人気ブログランキング |

気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 229 ) タグの人気記事

添乗員さん お元気だろうか?


ポルトガルの映像観るにつけ..早く行かなくちゃ_の
(次回は1カ所に留まって、まったりしたいなの)リスボンなのですが。。

コロナで国外との行き来は当分は、、
かなりの期間の当分 認められそうもありません。
海外に嫁いでいらっしゃるとか海外赴任の方とか
止むに止まれぬ事情とはまるで違う
「行きたいなぁ」なんて能天気な気持ちで言っている私..怒られそう。。


コロナの影響による閉店、閉業、相次いでいますが
先日のフォーションには激しく驚きました。
(レ~ナウンレナウン娘が、、のレナウンの倒産は個人的には一番の衝撃でしたが)
コロナ禍のもの凄さをあらためて感じたニュースでした。
でも
旅行関係が一番酷い事になっていますよね.......
ある意味全業種の中で一番の被害を蒙った1つが旅行社だったと思えます。
特に、その中でもツアーの添乗員の方々やガイドの方々。。
どうしていらっしゃるだろうと_
ツアー添乗員のどの方々からも良くしていただいたなぁと、
こんな事があって思い出すと、結構みなさんの事をよく覚えていて
おひとりおひとりを今、懐かしく思い出しています。

添乗員さん達・・旅行者の社員の方々とは違うお給料体制になっている、、と
(これは、
 ポルトガルのツアーでの添乗員さんとひょんな事から一緒に街歩き
 ティーサロンでのひととき ちょっとあれこれお話させていただいて知った事でした)



ポルトガルツアーの添乗員さんが素晴らしい添乗員さんで
以前、、スペイン旅のあの美しく凛々しく完璧な添乗員さんを
「プロフェッショナル 仕事の流儀」に推薦したいと書いたと思いますが
今回のポルトガルの旅の方も、職業意識に徹してしかも!さまざまな事柄に詳しい。
痒い所に手が届く_の添乗ぶりを遺憾なく発揮なさった方でした。
50歳の男性添乗員さんで、、声が徳光さんにそっくり!♪
あの立て板に水の徳光アナのように、解説が流暢で耳にも心地良くしかも優しい方でした。
ツアー客にもファン多く。。追っかけに近い方々も~笑
普段はアフリカの旅の添乗が多いと仰る添乗員さんに
「次回はアフリカ行きますから日程を教えてください」の方も続々 パチパチパチ


そんな優秀な添乗員さんとの楽しかった旅も、もう明日で終わりの
リスボンでのフリータイム。


「あそことあそこは行こうね。あとは気の向くまま~」の私と娘

早々にみなさんと別れて
絶対乗りたかったケーブルカーで街中が見渡せる丘の上に行って。。さて次は_とメトロの停留所
........... の私と娘をわざわざ追いかけて来て下さったのが、かの添乗員さん。


フリータイム前に、有名ドコロを巡るメトロがあのケーブルカーの終点近くから出ているかどうか?
それを確認しての出発だった私達母娘
どうやらそこからは出ていなかったようで、、それをわざわざ伝えに来てくださった添乗員さん


「ここからはその路線の分は出ていないみたいで。。」と汗を拭き拭き息を切らしながら
添乗員さんの後ろには、添乗員さんファンの2家族が。

「いやいや気楽な街めぐりですから
 何にでも乗って途中で乗り換えしてあちこちへなのですから大丈夫ですよ。。」


なのに
「僕も久し振りのリスボンだから、ちょっと街歩きしたくなりました」と
ついでに、リスボンの見どころご案内しますよ。。__と
(フリータイムなんて唯一添乗員さんの息抜きの時間であったでしょうに)
一緒に《解説付きで!》巡ってくださったのですよ。

わぁぁぁ。。この幸運な3家族は
「これはオプショナルツアーと一緒。絶対これは¥12000コースだわ」の街歩きでした♪
ティータイムで入ったケーキ屋さんで
↑に書いたような、
かなりの踏み込んだ話もあっての、時間を忘れてしまったひとときでした。





【リスボンの街歩き】映像編出発~♪🚋

『バスにも』
https://www.youtube.com/watch?v=AQ3O3EwrxfE
バス走行映像
https://www.carris.pt/descubra/frota/autocarros/
運営会社Carrisの公式HPよりバス画像

『ケーブルカーにも乗りました』
https://www.youtube.com/watch?v=8iy8sRQvrSg
1:05~ケイブルカー映像

『その狭い道をトラムが走る
「家の軒先に当たらない?」という芸術的な走り方』
https://www.youtube.com/watch?v=x9p8MqVBRFY
12:50狭い道
https://www.carris.pt/viaje/carreiras/28e-martim-moniz-prazeres/
↑映像のトラム28Eの路線図

https://www.youtube.com/watch?v=H42VVP7SpY0
急こう配の路線のトラム:前後の車高が違う&狭い道幅でも2車線や!
正確には、これはトラムと違ごてリフト扱いらしい・・・

