人気ブログランキング |

気ままな日々

kimanba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 28 ) タグの人気記事

並んで食べた旨かった♪


昨日の午後は 夫も私も仕事空いていたので
久し振りに平日の食事に。

「何でもいいよ~。。何でも好きなものに付き合うよ♪」と言った私。


「それじゃ しゃぶしゃぶ」と答えた夫。


「..........ううう。ちょっと。。重いわぁ。
   肉 食べたいんだね。それなら--牛タンはどう?」



しゃぶしゃぶと牛タンの重さ加減をいぶかる夫、、
うんうん確かに。
でも基本 相手に合わせる夫
何でも良い夫は・・外食嬉しいなぁと_牛タンのお店にいそいそと。
    美味しい時間でした。




さて ずっと前に書いたままの
つづくーーのままだった東京ミッドタウンでの娘との待ち合わせ__へつづきます。



東京ミッドタウンには
................あの懐かしいスペインのタパスがあるという♪

嬉しいな。「あれは楽しいし、お得感満載でいいわぁ♪」

ありましたありました 
スペインだけでなく多国籍の飲食店がオシャレに並んでいました。
早めに着いた私は早速BF1に広がるオープンな食事ドコロ探索


平日なのに凄い人出で
オッシャレなカップルやグループでひしめいていました。
賑やかに食べて飲んでの空間が地下1階に繰り広げられていました。
中央に置かれた自由空間のテーブルの数々と各店舗内の飲食スペース
(店舗外への持ち出し料理には制限あるものの)
どの店舗の料理も食べられるようになっていて...
まるで
ショッピングモールの飲食スペースのよう。。リスボンのショッピングモールにも似ていた。

但し、ここ東京ミッドタウンは・・・
ショッピングモールよりもずっと座り心地の良いゆったり椅子
そこでまったり♪*** あれこれ食べてスパーリングワインも嬉しきお値段




もうお腹いっぱいだったトコロに娘が何気なく
「そうそう 来る途中ミシュランの点心のお店が長蛇の列で。。」
「わぁぁ行きたい! お腹いっぱいだけど行きたい」

香港には支店たくさんあるお店らしく、娘は香港で行って美味しかったと言う。



すぐにすぐに外に出ると___

もう8時過ぎているのにかのお店にはまだまだ結構の行列
お腹いっぱいだから、、、
むしろ待つ方が少しは食べられるかも、、ね..と
幸い全然寒くない日でもあったから並ぶ並ぶ。
ちょうど出る人達が多い時間帯だったのか、予想以上に早く店内に
おしゃべりしながらアッと言う間
でも、
入る時に後ろが見えるのですが
私達の後ろがこれまた長蛇の列で...こんな時間なのにみんな凄いなぁ



添好運 日比谷


ベイクドシャーシューパオ 3個セット
2人で来ていた女性2人がそれぞれに注文していたから
私と娘は__ちょいと苦笑
おかしいよね。いろんな種類頼んだ方がいいのにね~。。と


ところがこれは、、、
知らぬ私達..の浅はかな判断

食べて納得!...これは美味しい~♪ 3個では足りない2つ注文すべきだった。

「行ったくせになぜ知らなかった」と罵る私と
「どうせ食べられないくせに、、欲張り極まりない!」と呆れる娘


どれも美味しかったです 満腹なのに入る。
ビールもしっかり飲んだものでさしずめカエルさん。
満腹のお腹が恨めしかった。
__次回は空腹で、どんなに並んでももう1回!のお店でした。



次の日は横浜
ランドマークタワーの70Fのシリウスでのビュッフェ






by kimanba | 2020-03-26 18:34 | Comments(0)

食と古本



日曜日の法要会席は・・・・

普通の法要会席お膳とは違って、
法要とかの範疇なし
妹の意向をしっかり理解した子供達が準備してくれた美食三昧でした。
一品ずつ出てくる。。....際限なく出てくる。
「えぇ~と ここはストップ制?」


誰もが食べ切れず。。の豊かな懐石フルコースは
11時から始まり、
とにかく次々に出てくる料理の品数の多さもあったけれども
それより何より会話がとにかく弾んで
15時近くまでつづいたのでした。


後日、
甥っ子からのメールが『一周忌もまた賑やかな会食にしたいです』


.....こんな法要
どれもこれもとっても参考になって
帰路 夫や我が子に言っていましたよ。
「私達の時はお坊さんもいらないね。」__本気でそう思っています。



満腹満腹でみなさんと別れ、、、、さて


法要で満腹満腹なんて思ってもいなかった私は
困った事に私___
夕食・・17時に予約していたのですよ。

TV番組の《断ちご飯》で観て、どうしても行ってみたかったお店
韓国料理の 新大久保の松屋 
かなりの人気店のようだから予約入れていました。
だから
はち切れんばかりのお腹なれど行くしかない!

