暮らしはもう限界でした。
去年も何回か調べて貰っての修理試みましたが失敗。
今回は本格的に
家の周りを大掛かりに掘り起こしての取り組みして貰ってやっと!
原因が解って水道使えるようになりました。
(隣に建つ家_これを数年前解体したのですが、
 メインの水道管にキャップして安心していましたがサブ水道管からダダ漏れしていたとか)


生活の中で水はとても大切なのだとしみじみ
水道使えるようになったのに、ちょっとした分を洗う下にバケツ置いている私

         .........................以前の癖が抜けきらない。。ふふふ


これまで出来なかった拭き掃除 やっと出来て嬉しくて
その勢いで仏壇まで全部拭いて、仏具も1つ1つ磨いて
(これまでやった事もなかったバチあたりです)

たくさんのご先祖様方々。。
バチあたりと言いながら、何か良い事あるかも~ルンルンと思っている私




今回の福岡行きで____

これから博多駅に行かれる方にご報告の驚きの美味しい情報です。
以前から気にはなっていた駅地下食堂街の長い行列

タン料理専門店たんやの朝定食

凄いなと思いながらも朝は食べて出ていたからスルーしていたのですが
今回はバタバタ出たから新幹線で軽くサンドイッチをつまんだ程度
今朝は列も短いし、、食べよう♪

もうびっくり!でした。


絶妙の味付けされた塩コショウの牛タンが6枚。7枚だったかな?
胡瓜と人参キャベツのさっぱりサラダが結構タップリ。
厚切りタンがゴロゴロ3個入ったスープ。麦ごはん大(お代わり無料)


これで500円なのですよ。。
_______これまで生きて来て一番安い!と思った定食でした。


とろろと卵つけても+93円 あり得ないでしょう?長蛇の列の秘密解りましたよ。

美味しかった~♪です。店員さんもみなさん感じ良くてね~素晴らしいお店でした。











[PR]
by kimanba | 2018-10-28 17:24 | Trackback | Comments(4)

計画だおれ


上手に使いこなせたらこんなに良いチケットはない__と


フルムーンチケット 今回初めて使っての感想です。
今、悔いが多く残っているからこそしみじみ実感しています。


金額面だけ考えてもグリーン料金も考えたら東京往復で充分お安い。
その上
「日本全国どこへ行ってもいいですよ~」という夢のようなお言葉
この解放感がたまりません。....私の大好きな言葉



だから最初は
「わあ。。函館だって5時間30分で行ける、、って
 列車で行ける距離だったなんて。。行ってみる?」
な~んて、話だけは盛り上がっていたのですよ。あの頃は楽しかった。


でも
結局は私達____東京往復と軽井沢に行っただけ
(帰りに小田原で降りて箱根には行ったのですがそれはフルムーン使えないエリア)
そんな使い方しかできなかったのですよ~、、
せっかくのチャンスだったのに残念残念でたまらない。

それにしてもフルムーンチケット_よくした仕組みになっています。
だって、
夫婦の合計年齢88歳って
若い頃ならバリバリ使えるけど、その頃は仕事忙しくて行けない。使えない。
やっと行けるかな~の頃は、、二人共が元気とは限らない。
今回それをしみじみ実感でした。

我が家の場合は
私は元気だけど元気過ぎる位だけど、夫が_足に不具合抱えていて
日頃の暮らしでは
車しか使わないから全然表に出て来ない不具合なのですが

とにかく!東京駅は広い。どの駅も移動だけで大変で、、、


両親が昔、やはりフルムーンで我が家に来て
「この人さえいなければ、もっとあちこち行けたのに。。」
父がハードスケジュール嫌いな人間でしたから
母が愚痴っていた事を アハハと思い出しましたよ。


1人では使えないチケットだから、、
どこへでも行けるのに_というその特典が、
かえって損した気分に繋がって

「おぶってあちこち行きたい気分よ~」 娘が笑う笑う




こんな私の姿勢が夫婦喧嘩に発展

日頃は怒らない夫、何をしても怒られた事ないのに

2日目・・軽井沢に行く朝
娘宅の駅で、どこででも新聞買う夫が
「新聞買っていい?」と言うから「いいよ~」

ところが、改札の表示に列車が5分後
駅横のコンビニ入っていた夫を大声で呼び戻す

更に
夫の足の為と思ってだったのですが
エレベーターに乗り込む人達見てエレベーターが楽だと
階段を上りかけた夫を呼んで乗り込む。。


この2つの出来事で夫
「僕は、急かされて走らされる事が辛い。
 階段がイヤなのではないんだよ。ゆっくり自分のペースで歩きたい。
 君との旅行は、、無理だな。
 .........僕はもう帰るから家の鍵を渡して。」