『公共の乗り物が安かった。確か、1日チケットは¥700位』

【Viva Viagem Card公式HP】
https://www.lisbonguru.com/viva-viagem-card-metro-bus-tram-ferry-train/
【1日チケット・映像ガイド】
https://www.youtube.com/watch?v=a3eNpZnGy8E
(他の映像とかなり重複になりまふ)

『展望台へのエレベーター』
https://www.youtube.com/watch?v=e5b0JUoukRk

『展望台のエレベーターに乗る人達の長蛇の列が何重にも伸び』
https://www.youtube.com/watch?v=IuxFKiUtarc
0:43長蛇の列映像



https://www.youtube.com/watch?v=IDhxzBR5o4A
モダンなトラム映像

『その狭い道をトラムが走る』
https://www.youtube.com/watch?v=L09q5AO7jSk&t=124s
トラム28E夜間走行 6:30~7:20狭い道



>駐車した車がちょい当たって通れないトコロがあって

それっぽい映像探し出して来ましたで~

https://www.youtube.com/watch?v=mZA63g2va_I

0:20~0:40駐車した車のドライバー待ち映像
0:58~1:08 事故? これ以降はサイクリング映像になります



https://www.youtube.com/watch?v=6Ve-KZ1mC0U&t=142s

5:48~5:54 走行妨害してる車の移動待ち映像

https://www.carris.pt/viaje/carreiras/24e-pc-luis-camoes-campolide/
トラム24Eの路線地図











タグ:
by kimanba | 2020-06-28 13:38 | Comments(0)

リスボンの街歩き&自転車話


ポルトガルのスーパーの・・・
お安く美味しい缶詰と果物とワイン..etc

一時期、海外移住はポルトガル!特集あった事を思い出します。
移住先としては東南アジアが人気ではありますが
ポルトガルは、、しばらく暮らしたい国です。バルセロナにも~♪

海外の街に行くと、必ず行くのは_何回も書いていますが市場とスーパー。
必ず乗るのが公共交通機関です。
それと、
自転車で街歩き楽しんだものですが今回のポルトガルは自転車なしでした。



リスボンでは・・・・・
駅全体が美術館の地下鉄だけでなく
トラムにも
バスにも
ケーブルカーにも
乗りました。満喫~♪

リスボンは坂の街。長崎によく似ていてびっくり!の、並みでない坂の街でした。
建物が建て込んだ狭い急な道ばかり、な・の・に 
その狭い道をトラムが走る
「家の軒先に当たらない?」という芸術的な走り方をしていました。


信じられない急斜面の街と、信じられない狭さの道と
だから、
あちこちに急斜面を登るケーブルカーがありました。
「絶対 ケーブルカーには乗りたい」と思っていたから嬉しかったなぁ。



ポルトガルの物価・・ワインや果物筆頭にどれもこれも安かったのですが
公共交通の代金も!安いなぁと思いました。公共の乗り物が安かった。
確か、1日チケットは¥700位
トラムも地下鉄もバスもケーブルカーも、どれもこれも乗り放題。びっくりでした。
そのチケットで__
街全体を見渡せる展望台へのエレベーターにも乗る事ができました。

バカにしたような表現ですが『火の見やぐら』位の高さしかないのですが
街に高層ビルはないのですから
多分充分の高さなのだろうな~の展望台なもので
リスボンでは東京タワー!のような感覚なのですから
展望台のエレベーターに乗る人達の長蛇の列が何重にも伸び、
__これに乗る為の待ち時間考えたら《旅では特に時は金なり》
心折れ、展望台に上る事は諦めたのですが 
これも入っているという1日チケットの威力には驚きました。
こんなにこんなにしていただいていいの?の何でもが満載のチケットでした。


カード代金が1€ですからカード捨てなかったら次回は¥600弱で利用できます。
次回がきっとあると思って持ち帰りましたよカード♪..早くまた行かなくちゃ ふふふ


自転車乗れずに残念とは思わない位坂道だらけだったのですから
ポルトガルの旅に自転車なしは正解でした。
でも、、自転車って結構な威力があるもので

数年前の横浜の旅で、
ホテルのチェックイン時に自転車で来た事伝えたら
あの時のフロントの方がエグゼクティブルームにランクアップしてくださいましたが
今回の
あの先日の贅沢1泊の時も____
ホテルの宿泊者でも、そのホテルの駐車料金は¥2500
「勿体無い。。」と、
私は公共交通機関で(歩いても5,6分だからいつもは歩くのだけど、あの日は暑かったから)
夫は自転車で。
今回は私、気取っていたのですよね。エグゼクティブルームだったから。ふふ
ホテルの方が「お車は、、、」と仰った時に、
否定だけして、要らん事は言わなかったのに
夫が・・「自転車で!」と高らかに~。。ああ恥ずかし
すると、、、、
あの横浜と同じ現象が。。彼女に笑顔が広がって~
ホテルウーマンさんは自転車がお好き?
宿泊者特典のホテル内レストランお食事処スカイラウンジetc、、
全部に有効な15%OFF券を
ご近所だから別の機会にもお使いください。。と、
わざわざ取りに戻ってくださって、日付なしの分をもう1枚♪

でかした夫!(いつもは、しでかす夫なれど)