みんな「もう食べられない」と言っていたけど
行って良かったです。
特に夫なんて
「食べられる筈ない!」と言っていたけど
もう、、韓国そのままのお店 
「このお店の雰囲気だけでも来た甲斐あった~」と夫嬉しそう。
料理も
満腹なのについつい食べてしまう。。の美味しさ
やはり思った通りでした♪
雰囲気含めて夫大感激。タコ鍋が絶品でしたよ。
娘は友人と空腹時に絶対行くと言っていました。



次の日は夫だけがお帰り。

夫は・・・・・・上京の際には
神保町の古本屋街へは必ず!が、いつものお約束。
(以前のブログにも書きましたが
 東京滞在の日数分の段ボールが毎日届き、「一度に送りなさいよ!送料もバカらしい」
 そしたら「だって、、持ち歩くの重いじゃないか」..坊ちゃん気質に呆れた過去)


帰る前に寄ると言う夫に今回は私も同行
久し振りの古本屋街が懐かしく、私もお付き合い
品川からならば地下鉄よりもJRで御茶ノ水下車にしようよ。。
でも、それが良かった。。
御茶ノ水駅から出たばかりのトコロにある古本屋さん寄ったら、、閉店していて

「嗚呼。。ここは学生時代から行っていたトコロなのに。。」

感無量の夫に・・・
折よくちょうど前の道を掃いていたご婦人が声を掛けてくださった。
そこの奥さまだそうで、、いろいろお話する事ができました。

ご主人が、昨年亡くなられたそうで。。の閉店
丁稚奉公から始められたのに(これは先代さんの事だったとは思います)
あんな御茶ノ水駅改札口のすぐ横という一等地にお店を構えられての歴史
ご主人は80歳だったそうで、、
まだお若いのに残念極まりない。
いろいろ悩まれたけど結局閉店する事になさったとか

「今は本を読む人が少なくなりましたからね」の私の言葉に

「そうなのですよ。。それが一番の閉店理由です。
 それに最近はネットが。。。残念なのですが。。」


そう!
もう、、、どうしてネットで本を注文が当たり前になってしまったのでしょう。
新刊はともかく古本は、
ネットの方が効率よく欲しい本が納得の値段で手に入るのでしょうが....

本って、、そんなもの?

古本屋さんでの_あのお店ごとの特徴ある収集による本の数々
その並べ方やらその雰囲気やらその匂いやら
古本屋さんに足を運んでこそのさまざまな想いの流れるあの時間__
本を好きな人って 
そういう時間も大切にするのではないかなぁ..と
古い人間の私は思ってしまうのでしたよ。

......... こうしてお店を閉めてしまわれる古本屋さんと話して感傷的になりました。


でも良かったです。... ちょうどのタイミングで
外を掃いていらっしゃった奥さまに会えて、
奥さまといろいろ話せて良かったねぇと夫と。
お茶の水駅からの古本屋巡りは良き選択でした。


地下鉄神保町界隈の軒を連ねたあの古本屋街は__
月曜日の朝という事もあってか
たくさんのトラックが止まって、どんどん本を積み下ろしている最中で活気ありました♪
いつまでも、、、、、
どのお店も残って欲しい!と強く強く思いました。
私の街の__あの昔ながらの古本屋さんは
、、、、、次々に閉店してしまいました。


何事も失くなって初めて人は気づくものなのですよね。それじゃ_もう遅い










by kimanba | 2020-02-22 18:16 | Comments(0)

食の充実と..驚き


まずは驚きの内訳から____


東京滞在中は・・お腹がはち切れんばかりに食べた食べた。。の日々だったのに!

変わっていない体重??
.............. ダイエットしても動き鈍し。。の体重計だったのに!体重計2度見。




これまでも
「ひょっとしてもう飽和状態なのかな?」とか思った事もあったけど
食べ続けると
まだまだ行きますよ~と動き出す体重計だったのに

あれだけ食べたのに増えていない体重。。未だに??
でもまあ 何はともあれあれだけ食べたのに
太らば太れ!の楽しかった日々。

......................................................


よく食べました。どんな酷い食べ方したかを以下に列記。



まずは、土曜日の昼食___
娘も合流してホテルからも近い麻布十番へ
麻布十番更科堀井であの巨大かき揚げ蕎麦を
昔より小ぶりになっている印象ありながらも美味しさは変わらずニコニコ
私は白い更科そばで。娘は普通のもり。夫は温かいかけ蕎麦で。
それぞれ巨大かき揚げをもりもり

ティータイムにはニューヨークスタイルのベジタブルカフェ?
名前は憶えていないけど
更科堀井の先にあったオシャレカフェ(麻布十番メイン通り沿い)
メニューが、、初めての分ばかりで
野菜や豆を中心にした  。。覚えていない。。
私はアボカドやパクチーとか豆もはいっていたかな?の飲み物
しかもホットも選べる。。不思議な味だったけどまた絶対!行きたいお店