ひぇ~。。

勿体ないなんて概念は昔からない夫
フルムーンチケットなしで自分で帰る気満々。
それじゃ、、、私だって帰りは自分で料金掛かる帰り方しかできない。。

もう全力で阻止するしかなく
駅ホームで抱き着いて止める私~。。あはは


確かに私、、何を急かしていたのだろうと反省。
5分毎に列車は来るのに、、ね。
そんなこんなで_やっと帰る事は止めたのだけれど

「こんな後に軽井沢に行く気分じゃないだろう
 君も面白くないだろう........?」
と言う夫に


「いや大丈夫よ!私切り替え早いから。」.....と軽井沢へGO










[PR]
by kimanba | 2018-10-25 10:16 | Trackback | Comments(2)

フルムーンチケットで、、、


すっかりお馴染みになってしまいましたご無沙汰___

今回は中間テストがあったもので、その準備から始まった事なのですが


テスト期間は複数の学校の生徒が在籍しているために
微妙に時期がズレながら2週に渡る事がほとんどなのですが
ところが今回は1校だけが早くに終わって
残りの学校がギュッとまとまってのテスト期間。
遅く開始の国立大附属は今週なので、、わあ。。旅行できるかも?


ずっと以前のブログには書いたか?どうか?
最近のコメント欄では話題になった≪お墓≫問題


私の実家のお墓は______

父が「家から近いトコロが行きやすいから。。」という理由で

近くのお寺さんの境内に建てたのですが.....................


我が家は浄土真宗なのにそのお寺は日蓮宗のお寺さん

  もういろいろあったようで以下略




妹のつれあいが去年
実家が山口なのでやはりお墓参りが大変だからと千葉に新しくお墓を
とてもオシャレな西洋風の墓で

○○家とかではない言葉が刻まれた墓標__なもので
そこにうちの分を入れようという事になっての
お墓の始末とお墓入れの儀式が10月20日に予定されていました。


私と夫は土曜日朝一番の飛行機で行く予定だったのですが
うまくすれば木曜日の授業の後に行けるかも。。になったのです。
仕事人間の夫も木曜日から休めると言うし

だったら!
一度使ってみたかったフルムーンチケット使ってみようか?
(私の両親はこれが発売されてすぐ位からこれで全国を旅行していました。
 だから良いチケットだなとは思いつつも
 私は無理しても仕事休むけど夫は仕事休まぬ人間だから
 使えぬままにここまで、、だったのです)



早速のチケット使い始め
早くに座席予約していれば問題なかったのですが
仕事の関係でいつ変更するか判らず当日予約にしました。

木曜日
私はテスト中の生徒が11:30から来て2つの授業14:30終了。
夫が先に駅に行って列車の座席予約して。。の予定だったのに


私が急いで駅行ったから約束の時間より早く到着はしたのですが、、
夫__まだ駅に到着していない! 切符は夫に預けているから私では予約できない。
(いつもは約束の時間の10分前にはいる人間なのに
 留守する家の後始末で時間ちょうどに到着)
 こんな時に。。むむむ

.....座席予約どうなる? 案の定満席で次の便は1時間後

ちょっと前に満席になったと聞けば尚更夫に腹立つ
会った時からぐちゃぐちゃ文句を言っていた私に辟易していた夫

次の便ももう満席に近く
通路はさんだ2つになってしまいますがと言う駅員さんに


「大丈夫です大丈夫ですよ。
 何ならもう、、もっとずうううう~っと離して貰いたい位で」




駅員さんクスクス









[PR]
by kimanba | 2018-10-22 09:25 | Trackback | Comments(4)

関西発と東京発ツアー気質


今回の旅はフリータイムなかったばかりに
現地の人とは誰とも誰とも接触する事はできず
その部分での書く事は何もなくて大変残念な結果に終わってしまいました。


ツアーの人とも__

前回や前々回そのまた前とか、素敵な人達との出逢い満載の旅でしたが
今回も................
16名のツアーで、みなさん良い人達ばかりで。。
気持ちの良い方々揃いで
和気藹々での楽しいツアーではあったのですが



う~~ん。。

なぜなのか? 
今回はどの方とも深く関わる事をしなかったのですよ。


特に飛行機の座席が前後だった美男美女のご夫妻なんて
とっても好意的で、興味も持ってくださって、、ではあったのですが
あまりに清らか(?)なご夫妻で、、、
こんな表現っておかしな表現ではあるのですが、
あまりに清らか_としか言いようがないご夫妻で。。