タグ:
by kimanba | 2020-06-24 10:58 | Comments(17)

ポルトガルの缶詰



さて今日は______ポルトガルの食のつづきで缶詰



食の回のNTさんの映像で「これ!これ!」と思ったのが
___缶詰___でした。

私も・・しっかり、ちゃっかり!缶詰は買い込んで帰りましたよ。
並みでなく買い込んだ~笑
ポルトガルは缶詰!だと、、これは行く前から知っていた事が大きかった。
先日の《マツコの知らない世界》もテーマが缶詰で.....
ポルトガルの缶詰教えてあげたかった位~ふふふ




ポルトガルの旅なれど
ツアーの最初の宿泊地はスペインのサンチャゴ そこから始まったポルトガル縦断の旅...
        (日数経ってブログに書くって、却って正確です。
         普段はうろ覚えのまま書く事多いけど、今回は日程表見ながらふぅ~ん)




2日目の宿泊からがポルトガルでした・・ポルトです。

ホテルのすぐ傍にスーパーがあって
ホテルの部屋に荷物置くやいなやすぐに
私の旅の一番の喜び・・スーパーへ♪
学生時代の友人から「ポルトガルは缶詰」教えて貰っていたからすぐ探索

びっくりびっくり

見るからに美味しそうな缶詰の数々。どれも箱入り 
缶詰が秀逸
外側のパッケージと中身は違うだろうな~。とは思いつつも
あまりに美味しそうな 烏賊と蛸の缶詰
他にもイワシ、、サーモン、、パテと、、種類豊富な缶詰の数々

_____ 美味しさ満開の缶詰のパッケージ

日本の缶詰会社もみんなこれ真似すれば良いのにと思った位
とにかく 
食指を動かすに充分なパッケージの数々の魅力的だった事。

それなのに、、、廉価

納得いかない位のお安さで___ありえない
内容物への不信感が湧いてしまう位のそんなお安さ。
だけど、、しっかり!信じました。絶対間違いない。
入国以来のポルトガルの人達の人の良さとか温かさとか....
あれ知っているから、、
パッケージに嘘はない!に違いない。。の確信


缶詰なんて重い物は最終日が鉄則

旅の初日なのだからと己に言い聞かせつつも
あまりに美味しそうなパッケージとその安さに
「.............」 しばし黙考。。そして「これ、、買うべき!」の結論


旅の初日に缶詰なんて重い物は、、と見送ろうとしたのだけれど
いつもの買い物の神様が降りて来て
「ここが、買い時買い場所」..と囁く

大好きな烏賊と蛸のさまざまな調理法の缶詰中心に
多分、、、計50個位は購入。
ツアーの他の人達も私にならって「旅の始めだけど。。」と言いながら
次々大きなカートに入れて行き
あのスーパーの棚から、烏賊・蛸缶詰は消えました105.png


「旅の始めだけど。。」の半分躊躇いながらの缶詰買いでしたが
これが正解。大正解でした。
同じ国なのに、、あの缶詰とは二度と逢えなかった。


いろいろスーパー行ったのですが、あの缶詰の数々は2度と目にしなかった。。
缶詰の専門店が何件もあったけれど
どれも高額な缶詰でびっくり
(要注意です。缶詰専門店が何軒もありますが、お安いのはスーパーです)

缶詰専門店________
パッケージも気取っていて、そりゃこの値段ならば美味しくなかったら怒るよ!の分
それに比べたら私が購入した分なんて
奇跡の美味しさと奇跡のお値段
______ あの郊外のスーパーでの自分の決断に拍手パチパチパチ
リスボンのスーパーにもなかったから驚きました。今でも不思議
見慣れたパッケージのように思うのですがね。
「%」のようなマークの「Dio」の製品



調べてみました。あの郊外のスーパー
ホテルがAxis Porto Business & Spa Hotel(アクシス ポルト)でしたから
多分、ホテルから歩いて5分ほどにあるスーパー
Minipreco de Pedroucos(ミニプレッソ)だと思えます。(私の感覚では徒歩3分)




あのスーパーで購入した缶詰は___
息子宅や友人宅や、、とあちこちで喜ばれました。
娘も友達がみんな喜んでくれたと嬉しそうでした。
とにかく美味しい~!のですよニコニコ


まだ我が家に残っています。大事に食べています・・

烏賊の丸ごとトマト味と
蛸のトマト味とシンプル(?)味
イワシのトマト味_______以上の4缶

とにかくどれも美味しいのですよ~。缶詰保つからちびちび食べたい極上缶詰です♪



ポルトガルの缶詰・・もうもうどれも絶品!しかも安価
          (200円以下だったように?300円以下は確か)
          輸入商をしようかと本気で考えるレベル


海外行く度に輸入商しようかな?と考える私102.png
   









by kimanba | 2020-06-19 09:16 | Comments(11)

日本人って凄い!を実感した日


文春・新潮は毎週夫が購入する週刊誌ですが
俗物kimanbaは_
毎日あれやこれ、俗世界でのあれこれで読む事かなわずで山になった週刊誌


下から読んで行って現在に追いつこうとするも
たまには最近版を読みたくもなっての《気ままな日々》です~ふふ

で、、、、、、
順番抜かしで読んだ新潮_これが良かった~!