そのまま六本木ヒルズまで行く予定だったけど
夫が「もう歩きたくない」で
仕方ない。せめて絶対外せないあの有名たい焼「浪花家総本店」
そこまで引っ返して....「45分の待ちになります」 そりゃそうだ。

..............................夫を上島珈琲ソファー席に放り込んで さて、

元気な私と娘は六本木ヒルズへ~の予定だったのですが
途中途中のお店に入っていたら45分なんてあっという間。
たい焼き5個購入して夫のもとへ。
熱々が命なのだからと珈琲店の外にちょうど階段あったからそこでハフハフ



夕食は_____
ホテル中庭のシンガポールパブリックで蟹三昧、海老三昧
ところがここはお肉も美味しくて
豚のかたまり肉をドライフルーツとはちみつとで焼いたお肉が抜群だった。
蟹は、、、
私は蟹が大好きであるだけに蟹には詳しく
............ ここの蟹は期待外れだった。。料金に見合わない。残念!
どの料理もお味はどれもとっても美味しかったのだけれど、、ね。

スイカとココナッツミルクのお酒が美味しかった。。美味しかった。。


_____次の日は法要だったのだけど
この法要がまた凄くて(食が!) 妹の意図、嬉しき配慮

  

         かくして美食三昧の旅日記(?)はまだまだつづきます。







by kimanba | 2020-02-19 09:01 | Comments(0)

好奇心と醤油の話


ちょっと他の事を書いていたもので間延びした話になってしまいますが
物産展が開催されていて そこへ行こうか行くまいか
先週末迷っていた話。


風呂位しか行かないスポーツクラブで
週に2回だけ、早朝ヨガには何となく行っているのですが 
そこでの話題が物産展でした。

なんでもその物産展の醤油が美味しいらしくて
醤油話___みなさん好みの醤油を口々に



やはり日本人…
「うちは〇〇」「うちは□□」「うちは△△」
好みがハッキリしていて長年の慣れ親しんだ味をあれこれと
一番有名なキッコーマンとかは全然出て来ずみなさんバラバラ 


我が家は長く『きぢ醤油』だったのだけれど...
会社潰れてしまって
あんなに美味しい醤油はないのに!のお味だったのに
職人気質で商売は上手ではなかったのか?
結構目利き(この場合は口利き?かな)の私の舌が太鼓判の味だったのに
潰れてしまって、、、呆然


一時期は、頂きものの伊勢醤油が美味しいなぁとか
     小豆島旅行して小豆島の醤油にはまったりもして


ちょっとあれこれ寄り道はしても 
きぢ醤油が揺るがぬ本拠地だったから今は寄る辺(よるべ)を失った気持ち
は..行き当たりばったりで丸大豆だったらどこでも。。の使い方しています。


そうそう
醤油の話から関連しての出汁の話になりますが
今や全国的に大人気の茅乃舎_
これ、
以前も書いたかと思いますが そもそもは久原醤油です。
九州醤油の久原醤油を最初に知ったのは
キャベツが美味しくなる醤油からだったと記憶
現在も
久原醤油はだし醤油での販売もあって
それも茅乃舎出汁に負けない美味しさなのにお値段は廉価
私はだから茅乃舎出汁だけでなくそちらも使っています。


我が家の冷蔵庫には 
お刺身用のキッコーマンの生醤油と久原醤油の白だし醤油が入っています。
でも
それ以外で
.......................何しろ 好奇心強いもので、、
「これ、、どんなんかな?」
試してみたくて試してみたくて_の結果
有名店の蕎麦用のつゆとか
焼肉有名店のタレとかドレッシングとか、、、
瓶で溢れている冷蔵庫。。
眺めては深き溜め息。普通の家はこんなん何本位なのかしら?

一時期は
1本のつゆからポン酢だって自分で作れるのだからシンプルに
思った事もあって実践もしてみたけど

結局は 勝てなかったのは自分の好奇心。

「どんなんかなぁ?」.....使ってみずにはいられない。







by kimanba | 2020-01-22 07:59 | Comments(2)

すぐ、、友達



「僕の奥さんはこの人です。」


これは日曜日のスーパーの食品売り場での言葉___

バケットを生ハムとレタスで食べたい_とレタスを選びに行った夫に合流した時の事

夫の隣りにいらっしゃったご婦人が
「あらまあ、、失礼しました。
 あのお隣の方とのやりとりが、あまりに仲の良いご夫婦だと思ったもので。。」


すぐに誰とも仲良くなる夫が
レタスのトコロで「どんなレタスがいいのかな」とつぶやいて

「重みですよ。」とその時隣りで選んでいらっしゃったご婦人が答えてくださって
流れで
その方から外側の葉っぱは捨てなさいとかのレタス談義を受けたそうなのですよ。

その時それを隣り見ていらっしゃったご婦人から
「奥さまと仲がおよろしいですね~。。」と夫が声を掛けられた
ちょうどその時私が傍に行った...の図でした。


その後は
そのご婦人勘違いを笑いながら詫びられて
次は彼女のご主人の事をあれこれ話されて。。
....................スーパーの野菜売り場でしばしの立ち話~クスクス