箱入り奥様という雰囲気の奥さまをやさしくサポートなさる素敵な旦那様
(表面的に捉えただけで断言してしまうのは失礼なのですが
 そんな薄っぺらいものではないだろうとは思いつつも
 こういう雰囲気を醸し出せる事に対して敬意!のご夫妻でした)

毒が全然ない方々は傷つけそうで怖い。。と..自粛


____こんな事書いたら、
あの中欧の旅でご一緒だったあのご夫妻が
「じゃあ私達夫婦は何なん?」怒られそう~ふふふ



他の方々もみなさん穏やかで素敵な方々だったのですが
これまで
関西発のツアーばかりで賑やかだったのですが今回は東京発
違いますね~雰囲気が。。
東京発は・・おとなしい?かな~笑


今晩の我が家の夕餉の膳
ちょっと贅沢ながら金目鯛の煮付けでした。
立派な金目鯛を見て、、ツアーでの事思い出し~の食卓・


4人テーブルでの食事がほとんどでしたが
時に長テーブルの時があって、その時私・・・


以前ブログにも書いた
無人島に魚1品野菜1品持って行くとしたら何を?

これを訊いてみたのですがこれが結構盛り上がって

カボチャと答えられた奥さまにご主人がショック受けられて
「えええ~。。カボチャは僕は苦手だから
 カボチャを持って行く人とは一緒に暮らせない。。」
なあ~んてあはは 


仲良しのご夫妻だから言える事。
出張でよく来たドイツを奥様にも♪の素敵な目的での参加だったのですもの。
一方では
奥様の方がお友達やお嬢さんと何回かいらしたスイスに今回は
ご主人様をの目的の方もいらっしゃって微笑ましい仲良しご夫妻揃い~

もうお仕事リタイアされたばかりの方々でもあったのですが
こんなお盆休み真っ只中のツアー

「この時期のスイスがやはり1年中で一番良いなと思っていたものですから
 この人にはそれを見せたくて。。」


そう仰る素敵な奥様でした。この奥さまが金目鯛と答えられたな~ニコニコ


そうそう
あの美男美女のご夫妻は
旦那様がきゅうりと答えられて奥さまがトマトと答えられて、、
な~~るほど。。お似合いのご夫妻。。と妙に納得&感心










[PR]
by kimanba | 2018-09-30 20:25 | Trackback | Comments(0)

ザワークラウト



もう少し旅話続けます。

前々回_
こんなちょこまかした話しか出来ない
フリータイムほぼ皆無の旅は話題に乏しい旅ではありました。

と書いた話題乏しきローテンブルク…



またまた過去話を持ち出してしまうのですが
今でも忘れられない思い出があります。


ガイドブックで見た時から興味津々だった酒屋さん経営の現地レストラン
自由時間に
急いで走って入ったあのお店。あれが楽しかったのですよ。


入ったはいいのですが_さあ、困った!
メニューはドイツ語です。判らない。。。



マップル掲載の
ワイン専門店での5つのワインの飲み比べ
あれをするつもりだったのですが

???それがメニューのどれなのかチンプンカンプン


えぇ~い!指差しドイツ語ならぬ指差し日本語&写真

    
日本語で書いてあるガイドブック開いて
そのお店掲載部分を示しました。

    


「オォ~、、テイスティング?!」・・通じました。万歳♪



そのセット2人前とフランクフルトソーセージを1人前注文。



運ばれてきた試飲セットのワインの量にビックリでした。


大きな籐の手カゴに5つのワイングラスが入って
1つ1つのグラスに注がれた微妙に色の違う5種類のワイン。

ティストの量ではありません。なみなみ。
太っ腹タップリの量にとにかく驚く

    
それぞれのワイン名と特徴が書かれたドイツ語の用紙もあって

これで確か日本円で1セット700円位でした
...........................今でも信じられない夢のような金額。



もう1つ注文したフランクフルトソーセージが
これまた、またまた優れもので
1人前なのに

巨大バナナ位の大きさの2本の白いフランクフルトソーセージ
熱々にボイルして焼色つけて炒めてありました。

更に_付けあわせが
黄色い巨大ジャガイモ2個を丸々粉ふきにしてあるもの

そして
これぞドイツ!のザワークラウトがタップリ~
                    
(それまで私、ザワークラウトはちょっと苦手でした。
 ところがこのお店のコレがとても美味しかったのですよ~
 まるであめ色に炒めてあるような色と口触りで
 酸味もあるけどホンノリ甘くて、、
 それまで食べたザワークラウトの中で一番美味しかったのですよ。
 あれで私、あれ以来私、、
 ザワークラウトはちょっと甘さを足して作るようになりました)