新潮のゴールデンウイーク号に
作家・数学者の藤原正彦氏の文章が_____


私が一貫して
コロナに対して思っていたり生徒にも言っていた事と結構同じような事を
氏は__月刊文芸春秋(先月号だったかな?)でも論説していらっしゃって
(そうそう!まるでその通り!_我が意を得たりのkimanbaでした)


氏の父君である新田次郎氏___
かの君の熱烈なる読者の私は息子君のしっかりした考え大変嬉しく思いましたが__
この新潮にも
ちょっとだけその藤原正彦氏独自の論説の片鱗覗かせつつ一行抜粋

  テレビは視聴率上げるため、不安を煽るような事ばかり言っています



でも、
今日はちょっと視点を変えて
「へぇぇ。。そうだったのね~」の記述あったもので、
今日は論点そちらに移しての話です。」
この部分がとっても嬉しかったもので転載します。



 幕末の頃、世界中を植民地にしたヨーロッパ人が最後にやって来たのが極東の日本
 彼等は江戸の本屋で庶民が立ち読みしているのを見て
 これはとても植民地にはできそうにない、と思ったそうです。
 ヨーロッパにおける植民地支配の論理は
 原住民は無知蒙味で、自らの国を統治する事はできない、だから
 優秀な我々白人が代わりに統治してあげようというものでした。
 日本に来たら、庶民が本屋で立ち読みしていた。そんな国は世界のどこにもなかった。
 当時、江戸に本屋が800軒京都に200軒あったといいます。
 植民地にする事は直ちに諦めました。
 読書は国防にもなるのです。



いやぁぁぁ。。そうだったんだぁといたく感銘受けました。
江戸時代の方々に感謝です。
そして、、、、、、、
本大好き人間としての私は____これを若い世代にも知って欲しい!
本離れ著しい今現在
本は___国防だけでなく自(分)防にもなると知って欲しい~...のおばば



さて、恒例NTさんによるポルトガル画像
___今回は食がテーマなので楽しいですよ~。。食が第一って、、私だけ?129.png 恥





『そのレストランでのタラ料理の数々の美味しかった事♪
 特にタラグラタン。。美味しかったな♪』
https://www.youtube.com/watch?v=svI1ZJd-jWk
ポルトガル料理15種類:最初の映像がタラグラタン

『リスボンのかの有名な市場での食・・リベイラ市場での昼食』
https://www.timeoutmarket.com/lisboa/en/
Time out Market Lisbon 公式HP

『真ん中に大テーブル。その周囲に無数の椅子
みんなが一緒に、知らない人とも隣り合って食べる飲む』
https://www.youtube.com/watch?v=RdPX2vXdPBU
リベイラ市場映像

『蛸がお奨めです』
蛸料理&タコ・ホットドッグ
http://annie-bishop.com/4-things-to-do-in-lisbon/
(写真6~7枚目)

『ロブスターとか』
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189158-d7247750-Reviews-Marisqueira_Azul_Time_Out_Market-Lisbon_Lisbon_District_Central_Portugal.html#photos;aggregationId=101&albumid=101&filter=7&ff=186786823

『単なる塩焼きなのに。。』

鰯の塩焼きが物凄ぉ美味しそうな映像があったんで
他のんと重複するんですけど、これも加えときまふ
https://www.youtube.com/watch?v=V_yT5d97jBI&t=820s
17:33鰯の焼いたん
21:11缶詰料理屋さん










by kimanba | 2020-06-08 16:22 | Comments(0)

ポルトガルの食


何でもが美味しかった~!♪
ある意味スペインよりも美味しかったかも?の印象が残りました。
........の一例として

例えばタラ____
スペインでは度々登場の食材でもあり量の多さ(とにかく量が多い!)もあって

「もう結構。ウプッ」、、もあったなぁ~


でも今回 

ツアー日程表のレストランでタラ料理をお楽しみ下さいの表記に

......「ん~んタラかぁ。。」だったのですが
そのレストランでのタラ料理の数々の美味しかった事♪

特にタラグラタン。。美味しかったな♪ しかもタラ料理の日は1日だけ。

どのレストランでも

魚介類の中でも私の大好きな烏賊、蛸、海老

これらもふんだんに出てくれて、どれもどれも美味しい。

夕食がホテルでのビュッフェの日もあったのですが

思い掛けずこの夕食が楽しくて(ポルトガルのいろ~んな料理が楽しめました♪)

とにかく種類豊富で、、お味も逸品。レベル高しに驚きました。

某レストランでのイワシなんて、、


単なる塩焼きなのに。。

多分他の味付けしてないと思われるのに、、「美味しい!」
1人にそこそこ大きい分が4匹もあって「食べられるわけない」思ったけれどぺろり
娘なんてお替わりまでして 
計6匹も平らげていた。。「自分でもびっくり!」って言ってた~クスクス



そして、お待ちかね、リスボンのかの有名な市場での食・・リベイラ市場での昼食
真ん中に大テーブル。その周囲に無数の椅子
みんなが一緒に、知らない人とも隣り合って食べる飲む

(コロナ。。あの形式での飲食が魅力的だったのに!今後はどうなるんだろ)

たくさんのお店がその中央の飲食コーナーを取り囲んでいて
私達は自由に注文して、

あそこのお店のこれとこっちのお店のあれと。。と、食べたい分を注文できる楽しさ



しかも!嬉しくなるようなお値段の数々
びっくりするような巨大たこ料理とかロブスターとか
、、、、あああ 美味しかったな。楽しかったな。

蛸がお奨めです。

柔らかい~。。信じられない柔らかさと信じられない大きさと。しかも旨い!