さて、仲良しのフレーズから

あの英語共通テストの民間業者導入の経緯は誰がどう関わったのか?
一切が公表されませんが
その時の担当文科大臣が・・下村大臣である事だけはハッキリしました。
あの安倍首相の奥さまとの深い関わりが問題視された森友学園問題
あの時の文科大臣です。
さらに言えば、
安倍首相のお友達問題で国会を紛糾させた加計学園
あの加計学園と深く関わり客員教授でもあったのが
今回の萩生田文科大臣なのですよね。。_利権の臭いぷんぷん 感無量




コメントでNTさんが
船に列車を積み込んでデンマークに渡られたという話があって


私達は
海上に浮かぶ長い長い橋を列車で渡ってデンマークへ行ったのですが
海上をずっと列車で、、、ちょっと幻想的な風景でした。

列車で面白かった事が座席が固定されて動かせないという事です。
右側が上り方向左側が下り方向を向いて固定
(日本の新幹線は凄いなぁとあらためて思いましたよ)
公平にという事なのだろうけど

...これ、、困りました。

窓側ならば大丈夫なのですが通路側に座ったら「わお」
丸見えです。

列車の座席って基本くつろぐ空間ですよね。
私なんて靴脱いであぐらをかくし~あはは
ところが、
この列車では左側の人達全員にそれを見られているのですよね。
お見合い状態(?)での列車の中__でした。
知らない人ならともかく、ツアーの人達で、、もう。。
...私、、開き直ってあぐらかきましたけどね。



どこででも何でもが美味しかった今回の旅でしたが
どの旅でも日本食が恋しくなる事なんてない_私の旅ですが
ストックホルム駅での自由時間・・・・「美味しそう~」
いつもの駅構内探索中に、何気なく覗いた韓国料理のお店
そこの「美味しそう~」でした。
早速購入。列車内で風景見ながら食べました。
味噌味でのシーフードと野菜タップリのちょっと辛い丼..
これが美味しくて異国の地での駅弁も楽しくて「美味しい~♪」



家に帰ってからも、あの味思い出しては作っています。

____韓国海苔巻きも好きで 
最近の我が家の食卓はちょっとした韓国ブーム♪














by kimanba | 2019-11-06 08:24 | Comments(2)

ノルウェーの客船体験記



ちょっとだけ書くつもりでしたのに
思いがけずクダクダと思い出話やら何やらを書いてしまって、、

面倒kimanbaにお付き合いさせてしまって申し訳ありませんでした。




さて、、、、、、


もう2か月も前の話(これも思い出話になりますね)になってしまった旅話
・・・・・・・・続けま~す。ふふ



今日は船です。
GEORG JENSENジョージジェンセンを購入した船内の免税店__


免税店って、
普通は出国手続きした後搭乗するまでの短い時間に行くものだから
その免税店がそのまま船に乗っているなんて_と、ウキウキ
乗船したのは
大型客船 DFDSシーウェイズ でした。
こんな風に
時間無制限での免税店って新鮮♪
広いスペースで
服や靴、バッグ、宝石、化粧品、食品...何でも取り揃えてある免税店
デンマークからノルウェーと国は違うのですが近くて国内旅行のような旅。
コペンハーゲンからオスロへの客船の中。


夕方乗り込んで次の日の朝到着の航海
船尾デッキからは
デンマークを右にスウェーデンを左に観ながらの出航でした。

あの初めての客船での旅
あれからまさか3か月後にまた客船に乗るなんて。
今度は外国船経験ができるなんて。びっくりでした。

客船の中って、よく似ているものです。
(って、、たった2回の経験で言うのがkimanba あはは)

エレベーターホールでは勘違いしてしまう位
振り分けられた大階段がそっくりで「わぁ。。」懐かしい(?)

__1つ可笑しかったのはデッキと客室の関係でした。
飛鳥は
デッキでの出航セレモリーとかウオーキングとかどんなに人がたくさん集まっても
デッキと同じ階にある船内は..見えない造りでした。
目の位置より上にお部屋があるので室内は見えないようになっていました。

ところが、

この客船ではデッキと部屋の高さが一緒だから丸見え。
105.png104.png105.png104.png105.png104.png
私・・デッキ散歩した時に部屋の中がショーウインドーだったのに驚
目も合ってしまって、すぐに引返す。すぐ退散。
カーテンあるけど、オープン! 
怯む私に対して、笑顔でニッコリ...悠然とした外国の方♪ あっぱれ