あのレストランのある通りには魅力的なお店がいっぱいあって
娘はあそこでランプシェードとか
カーテンにした生地(北欧テキスタイルに対しての南欧テキスタイルとも言うべき)
オリーブの葉や実をモチーフにした図柄の色も明るい素敵な分
クッションカバーとかも購入した店とか
(その後のパリでもマルシェでリネン類を大量購入。布買い出しの旅みたいでした)

あれが、、あの懐かしい店店がどの通りだったかが判らず。。。。むむむむむ
結構地図には強いから あの辺りだった~と
すぐ判ると思って昔のガイドブック持って行かなかった事後悔

..........思い出を、、なぞりたかったのに。








[PR]
by kimanba | 2018-09-27 08:50 | Trackback | Comments(0)

ローテンブルクの夜


城壁の中の町ローテンブルク

初めて行った時は_綺麗でおとぎの国のようで見るものすべてが新鮮で
あの時は数時間だけの滞在だったにもかかわらず
印象深く思い出深く。。
あの町で購入した__あれもこれも、、今でも手元にある数々
しっかり思い出せる思い出深い場所でした。

今回は!
その城壁内のホテルに宿泊するって、、わあ
娘が一番羨ましがったシチュエーション

今回は宿泊するのですもの☆さぞやたくさんの思い出できるだろうな~

____________思っていたのに、思っていたのに、


考えてみるに
夕方到着して次の日の朝出発するのですから
ほとんどのお店は閉っていて_
むしろ
短時間滞在ではあっても
昼間に数時間の自由時間あっての旅の方が書く材料には溢れていたなあ。。と感慨無量


夕方到着後_みんなで町を説明を受けながら巡って
その時はまだ活気溢れる町だったけど勝手に一行から離れるわけ行かず。。
みんなで巡った割には
あの一番の観光スポットの市庁舎には登らず、外から見上げるだけ
(一番の絶景ポイントで中世がそのまま残された景色が一望の場所)
盛り込み一杯のツアーの筈なのに、、大事なトコロは外している。。


とにかく
そうやってみんなで移動して夕食済んだ時点ではすべてのお店が閉っていて。
ここは通り過ぎる町だから
夜は人っ子ひとりいない。。町は静まりかえっている。


あの夜起こった出来事は___小さな小さな出来事だけで

妹だけの一人事件(?)が私の知らないうちに起きていただけ。
妹__
私のバスタイムの時間にちょっと外出たようで
帰って来た時にはホテルの玄関の鍵閉っていて呆然。
                                             
ツアー最初のホテルでは
部屋のカードがないとエレベーター動かない仕組みだったから
妹がちょっと1F降りた時に
カード忘れていたら、、と心配してロビーに降りた私
妹は_それを思い出して私が来てくれるかと思ったらしいけど
私はまさか玄関の鍵閉るなんて思ってもいないから
のんびり外を散歩しているのだろうな~と全然心配せず。

もう、、門をよじ登って、、と思っていたトコロに
(私達の部屋が角部屋で外のテラスが1Fの野外レストランに繋がっていた)
喫煙の為に外出て来た宿泊客に救われたという顛末。だけ



夕食後に
妹と未練がましく灯りだけはある閉ったお店のショーウインドーを見て回ったり
(日本のシャッターで閉めてしまうお店とは違い
 日本の電気節電で真っ暗になるショーウインドーとは違い
 ヨーロッパはディスプレーを深夜まで街行く人に楽しんでもらおうの姿勢)

城壁に登ったり、、

そんな事をしていると
添乗員さんのお買い物行に遭遇(夜ビールを飲みたいというツアーの人案内中)
ちゃっかり一緒について行って
その時
早朝から開店するスーパーを教えて貰って

これがとっても大正解!のスーパーで、たくさん買い物したトコロ
あのおしゃれエコバッグもここで購入。旅行最終日の早朝行きましたよ。

朝食前に近所散歩しながら、7時の開店前に、店の前に。

ここもショッピングセンター内のスーパーだったから大きなスーパーでした。

ショッピングセンター全体の管理の方が_外で待つ東洋人2人を見て
開店5分前に開けてくださって

....... これに対して、後で話した添乗員さんがかなり驚かれて

「それは、、、あり得ない事です!!
 ドイツはとても時間には厳格で開店前に入れてくれるなんて。。」

「私が、、可愛かったからじゃないですか?!」と、シラ~っと言う私。あはは



とにかく

ここがとても優れたスーパーで、買って帰れないのが残念な
賞味期限近い商品のお安かった事!
(季節が夏!が恨めしい。。)