さて、恒例NTさんの好意に甘えまくっての懐かしきポルトガルの映像の数々です。


『近代的な建物が立ち並ぶ地域もあり歴史地区もあり』

https://www.youtube.com/watch?v=Z1H_3LgtyXU
(歴史地区part1)12分39秒の
ドン・ルイスⅠ世橋から川沿いから始まり街中へ
   坂道が多い事がよくわかる映像

『かの有名な世界で一番美しい書店でした』
『小さい駅舎もありました』
https://www.youtube.com/watch?v=eF4BwL_RkFQ
(歴史地区part2)
5:11~5:39本屋
8:36~9:18駅 が含まれている映像)

https://www.youtube.com/watch?v=G2iOAxJ-G_c
(歴史地区part3)

https://www.youtube.com/watch?v=98EtQpcTy1Y
(近代的な建物が立ち並ぶ地区)

『駅そのものが美術館。建造物もタイルモザイク』
https://www.youtube.com/watch?v=g0iB_49IqkA
駅構内のみUP映像

「川のように狭くなったトコロに大橋が架かっていて(ドン・ルイスⅠ世橋)
その橋を..ゆっくり周囲を見渡しながら往復」
https://www.youtube.com/watch?v=8bKAnpAisRw
「ポートワイン工場の見学を案内してくれたワイナリーの解説マン
黒マントに黒い幅広帽カッコイイ人」
https://www.youtube.com/watch?v=2ykXbSMKeCg
(画像がいまいちクリアとちゃいます)

『ワインが信じられない値段でスーパーに並び
(うろ覚えだけど紙パック入りのワインなんて
 1ℓか2ℓ入りで2€位ではなかったかしら?)』

http://www.aaronokada.com/foodanddrink/grocery-shopping-in-portugal/
紙パックワイン画像(上から6枚目)1L€0.69

スーパーのチラシ広告画像:安いワインの値段
https://folhetos.pingodoce.pt/2020/poupe-esta-semana/continental-lojas-grandes/S23/?page=30
€1.64
https://www.minipreco.pt/folhetos/folheto-nacional/folheto-nacional-0406/
€1.99
https://folhetos.continente.pt/2020/06/semanal-s23-yu43/?page=16
€1.99
https://www.lidl.pt/pt/folhetos/promocoes-a-partir-de-01-06/view/flyer/page/14
€1.35

スーパーマーケット映像
https://www.youtube.com/watch?v=le6CyGMdZjs
6:56~ 安いビール1L€0.88の映像










by kimanba | 2020-06-06 15:32 | Comments(15)

坂道と橋とポートワイン


前回の自転車でのよれよれ山登り_

あの勾配
あの山登り勾配に匹敵する位の急勾配だったのがポルトの街の坂道

その途中にあったのが
かの有名な世界で一番美しい書店でした102.png


このポルトという街には何でもがありました。2泊もした良き街でした。


近代的な建物が立ち並ぶ地域もあり歴史地区もあり

街が世界遺産に指定されているだけにとにかく美しい街でした。

小さい駅舎もありました。

街の真ん中にある終着駅?始発駅?の駅で
駅そのものが美術館。建造物もタイルモザイクも美しかったです。



「ポルト」という町の名前は、ポルトガル語で「港」の意味だそうです。


ポルトガルは____
海が川のようで川が海のようで_に驚いたのですが
(リスボンの川なんてどう見ても海にしか見えなかったです)

このポルトの場合は海でした。
川のように狭くなったトコロに大橋が架かっていて(ドン・ルイスⅠ世橋)

その橋を..ゆっくり周囲を見渡しながら往復したのですが
その景色がとにかく壮大で、美しく

あっちがポルトの歴史地区
こっちがあの有名なポートワインの工場群(?)というシチュエーション



あのポートワイン。。です。
お若い方はご存知ないであろうあのお馴染みの赤い丸玉のあのワイン

子供の頃、、
一番最初に認識したワインはあれでした~なつかしい。


ポートワイン工場見学も行程にしっかり入っていて楽しかったです♪

ポートワインって

一般的なワイン製法とは異なっていたのですね。
  1次発酵途中にブランデーを加える事で酵母の働きを止め
  芳醇な香りと甘みを生むというポートワイン。

もう一つの特徴は、
甘いのに!20度前後の高いアルコール度数。


ポルトガルは・・
黒マント?__の印象強しもここで体験
このポルトのポートワイン工場の見学を案内してくれたワイナリーの解説マン
黒マントに黒い幅広帽カッコイイ人でした。
コインブラ大学の黒マントといい、なかなかみんなハンサムマン♪