そしてやはり、船は食事が素晴らしい
コース料理もあるレストランもあるようでしたが
私達のツアーは豪華もりだくさんのビュッフェでした。
(最初は7Fのビュッフェ会場だったのに
 私達のツアーは8Fに移動させられて♪_そこの方がお部屋が豪華♪)
スカンジナビアスタイルのビュッフェスタイルの夕食は、
種類がとにかく!とっても豊富♪
スパークリングワインもOKの飲み物付き
私の大好きな海老・烏賊・蛸・貝の海鮮三昧だけでなく、お肉もたっぷり!
牛も豚も羊もとにかくどれも大きい
大きい肉の塊のあれやこれ。シチュー、ローストビーフ...etc
キャビアも驚く程にた~っぷり。
キャビア‥
スーパーでもびっくりする位お安くて。本物?? 疑いが先

知らない分野に関しては馬鹿舌なもので
___お酒と珈琲とキャビアは判らない!


私はザルガ二にまっしぐら。。甲殻類大好き私の一番の楽しみでしたから♪



*****************

たった2回乗っただけであれこれ言うのはおこがましいのですが
日本船は凄いなぁと思ったのは乗船や下船の時でした。

規律や管理が得意(?)な日本らしく
飛鳥はデッキごとに乗船下船の時間割が組まれたスケジュール
時間の無駄も無い
デッキ毎の案内に沿っての待つ事もないスムーズ乗船下船
でも、この船は_自由でした。、、、だから大混乱

まだ乗船の時は、
港への到着が皆さんバラバラだったからそれほどの混乱はなかったのですが
下船の時は大変でした。
「ノルウェーに到着しました」のアナウンスの途端
みんなが一斉に出口に押し寄せて

....身動きできない。。......
うちの添乗員さんの指示通りにするしかなく
カフェラウンジで珈琲サービスやっているとのアナウンスもあったのだけど
離れるわけには行かず、、
みなさん出口に押し寄せてラッシュの電車の中状態。








by kimanba | 2019-10-23 09:20 | Comments(0)

無礼とパチパチパチ


日韓関係が大変な事になっています。。ね
涼しくなったらまた行きたいなと思っていたから残念です。


政治的な事は書かないようにはしているのですが 今日は…
外側(から眺めた分?)だけをちょっとだけ。



ニュースでの反日感情の過激な映像を観ながらつくづくと

....国民の自国が直面している政治への関心や経済上の立場への意識....
この関心や意識が_____
あまりにも韓国人と日本人とでは違い過ぎるなぁと思ってしまいました。


勿論、韓国内での一部を切り取った映像ではある事は承知していますが


どちらが正しいか云々ではなく
相手が何を怒っているのか?の正しい知識を
日本人のほとんどが持っていない事への怖さを感じてしまいます。


今回の事柄だけでなく
韓国をはじめとした諸外国との関係_長い歴史の過程で一体本当には何があって、の認識。
自国に都合の良い事柄だけを伝えるのではない教育
フラットに教えて、、解釈は人それぞれに任せるという教育はできないものなのだろうか?

長くブログを書いていると_
以前もこんな事を長々と熱く語ったなぁ書いたなぁと思い出します。
現在は淡々とした書き方でしか書けないな。。と


海外で 何も知らずに無邪気に振る舞う日本人が
悪気はないまま相手を傷つけてしまう.....
これが一番の罪であり互いにとっての不幸であり。。をまた感じている次第です。


そして、

日韓関係の一番の当事者である河野外相が対談で放った一言

「無礼です」.....これには驚きました。

韓国のやった事も相手外相の態度も悪かったとは言え、
一国の代表者に対してのこの言葉はそれこそ無礼千万ではなかったのかな。



”””””””””””””

174.png174.png174.png暑い、暑い、、174.png174.png

うだるような暑さの毎日に土曜日はまた別の島に潜りに行きました。


ここは道の駅も好きなお店だし、TVや雑誌で紹介された美味しい魚料理のお店もあって
温泉も何軒もあって(今回は初めての温泉に行ってみました)
海以外の魅力満載の島で楽しいトコロです。


ちょうどその有名店
豪快魚料理がお膳からはみ出す位に盛られる漁師のお店
そこへ入ったばかりのタイミングに夫の友人からメール入って、

海にいる事伝えたら〈相方は奥方?〉と来たらしく 夫が笑いながら見せてくれる。

そして、、
雨だれポツポツの後「どう返信したか、見たい?」


まだ料理が運ばれて来ないから画面覗く私。〈愛人の美人妻と一緒😊〉とあり102.png102.png




しかる後、(ここは結構。。毎回死ぬほど待たされる あはは)運ばれてきた料理にびっくり!
以前も凄かったけど更にバージョンアップしたような印象
「今日は茶碗蒸しがないのでその代わりです」
で、、、その代わりなるものが
結構大振りの小鯛2匹が唐揚げにされて、
そのまま唐揚げとして食べても良し南蛮漬けにして食べても良し_と
別小鉢に南蛮漬けの具材も一緒に供してくれての大ご馳走172.png