ただでさえヨーロッパのチーズのお値段に驚いている私に
あり得ないお値段がついたチーズ、、、握った手が離せない~笑


離せない手は離さない
。。
なんとかなるべ


1つだけチーズを持ち帰りましたよ。びっくりのお値段。
多分日本の10分の1


勤勉なドイツ人____
みなさん早朝から活動なさるらしく、どのお店も朝の開店は早いのですよ。
ブティックも早くに開店していてびっくり!
前夜、ショーウインドーに額ぴたんこで「いいな~」と眺めていたシャツ
わあ。。出発前に購入できるなんて。。とびっくり


とにかく、、、こんなちょこまかした話しか出来ない
フリータイムほぼ皆無の旅は話題に乏しい旅ではありました。








[PR]
by kimanba | 2018-09-21 13:04 | Trackback | Comments(2)

山でお買い物


昔は__ちょっとだけではありますが登山やっていた時期もあるもので

新田次郎の山岳小説読み漁っていた時代があります。
面白くて読み終わるのが惜しい感覚。
小説の中では私・・何回も遭難して何回も雪洞ビバークもして、、ね
次々読んで行って
日本の山も外国の山も、、ずい分登った(?)ものです~笑
あんなに本を読む事自体が楽しく待ち遠しかった_はありませんでした。
.................ああ もう読み終わってしまってもうない。。のあの寂しさ
何人かの作家さんで経験して来たあの想いは、、とても寂しい。



              
ツェルマット着きました。

登山列車からの・・
雄大な息を呑むような次々繰り出される景色迫力ある風景は、、
標高3000m以上の展望台からの360°のパノラマは、、
マッターホルンのあの独特の姿形は、、
画像なしの悲しさでお伝えする事ができず残念です。


記憶って、、曖昧なのだなと思った事が___
ゴルナーグラード展望台から下の雪原を歩いた記憶があったのですが
そんな、、雪原へ降りる場所なんてなくて
あれは私の記憶すり替え?だったのでしょうね。。鮮明だったゆえに驚!



そして
これは記憶の違いではなく昔と違っていた事は・・・
あの有名わんちゃん
ヨーゼフ君のようなセントバーナード犬が名物だったのに
彼と一緒に写真撮影する為の台まであったのに、
       
わんちゃんと一緒の記念撮影に料金が掛かるだけでなく、
わんちゃんだけを撮影しても料金請求される。
首からぶら下げたブランデーの樽に料金入れる。。


その彼がいなくなっていました。
私よりずい分前に旅行した友も話していたわんちゃんだから
結構長い間山頂の名物犬だった筈なのに
.....................動物保護とかで問題になったのかな?


ただ
ゴルナーグラード展望台のお土産物売り場のビクトリノックスは最高でした。

男の添乗員さんなのに結構お土産の経済性にも配慮あって
その展望台に置いてあるビクトリノックスの小ナイフ
これがお安くてとっても良い!_と教えてくださって
....すぐ走る私。


ビクトリノックス
今回のお土産はこれ!と決めていましたから
結構あちこちで見たのですがそのリサーチの結果
やはり、
ビクトリノックスはスイスで購入が一番でした。スイスフランのレートが低い事も大。

私‥アーミーナイフ4本と小ナイフ6本買ったのですが
この展望台が一番種類も豊富で廉価だったと思います。
一番小さいナイフなんて400円位でありました。





次の日はもう1つの山で、

そこは初めてなので期待していたのですが、ましてや、
その展望台レストランでの昼食なんて、、素敵~♪だったのに
(ガイドブックにある写真。雪山迫るトコロに張り出したデッキでの食事
 あのヘプバーン映画のあの1シーンも頭にあって楽しみだった、、のに)

期待が大きかった分

勿論、確かに、景色は素晴らしかったのですが、、、、!
登山列車ではなくケーブルカーで登って(?)、、アッと言う間もなく着いて
そのハーダークルム展望台がある山自体が何の変哲もない山で
ただ、
周囲の山の展望の為に空中に大きく張り出して作られているでっぱり(?)
これは見事ではありました。

スイス二大名峰ユングフラウ三山観光 と書いてあるのは
その三山を遠くから眺めるという分で
その三山がよく見える山に登る__という分だったのでした。
確かに、、
ユングフラウ三山観光..嘘ではないのだけれど
ユングフラウという文字を目にした時から
勝手に登るものだと思ったこちらが悪いのではあるのですが
大きく肩すかしくらった気分。。でありました。

あれは、、いくらなんでも遠すぎるやろ~










[PR]
by kimanba | 2018-09-19 09:03 | Trackback | Comments(2)