そして 見学終了後のお愉しみ試飲 
なんと1人3杯も用意されていました。

ヴィンテージ
というワインがあって
とっても高価だと説明受けていたもので、私なんて
「ここで、、ヴィンテージ出す位の気概があればねぇ」なんて冗談言っていたら
なんと!そのヴィンテージ
ヴィンテージがちゃんと3杯の中に含まれていて驚きました150.png150.png



とっても高価なヴィンテージなのに、
アルコール度数高いから。。と、結構な方々から譲っていただいて
お酒の味なんて判らない私だけれど
ヴィンテージの説明を聴いていただけに、
貴重なワインというその歴史に敬意!
敬意を表しつつありがたくいただきました。美味しかったです!
飲んだくれた午後のひととき104.png



ポートワイン話ついでに
ポルトガルは酒類がとにかくお安かった。
ワインが信じられない値段でスーパーに並び
(うろ覚えだけど紙パック入りのワインなんて
 1ℓか2ℓ入りで2€位ではなかったかしら?)


それはスーパーだけでなくレストランも同様で
スパークリングワインは1本10€だったなぁ。
生ビールが2€というお店もありました。驚いたので書き留めていました~笑
_____ こうした酒類だけでなく


ポルトガルは・・・

何でもが美味しかった~!♪
ある意味スペインよりも美味しかったかも?の印象が残りました。









タグ:
by kimanba | 2020-06-03 11:05 | Comments(4)

マスクの表裏&ポルトガルの映像


嬉しい事にマスクが少なかったあの頃
   生徒のお母さんが手の込んだ丁寧なマスクを4枚も作ってくださって
   (内袋にウエットティッシュ入れたら乾燥防げるとかの工夫もありのマスク)
   小さな目印刺繍が右上の内側に来るように装着して下さい_と添え書きあって
   わぁ その仕上がりの美しさと上下裏表への心配りに驚いたのですが 


市販の不織布マスクの場合も裏表_
これが大事だって事知らなかった~です。
マスクの上下には気をつけていましたが裏表には無頓着でした。

マスクの表がどっちか?なんて考えた事もなく。
どっちだっていいんじゃない。
青と白が重なった分は..
やはり白が表の方がいいわぁ。ほのかな青でちょうどいいんじゃない。

ただ気をつけていた事は1つだけ
当然耳紐の接着面が内側に来るようにマスク付けていました。
だって、、
あれは服の縫い目と同じだと思っていましたから。そりゃ内側でしょ!

ところが、、、、
生徒で、耳ひもが接着されている側を表面にしている生徒が何人か。
注意してあげようか。。と思いつつ
まあ、
どっちでも大した違いはないからね_とそのまま眺めていましたが

ある時、ある共通点に気づいて
「あれ?、お父さんやお母さんが医師の家ってみんな耳紐接着面・・外」


それで、、、
ひょっとしたら接着面は外?なの?と、先日ネットで調べてみました。
びっくり!
__耳紐接着面はみたいです(一部例外はあるそうですが)


理由にも納得
  なるべく顔とマスクとの隙間を少なくすることで顔へのフィット感が高まるので、
  ゴミやホコリ・細菌などの侵入を極力遮断することができるため 
だそうで

ただ、もっと大きな判断基準は____
マスクの裏表はプリーツの向きで判断する という事だそうです

プリーツのひだが下を向いている方が表面!
空気中の浮遊物が溜まりにくいように、谷間は下を向いているべき。
上下に向かって階段形状になっている分は
下向きのひだが上半分に来るように
__という事


そうやって街中眺むれば、、結構間違っている人多数。
私だって、、
ずっと間違っていたのだから「解る解る。そう思うよね!」




さて今日のポルトガルは・・・以下全部がNTさんの作品です。102.png102.png&💑


最初は
「世界遺産に登録されているポルトにある本屋「レロ書店」」
https://www.youtube.com/watch?v=LvQuEsVIS5k
0:15 チケットチェック映像有り




次は
「ポルトガル屈指の名門国立大学 13世紀に設立された世界最古の大学」


コインブラ大学:主に建物内側映像
https://www.youtube.com/watch?v=H2YKhiZaH6g

Biblioteca Joanina 大学構内にある図書館(音声ガイド有り)
https://www.youtube.com/watch?v=nSYLq71mHG0
0:14頃から図書館内部映像

Capela de São Miguel 大学構内の礼拝堂
https://www.youtube.com/watch?v=J9BbVx4pnXE
0:13頃からパイプオルガン演奏

「黒の制服とマントを着た学生さんがとってもカッコイイ
彼等、素敵な笑顔でフレンドリー たくさんのボールペンを抱えて売っている」

ボールペンを売っている学生さんの画像
https://www.tripadvisor.com.au/ShowUserReviews-g189143-d456685-r652837288-University_of_Coimbra-Coimbra_Coimbra_District_Central_Portugal.html#photos;aggregationId=101&albumid=101&filter=7&ff=370154594