夫が何度も「これが 茶碗蒸しの代わり?150.pngと言うのが可笑しかった。

それでなくても
刺身に天麩羅にフライに、、とメインだらけの膳。魚料理堪能した贅沢なお昼でした169.png



本日のパチパチパチは
この太っ腹魚料理屋さんだけでなく 正直者夫の返信メールに対してでもありまする。おほほ







by kimanba | 2019-08-06 06:08 | Comments(2)

ありがとう♪がいっぱい



今日は////// サイパンとグアムでの話です。


私、今回の旅行では全然買い物しなかったのですよ。驚き。。

サイパンでもグアムでも潜ってばかりだった事も大きかったのですが
透明感半端なしの海.. 魚の種類も多くて際限なく潜っていました。

買い物しない旅_こんな事って私の旅行人生で初です。
(ちょっとある事情で時計購入しましたがこれは特殊事情で私の中では抹消?)



サイパンでは1日だけの滞在だった事もあって
最初から買い物なしで潜ると決めていましたが
でも
グアムでは______
あそこに行かなくちゃ♪ の懐かしのお店がいくつかあったのですよ。
あそこにもここにも、いろいろと、、
行かなくちゃ行かなくちゃの あの3年前の楽しかった買い物の数々。。
あの想い出なぞりの旅へGo。「さあ」ウキウキ張り切って行きましたとも!

....................


でも、、、

「あれぇ。。・・??」 
こんな筈じゃ。の数々

もっと魅力的だった筈なのに。。?? 

たった3年で?の
この様変わり。。どこも、、なぜか?心ときめく場所ではなくなっていて。
特にアウトレットは______寂れてしまっていました。が私の印象
お店の種類も激減していましたし、品揃えも「あれれ?」
今でもガシガシ履いているあのゴム草履もスニーカーも、、ない。

服やバッグや靴だけでなく 食品だって、

あの心躍ったあのアメリカらしいスーパーも
今回は厳しいお値段状況下では買い物する気になれなかった。
あのグアム旅行で興奮して大量買いしたピスタチオ!
あれも世界的に値上がりしている影響もあってか全然お安くなっていない。



何だかがっかりする事だらけだったけど


海_これは素晴らしかったし 人_これも素晴らしかった~!♪


まずはサイパンで
後から考えたら私も自分の無謀さに冷や汗ものだった事がありました。
現地でのドルでの支払い
これは全部娘が負担するという事でしたから換金もしなかった私

クレジットカード1枚だけを水着に羽織るジャケットのポッケに入れて

で、、、、、、
散々潜って、その間上着は砂浜に__

あちこち潜って、、
横にずらしながら潜って行ったらちょうど
休憩所のような頑丈なコンクリで出来た建物がすぐ近くに
屋根だけある建物で地元の女の人が機織りしていて
「ここ!ここ!」と私達もその一角に陣取らせていただいて

私は、、再び潜る潜る

そうした時間が過ぎて行って、、のしば~らくの後
その休憩所にいたサイパンの大きい体格の男の人が近づいて来て
カードを見せながら「あなたのモノじゃないか?」と。。。

わ、わ、わ、たしのカード。。。


拾ってくださって、そして
「あのアホ顔に違いない!」の深い洞察力
(私と妹と娘と甥っ子の4人がいたのに迷わず私目指してまっしぐら)
身体を深く深く折って感謝感謝のアホ顔私。良い方に拾っていただいた。

ーーーーーー今、こうして思い出してもホント 大変な面倒へ紙一重だった幸運でした


妹はそんな私を見て「カードをこんな浅いポケットに?!信じられない」150.png



そして
グアムでは滞在2日間だったから赤いシャトルバス2日チケット購入していました。
でも、私と娘が2人だけで行った砂浜は赤いシャトルバスの範囲外
潜った後
娘と2人 少し離れた赤いシャトルバス乗り場まで「疲れた~」歩いていた時
グリーンのバス(私達のバスチケット使えない分)が止まって乗せてくれたのですよ。
バス停でもないのに止まってくれて
乗客の人もチケット違いをご存知なのに私達の目的地にはあそこで降りなさいと
みなさん親切に教えて下さって、とてもとても嬉しかった。。です♪


昼食に選んだシュリンプ専門店でも
ここではロブスターも美味しいかったし、どれもこれも美味しい~
さすが専門店であるだけあって一番旨い調理法を知り尽くしての提供。旨い筈!♪
私が一番好きだったのは
タップリの海老を野菜タップリで焼きクレープで巻いてあった分

ああああ 美味しい~!♪

ヨーグルト混ぜたタルタルソースと溶かしバターの2種類のソース
とにかくアメリカサイズ。とにかく量がタップリ。大サイズが6個も!
味変したくなった私は スィートチリソースが合いそうだな。。とウエイターさんに注文
OKOKですぐ用意してくださって、料金も取らずの嬉しき対応