そして最後が
「日本の金平糖の発祥のお菓子_一番有名なお店」


金平糖の店Briosa (注 )この動画は1時間33分24秒の長編です
https://www.youtube.com/watch?v=PZzoyMZd_Co
7:43~7:53  Pastelaria Briosa 映像
46:53~1:06:53 コインブラ大学外観映像

   

   





タグ:
by kimanba | 2020-05-29 07:06 | Comments(2)

図書館と世界で最も美しい本屋


図書館話_つづきます。

こんな長期間の図書館への出入り禁止させられていた後のやっとの解禁

なのに、
市図書館や区図書館はまだ予約貸し出しだけで自由閲覧はなし
つまり受付カウンターがあるだけで、
本があるコーナー全体が白いカバーで覆われていた。せっかく行ったのに!

何を考えてるんだか。。

図書館を自粛対象にした事自体にまた腹が立って。。
いつもながらに誰がどんなポリシーでいろんな事を決定しているんだろか?

こんな形でいろんな事を決めて行かれる事にほとほとうんざりです。

私の街では県図書館だけが閲覧しての貸し出し始まったもので

市や区がまだだから、
日頃は行かない県図書館、県図書館大好き夫に同行しましたよ。


夫がいつもいつもお世話になっているトコロです。

特に、一般展示(?)していない地下の蔵書の数々にお世話になっています。
高価な本__ここで借りてね です。



地下には決して行かない私ですが
一般の図書の数々も..市や区とは全然違う品揃え。で苦手なトコロ

頭がくらくらするような本ばかりで


先日も思わず

「感心する位、興味を引く本が一切!ない。」と言ってしまい

慌てて制止する夫......の図

まだ図書館来る人少なく、ガラ~ンとした館内に響き渡った私の声 ごめんなさい🙇






さて今日のポルトガル旅・・そのものズバリ本屋さんの話です。


世界遺産に登録されているポルトにある本屋「レロ書店」

ここが 

世界で最も美しい本屋の1つとも言われる「Livraria Lello」です。

ポルトには『ハリー・ポッター』の原作者、J・Kローリングが執筆時住んでいたそうで

だから 

このレロ書店が『ハリー・ポッター』のロケ地や世界観と言われ、

ハリポタファンの聖地にもなっているのだそうです。


     店内には“天国への階段”と称される豪華な螺旋階段に、
     天井にはステンドグラスとまるで宮殿のような美しさ。

     ネオ・ゴシック様式とアール・ヌーヴォー、アール・デコという
     複数の建築様式を掛け合わせることで

     魔法世界や異世界のような幻想的な空間を作り出しているトコロが、
     ハリポタの世界観を彷彿とさせる雰囲気でファンに人気なのだそうです。




先に2軒隣りで入場券を購入しなければなりません。

5€だったか6€だったか 

ただ、本を購入すればその金額は本代と相殺されます。

とにかく中を見物するだけ_は許さないという姿勢です。

入館して、まずすぐに感じた事は「本に圧倒」

ドームではないのだろうけど

まるでまぁ~るく本に包まれるような感じでした。そして、、

「あ~。。蔦屋書店はこの雰囲気真似したな~」でした。ふふ


建物は2階建て_
だけれども、吹き抜けになっているから狭い!入場制限に納得。

本にも圧倒されたけれど人にも圧倒。。満員電車のように人ひしめいて

2階に上る階段がアーチで左右から2本ハートのようになっているけど

そこにも人が鈴なり。。

本屋は大好きなトコロだけど、ここだけは
美しさよりも人酔いしてしまって早々に退出。



本は・・洋書って絵になる本多しではあるのですが
特に装丁の立派な本多く、だから何気ないレイアウトでも全体の雰囲気が素敵で
だからなのか?絵本でさえも高価で13€以下の書籍ってなかったように思う。。








タグ:
by kimanba | 2020-05-26 08:24 | Comments(2)

図書館考とハリーポッターの世界 


やっと図書館が開館しました。


いろいろな施設が自粛要請の対象でしたが

図書館__ここが
自粛しなければならない事が一番不思議でした。


学校も休みなのだから、せめてこんな時こそ!
本離れが進んでいる子供達に
図書館で本を借りて読む習慣を付ける絶好のチャンスだったのに。


接触回避の方法はいくらでもあった筈です。
図書館に長時間滞在させぬ為に
学習室の閉鎖と読書スペース等には立ち入り禁止テープを貼る方法

人数区切って入館させ、
本だけ短時間で選ばせ貸し出す事は出来た筈です。

1つ1つの事をしっかり検討せずに

ひとくくりに何もかんも禁止してしまう乱暴さに呆れました。






ポルトガルの旅________本繋がりで
コインブラ大学も私には印象深かった。。です

ポルトガル屈指の名門国立大学
13世紀に設立された世界最古の大学のひとつです

世界遺産である事に納得納得の___ 綺麗で荘厳で圧倒される建物内装でした。

ハリーポッターのモデルとなった大学だそうで、
そりゃ~私だって舞台はここにするだろな。。の
中世が手つかずで残っている素敵!♪な大学でした。

こんなトコロで学べる。。って、羨まし過ぎる。


___日本だって、海外からの旅行者を「素敵~♪」と羨ましがらせる事できたのに
   例えば金沢大学
   あの大学は昔は金沢城の中にあって、お城も大学も門は一緒だった。。なぁ
   あれは、国の財産だった筈なのに
   街の中心部から郊外に移転させ近代的な大学にしてしまった。132.png
   日本って、、金沢大学だけでなく
   昔ながらの歴史あるあちこちの国立大学壊しまくって
   田舎に追いやって味気ない大学造って。。
   .........................味合いある建造物の損失と若者を街中から排除する損失と