美味しかった!!!!です。 
あのグアム一番の免税店のすぐ前のシュリンプ専門店 お奨めです♪



ちょっと入ったコンビニでも店員さんが話したがりみなさん明るく親切で。。
良き思い出いっぱいのサイパングアムの人情でした。

その中でもサイパンでの出航時の見送りが忘れられません。

現地の方々による阿波踊りでした。
みなさん、はっぴ鉢巻きでの阿波踊り。凛々しく決まってる♪
大人から年代順にズラリと並び。だから背の順でもあってのズラリの雄姿。
幼い女の子は多分3、4歳ではなかろうか?
一所懸命に踊ってくれて、
際限なく踊ってくれて、
出航まで長いのにずっとずっと踊ってくれて.....もうそれだけで胸がジーン

パトカーも来て、
警察官の人達も身を乗り出し大きく手を振ってくれて
更には、、、
とてつもない大きく長~いパトカーのサイレン音を高らかに高らかに長く鳴らしてくれて
クァンクァンクァン



ゆっくりとしか離れて行かない船をいつまでも踊りながら見送ってくれる光景
胸が締め付けられて、涙が出てきて。。の 
そんな久し振りの感情に浸っていました。








by kimanba | 2019-07-01 08:18 | Comments(2)

書くのも楽し、食べ物話。


ここ5日程は
固形物が食べ難い日々を過ごしたにもかかわらず
せっかくのダイエットチャンス!だったのに
_____________ 活かす事なく体重に変化はなし。102.png



「お粥なのだからほとんど水分だろう?痩せたに決まっている。」と言う夫に

「だ~、か、ら! すぐお腹空くからのべつ幕なし食べてたでしょ!」の私。


痩せるかも?
の期待虚しく現状維持。今回は残念でした..だったのですが、
かの旅ではーーー嬉しき誤算
太るに決まっている!の覚悟だったにもかかわらず現状維持で、、それこそ???でした。



乗船前に読んだ体験記では1日7食150.png

朝食をメインダイニングで和食。その後、ビュッフェ会場でもう1食。
昼食をやはりメインダイニングで和食の後ランチビュッフェへ。これで計4食。


午後の軽食
(ハンバーガーや ピザ、たこ焼き、お好み焼き、パスタ、ざる蕎麦やざるうどんetc...
各種果物、アイス、、何だかいろいろありました)

ハンバーガーだけは毎日必ずあり。
種類の違うバーガーが必ずあって
他の軽食は…日替わりで毎回3種類が準備されていました。   .....これで5食目。


ーーーーーーーーそして、

軽食とは別に午後のティータイムには各種ケーキが準備されていました。
1日だけでしたが緑茶ディーもありました。
日本全国各地の新茶が8種類用意してあって自分で煎れる形。
茶葉の選択から量、勝手なブレンドもできて...お茶好き私はわくわく
この時はーー和菓子。生菓子がたくさん用意されていて、とても嬉しい時間でした。



そして、充実の夕食。なのに
その後夜食もあるのですから(麺類+ご飯もの、後は果物等のビュッフェ)

..................................... 計7食は、可能ちゃ可能。のラインナップ


喰いしん坊万歳。
もう覚悟覚悟の乗船でした。太らば太れ。美味しいものの誘惑に勝つ自信なし!

「豚になって帰って来るから。。」と夫に言い残しての、とっくに豚の104.png旅立ちでした。


体重に変化なし............だったのですよ。一体なぜ?


まずは、、、7食の制覇はとても無理であった事もあります。。
7食の旅行記の方に大拍手の快挙。頼もしき猛者♪
そんなに食べられるものではなかったです。気持ちは食べたくても!入らない142.png
一食一食に満足してしまって。。


例えば、朝食に和食だと

  鹿尾菜
  しらすおろし
  烏賊の三升漬け
  南瓜のそぼろ餡かけ
  宮崎県産 鯵の干物
  浅利の味噌汁
  ひきわり納豆、温泉玉子、焼き海苔、香の物
  白御飯 又は お粥

  これに、毎日違った食前酢にサラダに果物。。

もう満足してしまって、更にビュッフェに行く事はなかったのですよ。
ただ、ある時娘が
「焼き立てのワッフル食べてみようかな。。クロワッサンも食べたくなったし」

ビュッフェ会場では
ワッフルやパンケーキ、フレンチトーストはその場で焼いてくれます。
具材が選べるオムレツもその場で....

だから、
毎朝和食にすっかり満足してしまっていましたから、
ずい分経ってからになってしまいましたが、やっとの事、上のビュッフェ会場に行って
もっと早く行けば良かった。
お料理も美味しかったのですが、各種チーズが美味しくて。。

更に
船の一番後ろのデッキでパラソルの下で潮風に吹かれながらの食事。

これが何とも心地よく、ああ、もっと早く行けば良かった。
それからは、和食での朝食後
果物と飲み物だけのひとときをデッキで。__楽しみました♪


夜食は...どんなのがあるのかな?で1回は行ったのですが
さすがに夕食でお腹いっぱいでその後は行きませんでした。

午後の軽食には、ほぼ毎日行きました111.pngケーキも食べました。アイスも食べました。
ダイエットを考えていた事が嘘のように、いつも満腹。。

なのに、、、、、体重維持。


栄養のバランスが良ければ満腹になるまで食べても太らない。


_________ という事なのでしょうか? 
いつも満腹だったのに。。不思議です。我が家の献立の内容を反省しよう。。










by kimanba | 2019-06-20 10:55 | Comments(7)

ああ、またあそこへ帰りたいと思わせる魅力


前回の記事で___
welcomeシャンパン目指して行ったのを10Fと書きましたが正しくは11Fでした。
(よく確認もせずに書いてしまう..の相変わらず)

11Fは11デッキという呼び方をして、
そこにリドカフェ&リドガーデンというカジュアルな雰囲気のお食事、軽食がいただける後方部分と
そことプールをはさんで、(この周囲にある籐椅子で海風の中でのティータイムも)
前方にはパームコートという高級イメージのティーラウンジがありました。
パームコートは船首に位置していて、
大パノラマで進んで行く海全体を見晴らせてとても気持ちの良い場所で
スタッフは素敵な外国人の方々
独自ブレンドのめずらしいハーブティーや2層になったアイスカフェオレ、ときどきココア
これが私のそこでの定番でした。

今でも、、、
とても不思議な事は
朝食が済んだり午後の寛ぎの時間とか(毎日ピアノの生演奏)_
私達はよくそのパームコート行ったのですが
ほとんど、いつも人がいない。。少ない?
あれだけの乗客の人達がいったい?どこにいるのだろう。。
みなさん、どこでどうしていらっしゃったのだろう。??
人が少ないからこそくつろげる。。ではあったのですが、あれが今でも???です。



夕食は5Fで二部制でした。ここでのサービスはほとんどが東南アジア系の男性陣で
みなさん親切で明るくて、、片言の日本語で楽しくて仲良しになりました。
最後の日の朝食
ちょっとやる事あったもので、私だけ1人での食事
よく担当してもらったお馴染みの彼がまた担当してくださって


「お別れが寂しいわ。。」 「僕もよ。。」の会話____


娘に
〇〇さんが最後にとても悲しそうな顔をしたのよね。。と言ったら


そうなんだぁ。。
たくさんのお客さんいたけど、やっぱり母さんの事は特別だったんだろうね。



う~ん。。最後の最後にどういうわけか?
ほうじ茶をテーブルクロスいっぱいこぼしちゃったのよ私。
真っ白なテーブルクロスが茶色く染まってね。。申し訳なくて申し訳なくて。。


〇〇さん、、、悲しかっただろうね。。
彼がどんな悲しそうな顔をしたか、想像できる。。と言いながら娘笑わずにはいられない




お部屋の担当はこれもやはり東南アジア系の女性。
思いやりに溢れ、とても良くしていただいて感謝感謝



食事の席は決まっていなくて人数に応じて案内されました。
妹の経験した外国客船は決まった席だったとか。
日本人同士集められてだから密接な関係になったそうです。



お食事は噂に違わず素晴らしかったです。

海老、烏賊、蟹好きの心を上手にくすぐってくれるラインナップでした。
蟹は豪快にタラバだし松葉ガニだし、伊勢海老勿論出ましたし手長海老
何よりホタテの貝柱・・あんな巨大な分は生まれて初めてでした。
ホタテ自体ではなく貝柱!あんな大きさが存在する事に驚

でも一番凄いと思ったのは、、
こうした素材への驚きより何より料理長の工夫を凝らしたメニューに対してでした。
手の込んだ調理だと感心するだけでなく、
驚きの組み合わせから初めての味をたくさん経験させていただけました。
ミシュランガイドでの味めぐりのような毎日でした。
_________あれだけの人数に提供するのにどれも熱々で!にも驚いた。。



夕食の献立1つをご紹介

  フォアグラ入りパテと甘夏
  
  カンパチのカルパッチョとクリアトマトジュレ トラウトキャビア添え
  
  クリュスタセのスープ ロワイヤル仕立て

  平目のブルーキュイと彩り野菜のサラダ

  青紫蘇のシャーベット

  1黒毛和牛フィレ肉のロースト コンソメを注いで
  2仔羊のロースト ラタトゥイユ添え
  3まとう鯛のアクアパッツァ
  4ポルチーニ茸のリゾット
  5季節の温野菜ホワイトアスパラガスのグリル ....から選ぶ。2つ選んでいる人も~ニコニコ

  柚子のムースとエスプレッソアイスのハーモニー
  
  小菓子













by kimanba | 2019-05-31 09:19 | Comments(0)