何やってんだか!_が、多過ぎる。



ハリーポッターの世界を彷彿とさせるあれやこれ
(実はハリーポッター観ていないのに語るよね~ふふ)
広い広い中庭(?)はまるで展望台のよう
自然溢れる林や田んぼや川の景色と
中世の街そのままのコインブラの街全体が見渡せる


ここで学問する若者たち_彼等に会えたのも良かった~♪
学問の場は自然の中の要塞のような佇まいで、キリリとした顔つきの若者がたくさん
こういう理知的な顔
さすが名門大学。優秀な生徒がたくさん
黒の制服とマントを着た学生さんがとってもカッコイイ
彼等、素敵な笑顔でフレンドリー
たくさんのボールペンを抱えて売っている。。だからではあるだろうけど
人懐っこくて片言英語で会話も弾む(?)日本語もできる事にびっくり。さすが優秀
日本でならば絶対1本¥500以上はするオシャレで可愛くてカッコイイボールペン
それを1€ちょっとで販売している。
苦学生の為の奨学金の一部になるらしい。私は6本購入(確か3本ならば3€だったから)


高台にある大学から下りてくると
そこに広がるのは畳敷きの小さなお店が軒を連ねる通り

日本の金平糖の発祥のお菓子_一番有名なお店があってそこでみんな記念購入









by kimanba | 2020-05-24 08:09 | Comments(2)

今日は..NTさんの褌で


堂々と相撲取らせていただきます。 画像の力、映像の力に感無量です。


私がとっても楽しかったもので
ポルトガルって、どんなとこ?と思っていらっしゃる方はちょっと観てみてください。

画像なしの私のブログ。
《百聞は一見にしかず》こうして映像を観ていろいろな気持ちが渦巻いて
旅__って、話すときに映像あると楽しいなぁ。。と 
NTさんの好意のお裾分けです。



まずは一番に観ていただきたいのがリスボンの地下鉄の素晴らしさ♪
この映像のお蔭で
私が観た地下鉄のアートの数々への感動と圧倒されたあの感慨
それが、、「そんなもんじゃないよ。」と
もっともっと凄い分をたくさん観せていただいて

お忙しくて、リンク先にまでは。。と思われる方も
この地下鉄アートだけは是非観て、鑑賞して行ってくださいまし。
絶対後悔はさせません。

この素晴らしい作品の数々を鑑賞していると
豊かさって。。
貧しさと豊かさとの根源的な分について考えさせられます。
そもそも私がポルトガルに注目したのはkanafrさんの旅で
「わぁ。。ポルトガルって、おっしゃれ。センスが素晴らしい」だったから。

以下は全部NTさんからです。
(リンクがこのままでいいのか?この記事に付いているリンクにするのか?
 ちょっと判らないのでこのままでまず公開してみます)




地下鉄は巨大な美術館
プラットフォームを鑑賞
https://www.youtube.com/watch?v=8fUp-hhdRy8
(0:18辺りからタイルアートが出て来ます)




凄い音を立てて、しかもすぐ閉まる地下鉄のドア
https://www.youtube.com/watch?v=OO95b9s1V2Q
ドアが閉まる映像は5:05~5:10 
ドアが閉まる音のみ7:50頃 
ドアが閉まる外側映像9:58~10:00



ナザレ・シティオ地区の広場
広場の突端が展望台のようになっていました
https://www.youtube.com/watch?v=LrEaq99hIpg


マドリッド・バラハス空港ターミナル4
https://www.youtube.com/watch?v=zVNvglXsIZQ
(3:03~3:10の辺りでMax Mara画像有り)


サンティアゴ・デ・コンポステーラ空港:画像
http://hi-net.air-nifty.com/iyota/2016/06/post-b699.html


ロカ岬
https://www.youtube.com/watch?v=hIa5x_Qd16Q
(ロカ岬は3分33秒辺りから始まります)



発見のモニュメント
https://www.youtube.com/watch?v=fSCBQanPtdo
(発見のモニュメント映像は0:24辺りから)


《歓喜の丘》からが旅の始まり
https://www.youtube.com/watch?v=CyB3ioV29fA



ポルトガルの民族歌謡ファド
https://www.youtube.com/watch?v=D1IcpekV7FM
ファドの女王Amália Rodriguesアルバムより"Com que Voz"



                       ※サンティアゴのそびえ立つ大聖堂はリンクできず









タグ:
by kimanba | 2020-05-21 21:48 | Comments(2)